赤ちゃんの口臭が気になる時は?口臭がきつくなる原因と予防方法について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

お口におけるトラブルの一つに「口臭」があります。

口の中から変な匂いがしたり、吐き出す息がきついにおいだったりと、口臭に悩まされる方も多いかと思います。

そんな口臭を赤ちゃんからも感じたときはありませんでしょうか?

赤ちゃんも体調のトラブルから口臭がきつくなってしまうこともあるようです。

原因を究明し、的確に対処してあげるためには、口臭について理解を深めておく必要があると言えるでしょう。

今回は赤ちゃんの「口臭」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんの健康状態を見守るうえでの参考にしてみてください。

1.「口臭」とは

thinker-28741_1280

口臭とは、口から発せられれる悪臭のことを言います。

悪臭となる原因は口の中の細菌がタンパク質を分解したときに発せられるもの、虫歯や歯周病、内臓におけるトラブル、精神的な負担、食生活の乱れなど様々あります。

口臭がきつい状態になると、他の方に不快感を与えてしまったりと、なかなか厄介なトラブルの一つです。

病気が原因となっている可能性もあるため、注意が必要な場合もあります。

2.赤ちゃんの口臭の特徴

赤ちゃん

赤ちゃんも口臭におけるトラブルを抱えてしまうことがあります。

赤ちゃんの口臭には以下のような特徴が挙げられます。

2-1.本来ほとんど口臭はしない

赤ちゃん口内環境において大きなトラブルを抱えていない限り、不快を感じるほどの口臭を発しないとされています。

ミルクを含め、離乳食が始まった時期だとしても、赤ちゃんの唾液には自浄作用があるため、腔内はある程度きれいな状態に保たれます。

赤ちゃんの口臭が気になる時は、体調面において何らかの症状を発症している可能性があると考えることもできます。

2-2.酸っぱい臭い

赤ちゃんはげっぷがまだまだ上手に出来ないため、飲んだミルクを吐き出してしまうこともあります。

胃液などが要因となり、酸っぱい臭いを口から発することで悪臭となってしまう可能性があるようです。

大人の口臭の臭いとは多少違いがあるようです。

2-3.口で呼吸するときに多い

口で呼吸をすることで、口内の細菌が増殖すると言われています。

鼻が詰まっているなどの原因で、口で呼吸することとなると、口臭がきつくなってしまう可能性があります。

赤ちゃんの口臭がきつくなる原因は、口で呼吸することが含まれれると考えられれるでしょう

 

基本的に赤ちゃんの口から悪臭が発せられることはほとんどないと考えてよいでしょう。

口臭が気になるようであれば、赤ちゃんの体調において何らかのトラブルが起こっている可能性があるかもしれないことを把握しておきましょう。

3.赤ちゃんの口臭の原因

赤ちゃん

では、赤ちゃんの口臭がきつくなってしまう原因はなんなのか?

考えられる要因を挙げていきます。

3-1.口の中が乾燥している

口の中が乾燥していると、細菌が増加して口臭の原因となってしまいます。

赤ちゃんは口で呼吸してしまう機会も多く、口の中が乾燥してしまうケースもあります。

乾燥しやすい時期には特に注意が必要となります。

3-2.食後の口内ケア不足

赤ちゃんの唾液には自浄作用があるため、口の中はある程度きれいな状態で保つことができます。

しかし、離乳食が始まった後などは、食べカスが口の中に残ってしまっていたり付着した状態で放置してしまうと、悪臭や虫歯の原因となることもあるようです。

3-3.市販のおやつの食べ過ぎ

糖分や脂質が多い市販のおやつを食べていると、口内の細菌の増殖に繋がりかねません。

食べる量が多いほど、細菌を増やす可能性が高まってしまうと言えるでしょう。

3-4.睡眠不足

睡眠不足だと、唾液の分泌量が低下してしまう可能性があります。

唾液が減ってしまうと、細菌の繁殖が活発になり、口臭の原因となってしまいます。

お昼寝なども含め、十分な睡眠時間が確保できるようにしてあげる必要があります。

3-5.風邪などの感染症

風邪などにより健康状態が不調の場合も、口臭に現れてくることがあるようです。

風邪以外の病気が原因となっている可能性があるため、赤ちゃんの体調が優れていなそうであれば注意してください。

 

赤ちゃんの口臭はほとんどの場合が気にならない程度の軽微なものであること多いです。

口臭がきついなと感じるようであれば、なにかしらの不備が発生していると考え、対処してあげるようにしましょう。

4.口臭を予防しよう

赤ちゃん

赤ちゃんの口臭がきつくなってしまうのを予防してあげましょう。

4-1.鼻の通りを良くして鼻で呼吸できるようにする

鼻が詰まった状態だと口で呼吸する機会が増えてしまい、口の中が乾燥してしまいます。

鼻の状態をこまめに確認してあげ、鼻の通りを良くしておいてあげましょう。

4-2.部屋の乾燥を防ぐ

部屋の乾燥も口の中が乾いてしまう原因となります。

空気清浄器などを使って、室内の湿度を適度に保ってあげることも一つの手です。

4-3.歯磨きなどのケアを定期的に行う

食後などに歯磨きなどを通して口の中をきれいに保ってあげましょう。

麦茶などにも口内環境をきれいにしてくれる効果があるようですよ。

4-4.睡眠時間をしっかり確保する

快適に睡眠ができるような環境を整えてあげましょう。

日中はたくさん遊んであげるなどすると、夜ぐっすり眠れるようになります。

 

日頃から口内環境の状態に気を遣い、口臭がきつくなる原因を軽減してあげられるようにしてあげましょう。

赤ちゃんとのコミュニケーションの中で、口臭の状態をチェックしてあげるようにしてください。

5.病気の可能性もあるので注意

医師

口から悪臭がするとき、場合によっては体内で何らかのトラブルが起こっている可能性もあります。

赤ちゃんの様子に異変を感じたりした場合は、一度お医者さんに相談してみることをオススメします。

口臭も体の不調を伝えるサインの一つであるということを覚えておきましょう。

日頃から赤ちゃんの様子を観察してあげるようにしてください。

6.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんの口臭がきついと心配になってしまいますよね。

赤ちゃんは口臭に対する認識がないため、ママ・パパがしっかりとケアをしてあげる必要があります。

口臭の原因を未然に防ぎ、赤ちゃんが快適に生活できるようにサポートしてあげましょう。

病気の可能性も考慮し、日頃から赤ちゃんの様子を観察してあげるようにしてくださいね。

赤ちゃんと楽しくスキンシップを取りながら、今後の健やかな成長を見守ってあげてください。

 

関連記事として、

赤ちゃんのしゃっくりの対処方法とは?しゃっくりの原因と上手な止め方について!
赤ちゃんの歯を磨いてあげよう!上手な歯磨きで赤ちゃんの虫歯対策!
赤ちゃんに麦茶を飲ませてあげよう!麦茶がもつ効力と上手な飲ませ方について!
赤ちゃんが歯ぎしりする理由とは?注意が必要な場合もある?
赤ちゃんの歯を守ろう!5つの方法で乳歯の虫歯対策!

こちらも併せてご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。