赤ちゃんの鼻血って大丈夫?鼻血が出る原因と対処方法について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

赤ちゃんが鼻血を出している場面に出くわしたことはありませんか?

急に鼻血を出している姿を見かけると心配になりますよね。

赤ちゃんの鼻の粘膜は薄く刺激に対して敏感に反応してしまうため、ちょっとした傷でも血が出てしまうことがあります。

血が出てしまうと赤ちゃんもきっと不快な思いをしてしまうと思います。

ママ・パパは赤ちゃんが鼻血を出してしまう原因を知り、適切な対処をしてあげる必要があると言えるでしょう。

今回は赤ちゃんの「鼻血」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんの鼻血を対処してあげるときの参考にしてみてください。

1.鼻血とは

鼻血とは、鼻や鼻の奥が何らかの原因で出血して流れ出る血のことを言います。

鼻の中は粘膜が薄く、ちょっとした刺激でも血管が切れやすくなっています。

また、血管が細いため、体温の変化や血流が良くなることで切れてしまうこともあるようです。

鼻の中は血が出やすい状態であると言えるでしょう。

しかし、鼻血は一時的なものがほとんどで多くの場合は安静にしておくことで自然と治まっていきます。

そのため、なかなか鼻血が止まらない場合は重大な疾患が発生している可能性もあるため、注意が必要となります。

2.赤ちゃんは鼻血が出やすい?

赤ちゃんは鼻の真ん中にある鼻中隔と呼ばれる場所が粘膜状となっており、血管が密集した状態となっています。

このように血管が密集している部分を「キーゼルバッハ部位」と呼ぶようです。

ほとんどの鼻血はこのキーゼルバッハ部位が傷つくことで発生します。

赤ちゃんのキーゼルバッハ部位は刺激に弱く、傷つきやすくなっているため、ちょっとしたことでも鼻血を出してしまうことがあります。

大人に比べ、赤ちゃんは鼻血が出やすい状況にあると言えるでしょう。

3.赤ちゃんの鼻血の原因

赤ちゃんは主に以下のような場面で鼻血が見受けられるときがあります。

3-1.乾燥している

鼻の中の粘膜は鼻水などで潤っている状態が保たれますが、乾燥しているとその潤いの効果も奪われてしまいます。

乾燥していると鼻の中はより繊細に刺激を受けることになります。

ちょっとしたことでキーゼルバッハ部位が傷ついてしまう原因となり、鼻血が出てしまう原因となります。

3-2.鼻をいじっている

赤ちゃんによっては、鼻をひっかいたりいじったりなどしてしまう子もいるようです。

そのような「くせ」がついてしまうと、鼻を傷つけてしまうことがあるようです。

鼻がムズムズすると無意識に触ってしまっている場合もあるようで、赤ちゃんが鼻に触れる機会は多いと言えるでしょう。

3-3.大泣きしたとき

赤ちゃんは泣くときにたくさん力んでしまうため、血圧が上がりやすいと言えます。

血圧の変化は血管に与える影響も大きく、鼻の中の細くて繊細な血管はきれやすくなってしまいます。

顔を真っ赤にしながら大泣きしているときは鼻血が出る可能性があるかもしれません。

3-4.たくさん遊んだとき

たくさん遊んだあとは体温が上昇します。

体温が上がることで血流が良くなり、キーゼルバッハ部位の血管が切れてしまうことがあるようです。

赤ちゃんは体温調整が上手にできないため、体温が高くなるほど鼻血が出る可能性が高まります。

 

赤ちゃんの鼻の中は繊細で、ちょっとした刺激でも鼻血が出ることがあります。

上記で挙げた以外にも、くしゃみをしたり枕で擦ったしまっただけでも鼻血は出ます。

赤ちゃんが鼻血を出してしまう場面はたくさんあるということを認識しておきましょう。

4.鼻血の対処法

赤ちゃんの鼻血を対処してあげる上でのポイントを挙げます。

4-1.押さえつけて止血する

鼻血が出ていたら、出ているところを鼻骨のほうに押さえつけてあげるようにしてください。

圧迫することで血を止めてあげることができます。

また、鼻血が流れてこないようにティッシュやガーゼで鼻の入り口を押さえてあげるようにしましょう。

圧迫してあげる際は強く押しすぎないように注意しましょう。

4-2.鼻の中を潤す

鼻の中が乾燥していると傷つきやすい状態となってしまうため、潤いを保ってあげる必要があります。

市販で発売されている塗り薬や鼻腔内スプレーなどを使用して、鼻の感想を防いであげましょう。

どのアイテムを使用していいかわからない場合は、お医者さんに相談してみても良いかもしれません。

4-3.加湿器などを使用し乾燥を防ぐ

赤ちゃんが過ごす環境が乾燥してしまっているケースもあります。

加湿器などを使用し、部屋の乾燥を防いであげるようにしましょう。

乾燥は鼻の中だけでなく、肌への影響もあるため、湿度には気を遣ってあげられるようにしてください。

4-4.鼻をいじらないように見てあげる

鼻血の多くは、赤ちゃんが鼻をいじっている際に傷つけてしまうことで発生します。

赤ちゃんが鼻をいじらないように見ていてあげるのも一つの手です。

おもちゃで気をひかせ鼻に意識が集中しないようにしたり、ムズムズしているようであれば代わりにかいてあげるなどして対処しましょう。

 

赤ちゃんが鼻血を出していても、焦らず落ち着いて対処してあげるようにしましょう。

基本的には、鼻血は自然と症状が治まっていきます。

鼻血が出ないような状況を整えておいてあげることも重要であると言えるでしょう。

5.頻繁に鼻血が出る場合は

赤ちゃんが頻繁に鼻血を出している際は、鼻の中の粘膜が弱くなっている可能性があります。

一度病院に行って診てもらい、点鼻薬などを処方してもらうと良いかもしれません。

お医者さんに適切な処置をしてもらうことで、鼻血を繰り返しにくくすることができます。

また、鼻血の度合いによっては赤ちゃんにとって重大なトラブルが発生している可能性もあります。

鼻血も含め、赤ちゃんの様子に異変を感じたり、いつもと違うような様子が見受けられた場合は、早めに病院に行って診ることをオススメします。

6.最後に

赤ちゃんは鼻血を出しやすい体質のようです。

血を見ると心配になる方も多いかと思いますが、赤ちゃんにおいてはよく起こり得る現象であるということを認識しておきましょう。

ただし、やはり赤ちゃんにとって鼻血はけして気分が良いものではありません。

鼻血が見受けられた際は、適切な処置をしてあげるようにし、赤ちゃんが快適でいられるように努めてあげてください。

鼻血以外についても、赤ちゃんの体に起こる異変にはいち早くいづけるようにし、もしものトラブルが発生しないような取り組みを心掛けましょう。

赤ちゃんの健康管理に気を遣い、今後の健やかな成長を見守ってあげてください。

 

関連記事として、

赤ちゃんのしゃっくりの対処方法とは?しゃっくりの原因と上手な止め方について!
赤ちゃんの血便について!血便になる原因と注意すべき血便の見分け方とは?
赤ちゃんの咳は危険を知らせるサイン?咳が出る原因と4つの予防方法について!
赤ちゃんを乾燥肌から守ってあげよう!実践したい4つの対策方法について!
くしゃみが出ちゃう赤ちゃんのために!2つのくしゃみ対策を実践しよう!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。