赤ちゃんの夜泣きについて!夜に泣き出す理由と3つの対策方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

赤ちゃんって夜中に急に泣き出したりしますよね。

まだ言葉を使って意思疎通を図ることができないので、なぜ赤ちゃんが泣いているのかがわかりませんよね。

抱っこをしてあやしてみたり、お腹が空いているのかとミルクを飲ませてみたり。

ママ・パパはいろいろと試行錯誤をする日々だと思います。

はたして、なぜ赤ちゃんは夜に泣き出すのでしょうか?

また、夜泣きの対策方法はあるのでしょうか?

今回は赤ちゃんの「夜泣き」についてご説明させていただきます。

夜泣きをする赤ちゃんの気持ちについて、考えてみましょう。

1.赤ちゃんはなぜ泣くの?

赤ちゃん

赤ちゃんはまだ言葉を話すことができないため、「泣く」という手段を使って自分の気持ちを伝えます。

お腹が空いたとき、眠たいとき、あまえたいとき、不快な思いをしているときなど、泣いて自分の感情を伝えます。

ママ・パパは赤ちゃんがなぜ泣いているのかを察知してあげる必要があるでしょう。

それは、日頃のコミュニケーション・スキンシップで養っていけるはずです。

2.「夜泣き」って?

赤ちゃん

夜泣きとは、赤ちゃんが夜中に泣き出すことを言います。

泣き出す理由は特定しにくく、なぜ泣いているのかが分からないことがあるそうです。

夜泣きは赤ちゃんそれぞれに特徴があります。

早い時期から夜泣きが始まる子もいれば、ほとんど夜泣きをすることなく成長していく子もいるそうです。

3.なぜ夜泣きしてしまうの?

赤ちゃん

赤ちゃんが夜泣きしてしまう原因について、はっきりと解明はされていないそうです。

しかし、夜泣きの要因の可能性があると言われている事は、多々挙げられています。

3-1.不安感

暗闇の中でふと起きたときに、ママ・パパが傍にいないと思ってしまい、不安になってしまうのではないかと考えらています。

精神的な不安感が影響しているのではないかと言われています。

3-2.夢を見ている

日中に起こった出来事や、受けた刺激の影響で、寝ている最中に夢を見ているのではないかとも言われています。

3-3.赤ちゃんの性格、気質

赤ちゃんが寂しがり屋だったり、かまってほしがりだったりすると、ママ・パパの気をひこうと泣いてサインを出しているのかもしれません。

元気であるとも言えるのではないでしょうか。

3-4.睡眠サイクルの乱れ

赤ちゃんは日中時間帯もたくさん睡眠をとります。

お昼寝をいっぱいすると、夜中は眠くないなどといった状態になることも考えられます。

まだ睡眠サイクルが確立されていない赤ちゃんには、昼も夜もあまり関係ないのかもしれません。

3-5.お腹が空いている

赤ちゃんは母乳・ミルクを飲んでお腹を満たしますが、やはり夜中にもお腹が空いてしまうことはあります。

夜泣きはそのお腹が空いた合図の一つかもしれません。

3-6.ストレス

赤ちゃんがストレスを感じていないとは言い切れません。

なにか思い通りにいかないことがあったり、不快に思う出来事があると、ストレスが溜まってしまい、泣いてしまうのかもしれません。

などなど。

この頃は、赤ちゃんの脳が著しく発達する時期でもあります。

夜でも、脳が活発的に活動しているのではないでしょうか。

要因はいろいろと考えられるので、赤ちゃんとの接し方はママ・パパが試行錯誤していく必要があると言えるでしょう。

4.「夜泣き」との向き合い方

赤ちゃん

では、ママ・パパは赤ちゃんの夜泣きに対してどのように向き合えばよいのでしょうか。

参考として、4つほど挙げます。

4-1.ご近所さんに挨拶をしておく

赤ちゃんが夜泣きしてしまうのは仕方のないことです。

しかし、集合住宅などで生活をしている場合は、隣の部屋の方や上下の階の部屋の方に一言あいさつをしておくと良いかもしれません。

ご近所さんへの配慮も心掛けると、今後夜泣きに対して向き合いやすくなるかもしれません。

4-2.休憩できるときに休憩しておく

夜中に泣き出すと、ママ・パパの睡眠のリズムも変化することは大いに予想ができます。

日中時間帯に、眠れるタイミングがあったら寝ておくなどし、自分自身が休憩する時間もしっかりと設けておきましょう。

睡眠不足で体調不良となってしまうと、その後の子育てにも影響を及ぼしかねませんので。

4-3.ママ・パパは協力し合おう

ママとパパが協力し合って、夜泣きのケアをしてあげるようにしましょう。

片方に任せっぱなしなどにならないよう、お互いに協力しようとする心構えが大事です。

心配なことなども相談し合える関係性であると良いと思います。

4-4.心配になりすぎないこと

赤ちゃんの夜泣きは生理現象の一つと言えるでしょう。

子育ての仕方に問題があるとなどといったことことはありません。

あまり神経質にならず、心に余裕を持つようにしてケアしてあげましょう。

 

まずは、赤ちゃんの夜泣きという行為について理解を深めておくことが重要です。

赤ちゃんの様子をよく観察してあげがら、赤ちゃんのことも

5.夜泣きの対策方法

赤ちゃん

赤ちゃんが夜泣きしたときはどうすればよいのか?

先ほども述べたように、夜泣きの原因を限定することは難しいです。

あくまで、参考として捉えてください。

5-1.抱っこしてあげる

抱っこして、背中をさすったり、ポンポンと叩いてあげたり、赤ちゃんを安心させてあげましょう。

赤ちゃんに優しく触れていてあげる事で、心が落ち着いてくるかもしれません。

5-2・かるく音楽を聞かせてあげる

赤ちゃんが落ち着くような音楽をそっと聞かせてあげるのも一つの手です。

眠気を誘うような音楽だとなお良いかもしれません。

5-3.生活リズム、睡眠サイクルを整える

朝起きて、夜に寝るという生活のリズムが整うように促してあげましょう。

ただし、その感覚は、赤ちゃんが成長する過程の中で、自然と養われるものでもあります。

強制的にならないように注意しましょう。

5-4.起こしてあやしなおす

無理に寝かしつけようとせず、いったん起こしてあげてもいいかと思います。

落ち着くまであやしてあげてから改めて、赤ちゃんが寝やすい体制を整えてあげると良いでしょう。

6.赤ちゃんはみんな夜泣きする

赤ちゃん

夜泣きはほとんどの赤ちゃんが通る道です。

夜泣きをしない子も中にはいるそうですが、ごく稀です。

他の子と比べて、うちの子は夜泣きが多いのでは、、、などと心配になる必要はないでしょう。

友達さんと夜泣きについて話してみると良いでしょう。

きっと、どちらの家庭でも、夜泣きは起こっているはずです。

身近に、相談やお話ができる方がいると、気持ちを共有できていいかもしれませんね。

7.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんが夜中に急に泣き出し、なかなか泣き止んでくれないと、どうしたらいいのだろうかと悩んだりもしますよね。

赤ちゃんの夜泣きは生理現象の一つです。

自然と起こりうる現象なので、夜泣きが多いからと心配する必要はありません。

確かに、なかなか睡眠がスムーズに取れなくなるので大変かもしれませんが、ママ・パパが協力し合って、夜泣きの時期を乗り越えていきましょう。

赤ちゃんの夜泣きを支えてあげて、健やかの成長を見守ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。