赤ちゃんの歯を磨いてあげよう!上手な歯磨きで赤ちゃんの虫歯対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

赤ちゃんは生後6ヶ月頃を迎えると「乳歯」が生えてきます。

まずは下の前歯、次に上の前歯、といったように徐々に生え揃っていきます。

それらの歯を守ってあげる上で重要な習慣の一つに「歯磨き」があります。

歯磨きを上手に行う事で、虫歯の予防となり口内環境を健康な状態に保ってくれます。

ママ・パパは赤ちゃんの歯磨きのサポートをしてあげる必要があると言えるでしょう。

今回は赤ちゃんの「歯磨き」についてご説明させていただきます。

虫歯とならないような習慣を身に着けてあげましょう。

1.歯磨きの重要性

歯磨き

歯磨きの一番の目的は、歯を虫歯から守るためだとされています。

口の中にはいろんな菌が存在しています。

その中には「虫歯菌」と呼ばれる口内環境に悪影響を及ぼす菌も含まれています。

この虫歯菌が歯の表面に付着していることで、虫歯となってしまう可能性があるのです。

歯磨きはこの虫歯菌を歯の表面から除去することを目的としています。

2.赤ちゃんの歯磨きはいつから?

赤ちゃん

赤ちゃんの歯磨きは最初の歯が生え始めていくる生後6ヶ月頃からがスタートとなります。

歯が生え始める時期は赤ちゃんそれぞれに個人差があるため、歯磨きのスタートの時期もまちまちとなります。

まだ赤ちゃんの頃の歯は小さいうえ、唾液での自浄作用で口内はある程度きれいな状態となっているため、歯磨きの開始時期を焦る必要はありません。

まずは歯磨きという行為に慣れさせる、くらいのところから始めるようにしましょう。

3.赤ちゃんの歯を磨いてあげよう!

歯ブラシ

では、赤ちゃんの歯を磨いてあげる上でのポイントをご紹介させていただきます。

3-1.適度な力で磨く

歯ブラシを赤ちゃんの歯の表面に当て、優しく磨いてあげるようにしましょう。

強く磨きすぎてしまうと、歯や歯茎を気付つけてしまいかねません。

赤ちゃんに痛がっている様子が見受けられないかは常々チェックしてあげてください。

3-2.適切な歯ブラシを選ぶ

持ちやすく、毛先が柔らかいものを使用するようにしましょう。

ママが歯磨きしてあげるうえで、持ちにくい歯ブラシは赤ちゃんの口内を傷つけてしまう可能性もあります。

毛先も硬いと歯や歯茎を傷つけてしまう可能性があるため注意が必要です。

3-3.1日1~2回から始める

歯磨きもやりすぎると、赤ちゃんにとって負担となりかねません。

最初は回数も少ないところから始めてみましょう。

朝と夜寝る前など、時間も決められると習慣づいていくかと思います。

3-4.赤ちゃんにとって楽しい時間にしてあげる

歯磨きを嫌いになってしまうと、先々の赤ちゃんの歯磨き事情に悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

歯を守っていく上では、まずは歯磨きを好きになってもらうことが重要です。

歌を歌ってあげたり、赤ちゃんを仰向けにして遊んであげたりし、歯磨きの時間は楽しいことをする時間なんだと感じてもらうようにしましょう。

3-5.お手本を見せてあげる

ママ・パパが歯磨きしている姿を見ることで、赤ちゃんも歯磨きに興味津々になります。

その姿が赤ちゃんが歯磨きを覚えるきっかけにもなります。

赤ちゃんの歯磨きのときは、ママ・パパも一緒に歯磨きをするとよいかもしれません。

3-6.歯磨き後は褒めてあげる

赤ちゃんにとって歯磨きはまだまだ慣れない習慣です。

そんな中でも歯磨きに挑戦している赤ちゃんに対して、「頑張ったね!えらいね!」と褒めてあげるようにしましょう。

歯磨きを頑張ることが赤ちゃんにとってのモチベーションにもなります。

 

ママ・パパも最初は不慣れな部分があると思いますが、根気よく歯磨きに取り組んでいきましょう。

赤ちゃんの様子を観察し、機嫌がいい時に歯磨きしてあげるとなお歯磨きにいいイメージを持ってもらえるかと思います。

4.歯磨きの注意点

注意

赤ちゃんの歯磨きでは、注意しておくべきこともあります。

4-1.磨きすぎなようにする

赤ちゃんの歯や歯茎はまだまだ未発達なため、刺激には弱い状態です。

硬い歯ブラシを使ったり、強く磨きすぎてしまうと歯を痛めてしまう可能性があります。

あまり力を入れず、歯の表面を軽くなでるような感じから始めてみてください。

歯茎から血が出てしまっているようであれば、歯磨きの仕方を見直してみてください。

4-2.のどつきしないようにする

歯ブラシの使い方を間違えると、赤ちゃんの喉のおくをついてしまう恐れもあります。

赤ちゃん用ののどつきしにくい歯ブラシを使用するようにしてあげてください。

また、歯磨きしてあげる際は口の奥まで歯ブラシを入れないように注意してください。

4-3.大人用の歯磨き粉を使用しない

大人が使う歯磨き粉には、発泡剤や研磨剤が多く含まれています。

赤ちゃんが歯磨きをする上で、歯磨き粉を誤飲してしまう可能性があります。

使用する場合は、赤ちゃん用のジェルタイプの歯磨き粉がオススメです。

フッ素が含まれている歯磨き粉なら、虫歯予防にもなります。

イチゴなどの味がついているのであれば、赤ちゃんも歯磨きがしやすくなるかと思います。

歯磨き後は、ガーゼでしっかり拭き取るなどして歯磨き粉が口内に残らないようにしてあげてください。

4-4.強要しない

歯を磨くことを嫌がっているときは無理に歯磨きしないようにしてあげましょう。

赤ちゃんにとって歯磨きの時間が嫌になってしまうと、機嫌を損ねる原因となってしまいかねません。

おもちゃなどで気を引かせたり、歌を歌ってあげることで、赤ちゃんも歯磨きの時間が楽しくなるかと思います。

歯磨きをする前に、赤ちゃんの様子を伺ってあげるようにしてください。

 

赤ちゃんの歯はまだまだ小さく、歯磨きもしづらいかと思います。

赤ちゃんにとっても不慣れな事から、最初は上手に出来ないかもしれません。

徐々に歯磨きが上達できるよう、赤ちゃんと一緒に頑張っていきましょう。

5.赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時は?

赤ちゃん

中には慣れるまで歯磨きを嫌がる子もいるかと思います。

その場合は、無理に歯磨きを強要しないようにしましょう。

もともと唾液には自浄作用があるため、お茶や水を飲ませて口の中の流してあげるだけでも大丈夫ですよ。

赤ちゃんにとって歯磨きが嫌なものとならないように、工夫しながら根気よく取り組んでいくようにしましょう。

徐々にでも、赤ちゃんが上手に歯磨きできるようにサポートしてあげてください。

なかなか歯磨きに慣れてこないようであれば、歯医者さんに相談してみるのもいいかと思います。

6.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんによって、歯磨きを嫌がる子もいれば、積極的に歯磨きをする子もいます。

赤ちゃんそれぞれに歯磨きの事情があるようです。

赤ちゃんのペースを大切にし、徐々にでも歯磨きをしていけるようにしましょう。

歯磨きは、歯を守る上での重要な習慣となります。

歯磨きの重要性を理解しておくことで、赤ちゃんの歯が健康な状態で保ってあげることができます。

ママ・パパが協力し合って歯磨きを実施し、赤ちゃんの今後の健やかな成長を見守ってあげましょう。

 

関連記事として、

赤ちゃんが歯ぎしりする理由とは?注意が必要な場合もある?
赤ちゃんの耳掃除をしよう!上手に耳垢をとってあげる3つのポイントとは?
おしゃぶりのメリット・デメリットについて!赤ちゃんのおしゃぶりを上手に活用しよう!
赤ちゃんが指しゃぶりをする理由とは?新生児の指しゃぶりを理解しよう!
赤ちゃんの歯を守ろう!5つの方法で乳歯の虫歯対策!

こちらも併せえてご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。