気になる赤ちゃんの髪の毛について!生え揃うのはいつ頃?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

赤ちゃんそれぞれに様子が変わってくるのが「髪の毛」かと思います。

生まれたときからフサフサと髪が生えている子もいれば、髪が少ない子もいますよね。

髪が薄かったり、弱々しかったりするとどうしても心配になってしまう方もいらっしゃるかと思います。

赤ちゃんの髪の発育にはそれぞれに個人差があるため、実際はそれほど心配する必要はありません。

赤ちゃんの髪の毛の発育について理解を深めておくと、それらの心配を軽減することができるのではないでしょうか?

今回は赤ちゃんの「髪の毛」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんの髪の特徴を理解しておきましょう。

1.髪の毛とは

赤ちゃん

髪の毛とは 「頭髪」とも呼ばれるように頭に生えている毛のことを言います。

髪の毛には主に以下のような役割があります。

・外部からの刺激から頭を守る
・寒さを防ぐ
・直射日光から頭を守る
・頭皮の汚れを防ぐ

頭部へ与えられる衝撃や刺激を軽減してくれる役目があるようです。

頭は人間にとって重要な機能がたくさん詰まった部位でもあるので、髪の毛も大切にする必要があると言えるでしょう。

2.赤ちゃんの髪の毛の特徴

赤ちゃん

大人に生えている髪の毛と赤ちゃんの頃の髪の毛は違うかと思います。

赤ちゃんの髪には主に以下のような特徴が見受けられるかと思います。

2-1.細い

大人の髪の毛に比べて、赤ちゃんの髪の毛は細いように感じられるかと思います。

実際、赤ちゃんの髪は細い構造となっています。

2-2.柔らかい

手で触ってみると対象の感触が感じられるくらいの柔らかさの子もいますよね。

「産毛」のような状態の髪の毛であれば、柔らかいのは必然的であると言えます。

2-3.少ない

中には頭皮が見えるくらいに髪が少なく感じる子もいるかと思います。

こちらは単に少ないだけでなく、上記で挙げたような「細さ」なども影響して少なく見えてしまっているかもしれません。

 

赤ちゃんの髪の特徴で一番気になるのが「量」かと思います。

髪の毛が少なく感じることで心配を抱く方もいらっしゃるかと思いますが、赤ちゃんの頃の髪の量はあまり心配する必要はないと言えるでしょう。

3.髪が生え揃うのはいつ頃?

赤ちゃん

赤ちゃんの肌は刺激に弱いため、全身が「産毛」で覆われています。

生まれたばかりの赤ちゃんの頭に生えている髪の毛も産毛のような状態であると言えます。

成長して肌が強くなっていくことで、産毛は抜けてより強い毛が生えてくるようになります。

この生え変わりの時期が生後3ヶ月頃だと言われています。

髪の毛も同様に、生後3ヶ月頃から生え変わりが始まるようです。

髪の毛が生え変わることで、質や量に変化が現れるようです。

すべての髪の毛が生え変わるのが3~4歳頃であるとされています。

この頃までの髪の毛の発育には赤ちゃんそれぞれに個人差があるため、周りの子の髪の毛の様子と比べる必要はありませんよ。

4.髪の毛が薄いのは大丈夫?

赤ちゃん

赤ちゃんの髪の毛が薄くて心配になってしまう方もいるかと思います。

しかし、赤ちゃんの髪の状態であまり心配になる必要はありません。

髪の毛の発育にも赤ちゃんそれぞれに個人差があります。

また、赤ちゃんの頃は髪の毛が薄いことで頭の蒸れが軽減できたり、頭を洗ってあげたり髪を乾かしてあげたりのお手伝いがしやすかったりもします。

髪の毛の量や質で優劣がつくわけではありませんし、成長するにつれてしっかりと生え揃ってきますので、前向きに考えていくようにしましょう。

ママ・パパは赤ちゃんらしいその姿を温かい目で見守ってあげることを心掛けてください。

5.髪の毛も赤ちゃんの個性

赤ちゃん

髪の毛も赤ちゃんそれぞれに特徴があります。

赤ちゃんそれぞれの個性として捉えて、髪の毛の成長も楽しむようにしましょう。

赤ちゃんの成長は早く、みるみるうちに顔や姿がしっかりとしていきます。

その時々の成長の様子を見逃さないよう、常日頃から赤ちゃんの様子を観察してあげるようにしましょう。

6.髪の毛は大切に守ってあげよう

赤ちゃん

髪の毛でオシャレする方も多いかと思います。

可愛らしい赤ちゃんも髪の毛でよりオシャレにしてあげたいと考える親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

その気持ちはわかりますが、赤ちゃんの髪の毛に負担がかかるようなことはしてあげないようにしてあげた方がいいかと思います。

髪の毛には頭部を守ってくれるという本来の役割があります。

髪に大きなダメージを与えてしまうと、その役割を担わなくなってしまったり、抜け落ちてしまったりとあまりいいことはありません。

あくまで赤ちゃんの頭を守るうえで必要なものとして捉え、自然体にしておいてあげることをオススメします。

髪を染色したり、パーマをあてたりなどの行為はしないようにしてください。

7.最後に

赤ちゃん

髪の毛は今後の生活において長く付き合っていくものとなります。

赤ちゃんの頃の髪の毛の様子をみて、色々と心配になってしまうこともありますよね。

しかし、赤ちゃんの頃の髪の毛の成長には個人差があり、それぞれの特徴があります。

一番はあまり心配しすぎないことであると言えるでしょう。

たとえ、柔らかく量が少ないと感じても、成長するにつれて解消されていくことがほとんどです。

むしろ、赤ちゃんらしいかわいい姿でもあると思います。

髪の毛の成長も楽しみの一つにしてみてください。

赤ちゃんの個性を大切にしながら、今後の健やかな成長を見守ってあげましょう。

 

関連記事として、

赤ちゃんにたんこぶができちゃった!対処方法と注意すべき5つの症状!
赤ちゃんの頭の形を整えよう!絶壁頭になってしまう原因と5つの予防方法について!
赤ちゃんの耳掃除をしよう!上手に耳垢をとってあげる3つのポイントとは?
赤ちゃんは寄り目になりやすい?寄り目で注意すべきこととは?
赤ちゃんのでべそって大丈夫?でべそになる原因と対処方法について!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。