新生児の「首がすわる」とはどういう状態?見守るうえで注意すべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

生後間もない赤ちゃんの首はグラグラと不安定な状態ですよね。

抱っこするときなどは、頭がガクッと落ちてしまいそうで心配になるものです。

赤ちゃんが成長するにつれ、だんだんと首が強くなり頭を安定して支えられるようになります。

では、はたしてどのような状態を「首がすわった」と言えるのでしょうか?

首がすわることは、成長の過程での一つのポイントでもあるので、しっかりと判断できた方が良いかと思います。

今回は赤ちゃんの「首」についてご説明させていただきます。

人体において重要な部位でも首について理解を深めましょう。

1.首がすわるとはどういう状態?

赤ちゃん

自分の意志で自分自身の首を支えられる状態になったことを「首がすわった」と表すことができるそうです。

生後間もない赤ちゃんの首はグラグラと不安定な状態です。

それは、まだ首周りの筋肉が発達しておらず、重い⁾頭を支える事ができないためです。

日々の生活、成長の過程の中で筋肉が発達していくことで首が安定していくことになります。

2.首がすわる時期は?

赤ちゃん

首がすわり始める時期は生後3か月~5か月頃からと言われています。

この頃は、全身の筋肉が発達しだしてきているため、体のあらゆる部位を使っていろいろなことができるようになってきます。

うつぶせ状態で首を持ち上げようとする仕草が見受けられたときは、首周りの筋肉が順調に発達してきている証であると言えるでしょう。

しかし、体の発育には赤ちゃんそれぞれに個人差があります。

赤ちゃんのペースにもよるので、首がすわる時期には早い遅いがあって当然であるということを覚えておきましょう。

3.首がすわったかの見分け方は?

赤ちゃん

赤ちゃんの首がすわったかを判断するための参考にしてみてください。

3-1.抱っこして体を斜めに傾けてみる

赤ちゃんと向き合うような状態で抱っこしてみましょう。

その際に、少し体を傾けてみてください。

赤ちゃんが傾けた方向とは逆に頭を持ち上げて支えていたら首がすわっていると判断していいでしょう。

まだ首がすわっていないと、傾けたときに頭がガクンと落ちてしまいかねないので注意してください。

傾ける際は少しだけにし、しっかり支えておいてあげる事を忘れないようにしてください。

3-2.仰向けに寝かせて腕を持ちながら引き起こしてみる

赤ちゃんを仰向けの状態に寝かせ、腕を持ちながら体を起こしてみましょう。

体を引き起こす際に赤ちゃんは反射的に首を持ち上げようとします。

体と一緒に首がついてくるようであれば、首がすわっていると言えるでしょう。

もってあげるさいは、腕が抜けてしまわないように注意してください。

3-3.うつぶせの状態にしてみる

うつぶせにして寝かせてあげてください。

自分で頭を持ち上げることができるようであれば、首がすわってきれいると言えるでしょう。

首がすわっているかを判断する最もわかりやすい確認方法かもしれません。

 

首がすわっていない状態だと、首がガクンと傾いてしまったりするので注意してください。

確認する際はしっかりと補助をしてあげるように心掛けましょう。

4.首がすわるまでの注意点

赤ちゃん

首がすわったと判断できるまでは、以下の点に注意しておきましょう。

4-1.首を支える補助をしてあげる

首の筋肉が発達してくるしてくるまでは、赤ちゃんは自由に頭を動かすことができません。

例えば、口・鼻が塞がった状態になってしまっても、自分自身で顔の向きを変えることが難しいのです。

頭の向きなどに気を遣い、抱っこのしているとき、うつぶせのときなどは赤ちゃんの首を支えてあげるように心掛けましょう。

4-2.無理に首を持ち上げないようにする

無理に首を持ち上げたり、動かしたりしないようにしましょう。

まだまだ強くはない不安定な首を過激に動かしてしまうと、赤ちゃんにとって負担となってしまう可能性があります。

肩周りの筋肉が発達してくるまでは、そっと支えてあげることを心掛け、極端に持ち上げたりしないようにしてあげましょう。

4-3.ケガに注意する

頭の重さにふられて、ガクッと落ちてきてしまうことがあります。

頭を何かにぶつけてしまったり、あごを床にぶつけてしまったりする可能性があります。

安定していない首にのっている頭は予測できない動きをすることもあるので、ケガをしてしまわないように注意しましょう。

 

赤ちゃんの首はまだまだ強くはないので、大きな負担がかからないようにしてあげましょう。

ケガなどをしないように注意しながら支えてあげるようにしてください。

5.赤ちゃんのペースを大切に

赤ちゃん

なかなか首がすわってこない子ももちろんいます。

首の筋肉を発達させる運動もできると思いますが、あまりやりすぎないように注意しましょう。

焦らずゆっくり見守ってあげるを心掛けてください。

他の子の様子と比べる必要もありません。

赤ちゃんのそれぞれに成長の個人差があるので、赤ちゃんの発育のペースを大切にしてあげましょう。

6.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんは成長の過程の中で自然と首がすわってくるようになります。

たとえ、赤ちゃんの首がなかなか安定してこないからといって、心配になる必要はありません。

ただし、首がすわるまでの間は安定しない赤ちゃんの頭をしっかりと支えてあげるように心掛けましょう。

首がすわると、自分の意志で頭を動かしたり、視線を変えたりすることができます。

赤ちゃんの世界観を広げてあがる意味でも、抱っこの仕方に気を遣うなどし、首を大切に守ってあげてください。

 

関連記事として、

必見!赤ちゃんを抱っこするときの3つのポイント!
赤ちゃんが上手にうつぶせできるように!実践したいうつぶせ練習方法!
赤ちゃんがつかまり立ちに挑戦!見守るうえで注意すべきことと3つの練習方法!

こちらも併せてご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。