赤ちゃんの熱中症には要注意!熱中症の疑いがある場合の4つの対処方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

暖かい季節がやってくると、お出かけシーズンが到来します。

赤ちゃんと一緒に楽しみながらお出かけしたいですよね。

しかし、お出かけするうえで注意しなければいけないことの一つが「熱中症」です。

特に夏場の気温が高い季節は、熱中症になるリスクが高くなります。

赤ちゃんは体温調整する機能がまだまだ未発達なため、ママ・パパがしっかり対処してあげなければなりません。

今回は赤ちゃんの「熱中症」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんを熱中症から守りましょう。

1.熱中症とは?

赤ちゃん

熱中症とは、体温の調整ができなくなり、体の中に熱がこもってしまう状況のことを言います。

本来、汗をかいて体温調整を行います。

しかし、気温が高く暑い状態が長く続くと、汗による体温調整のスピードが追い付かず、熱を体外に逃がすといったことがスムーズにできなくなる時があるのです。

また、急激にたくさんの汗をかくことで、体内の水分や塩分が失われ、体液のバランスを崩れます。

結果、血流、神経など体のあらゆる部分に影響を及ぼし、けいれん、めまい、失神、頭痛、吐き気といった症状を引き起こす可能性があるため、とても危険な状態であると言えるでしょう。

2.赤ちゃんの熱中症になりやすい

赤ちゃん

赤ちゃんは大人に比べて熱中症にかかりやすいと言われています。

主な理由を以下に挙げます。

2-1.体温調整する機能が未発達

赤ちゃんはまだ体が小さいうえ、体温調整するための機能も未発達です。

汗を上手にかくことができないこともあるため、体に熱がこもりやすい体質と考えられます。

また、避暑地に避難する、風を仰ぐ、などといった体温を下げる行為を自ら行う事ができないため、体温のコントロールが難しいと言えるでしょう。

2-2.地面からの放射熱を受けやすい

赤ちゃんはお出かけした際、歩いたり、ベビーカーに乗る機会が多いと思います。

大人に比べ地面に近い位置にいるため、地面からくる放射熱の影響を大きく受ける事になります。

放射熱は、気温よりも高い状態であることが多いとのことです。

2-3.自分の症状を訴える事ができない

暑い状態が続くと、喉が渇きます。

体が水分を欲しているサインとなりますが、赤ちゃんは自分の症状を言葉で伝えることができません。

赤ちゃんの水分補給が遅れてしまうと、急速に症状が悪化し、熱中症になってしまう可能性が高まってしまいます。

 

大人は自分自身で熱中症を対策することができますが、赤ちゃんはそうはいきません。

気温が高い暑い日は赤ちゃんの様子をよく観察して、厳重に注意する必要があります。

3.熱中症の症状

赤ちゃん

赤ちゃんが熱中症を引き起こしている、または熱中症の疑いがある場合は、以下のような症状となります。

3-1.顔が赤くなる

体温調整が上手に出来ず、体全体が火照った状態になります。

特に症状が現れやすいのが顔です。

顔が赤く、熱を帯びているような状態であれば、注意が必要です。

3-2.いつも以上に母乳やミルクを飲みたがる

水分が不足した状態になり、赤ちゃんがいつも以上に母乳やミルクを求めてきます。

お腹が空いている様子でなかった場合、熱中症の疑いがある行動の一つと言えるでしょう。

3-3.元気がない

いつもよりも元気がなく、ぐったりした状態であれば、体になんらかのトラブルが発生している可能性があります。

フラフラしていたり、意識が朦朧としている場合は、とても危険な状態であることが考えられるため、早急に対処する必要があります。

3-4.汗をかかない

熱中症となる場合、脱水症状を引き起こしている可能性があります。

汗をかかなくなったなどの症状が見れてた場合は、体温調整ができなくなっている状態でもあるので、熱中症のリスクが高まります。

水分は体の機能を働かせるうえで重要な役割を果たしているため、熱中症以外のトラブルを招いてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

赤ちゃんの様子がおかしいなと感じた場合は、早急に対処してあげる必要があります。

赤ちゃんの小さな変化にも気を配り、熱中症となりうる可能性を軽減させえましょう。

暑い日に外にお出かけした際は特に要注意してください。

脱水症状を含め、熱中症は赤ちゃんにとって重大なトラブルへとなりかねないことを覚えておきましょう。

4.赤ちゃんの熱中症対策

日陰

では、赤ちゃんを熱中症から守るためにはどのような対策をすればよいのでしょうか?

2つの観点で挙げます。

4-1.室内での対策

室内だからといって油断は禁物です。

風通しが悪い、熱がこもっている、などといった室内状況だと、日差しを浴びていなくても熱中症になる可能性があります。

まずは、こまめに室温をチェックしましょう。

室温が高い、湿度が高い、といった場合は、扇風機やエアコンを活用して調節するようにしましょう。

水分をこまめに補給するようにしてください。

4-2.外出先での対策

ベビーカーの日よけを使う、赤ちゃんい帽子をかぶらせるなどし、直接日光を浴びすぎないよう時間を少なくするようにしましょう。

定期的に日陰で休ませるようにし、水分補給をしっかり行ってください。

体に触れてみて、体が火照っているようであれば、仰いで風を送ってあげたり、濡れたタオルを当ててあげるなどして体温を下げてあげるようにしましょう。

熱中症を警戒するあまりお出かけの機会を減らしてしまうと、赤ちゃんの強い体作りができなくなってしまいます。

赤ちゃんの体調を見ながら積極的にお出かけして、暑さに負けない体を作っていくことも重要なのかもしれません。

 

まだ体温調整が上手に出来ない赤ちゃんにとって、気温・室温をコントロールしてあげる事が重要となります。

赤ちゃんの体温が上がりすぎてしまわぬよう、赤ちゃんの様子を見ながら対策してあげてください。

5.熱中症の疑いがある場合

赤ちゃん

赤ちゃんに熱中症の疑いがある場合は、以下のような対処をしてあげてください。

5-1.日陰や室内などの涼しい場所へ移動する

まずは、涼し場所へ連れて行ってあげてください。

気温が高い、湿度が高いなど、熱を感じやすい環境にいると、症状を悪化させる可能性があります。

5-2.服を脱がす

着ている衣類を脱がすなどし、風通しを良くしてあげてください。

体内に熱がこもっているうえに、衣類で体を覆ってしまっていると、症状が悪化してします可能性があります。

肌を外気に触れさせ、体の熱を冷ますようにしてあげましょう。

5-3.保冷剤などで体を冷やす

保冷剤をタオルに包むなどし、体に当ててあげましょう。

特に、首元、わきの下など、大きな血管が通っている箇所を冷ましてあげると効果的です。

しかし、あまり直接的に強く押し当ててしまうと痛みを伴ってしまう可能性があるので、優しく冷やしてあげるようにしてください。

5-4.水分を補給させる

体内の水分が不足している可能性があります。

母乳、ミルク、ベビー麦茶など、赤ちゃんが飲めるもの飲ませてあげましょう。

一度にたくさん飲ませすぎると、お腹をこわしてしまうかもしれないので注意してください。

外出時は水筒などで持ち歩いておくと便利です。

 

体の熱を逃がす、冷ますといった対処をしてあげる必要があります。

症状の悪化を防ぐには、早急な対応が重要となります。

6.症状が重いと感じたら

医師

赤ちゃんの様子がおかしい、体調が思わしくないと感じた場合は、早急にお医者さんに診てもらうようにしましょう。

先ほど述べた対処方法はあくまで応急処置となります。

病院に行きお医者さんに診てもらう事で、詳しい検査をしてより熱中症に適切な対処をしてもらえます。

熱中症を放置してしまうと、赤ちゃんにとって重大なトラブルに繋がってしまう可能性もあります。

迷わず、病院に行くようにしましょう。

7.最後に

赤ちゃん

熱中症は誰にでも起こり得る危険な症状です。

特に赤ちゃんの場合は、熱中症のリスクが非常に高いということを覚えておきましょう。

赤ちゃんを熱中症から守るのは、ママ・パパの役割です。

日頃から、赤ちゃんの様子を観察してあげて、小さなサインにも気付けるようにしておきましょう。

天気が良く、あったかい日は、ぜひとも赤ちゃんと一緒にお出かけしたくなるものです。

赤ちゃんが楽しくお出かけできるよう、熱中症対策をしっかりとしてあげましょう。

 

関連記事として、

赤ちゃんの日焼けには要注意!7つの日焼け対策を実践して赤ちゃんの肌を守ろう!
赤ちゃんも花粉症になる?予防するための3つの対策方法!
赤ちゃんを乾燥肌から守ってあげよう!実践したい4つの対策方法について!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。