赤ちゃんのしゃっくりの対処方法とは?しゃっくりの原因と上手な止め方について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

育児を行っていく上で赤ちゃんが「しゃっくり」をしているところを見かけることはありませんか?

赤ちゃんは頻繁にしゃっくりをします。

その姿を見ていると、かわいらしいと思う反面、苦しいのではないかなど心配をしてしまうこともあるのではないでしょうか?

赤ちゃんがしゃっくりをする原因は様々ありますが、状況に応じた適切な対処をしてあげることで抑えてあげることができます。

ママ・パパは赤ちゃんがどのような場面でしゃっくりをするのかを把握しておく必要があると言えるでしょう。

今回は赤ちゃんの「しゃっくり」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんのしゃっくりを対処してあげる上での参考としてみてください。

1.しゃっくりとは

赤ちゃん

しゃっくりとは、横隔膜というお腹と肺を隔てている筋肉が何らかの理由で痙攣を起こす現象のことを言います。

声帯の筋肉が収縮するため、狭くなった声帯を通る息によって「ヒック」といったような音がでます。

誰にでも起こりうる反射的な生理現象であると言われています。

気付いた時には収まっているような症状であるため、体への害は特にありませんが、頻繁にしゃっくりが出ると、食欲の低下や睡眠に影響を及ぼす可能性があるため、注意も必要です。

2.赤ちゃんがしゃっくりをする原因

赤ちゃん

しゃっくりは横隔膜に刺激が与えれることで起こります。

では、赤ちゃんの横隔膜へはどのような状況で刺激が加わるのでしょうか?

主な原因をいくつか挙げていきます。

2-1.授乳の際に空気を一緒に飲み込んでしまう

赤ちゃんが母乳やミルクを飲む際は、同時に空気も飲み込んでしまうことがあります。

飲み込んだ空気は横隔膜を刺激する原因となることもあるのです。

授乳後にしゃっくりをしている様子が見受けられた場合は、こちらの原因が考えられます。

2-2.胃や食道の活動が活発的

赤ちゃんのお腹の機能はまだまだ未発達であるため、授乳や離乳食を食べた後は活発的に活動をします。

その活動によって、横隔膜へ刺激を与えることもあるようです。

たくさんミルクを飲んだり、離乳食を食べた後にはしゃっくりが起こりやすいと言えます。

2-3.体温の低下

赤ちゃんは体温調整が上手にできないため、体温が低下してしまうこともしばしばあります。

特に、オムツが濡れてママの状態であると下半身が冷えてしまい、腹部への刺激へと繋がってしまいます。

腹部が刺激されることでしゃっくりが起こることもあるようです。

2-4.上手な呼吸の練習

生後間もない赤ちゃんは肺を使っての呼吸方がまだまだ苦手です。

赤ちゃんはしゃっくりを通じて、上手に呼吸するための練習をしているのではないかと言われています。

また、横隔膜を使って体の中に入ってきそうな排泄物を体外に出しているとも考えられています。

自然と体の機能の発達が促されていつのかもしれません。

 

赤ちゃんの横隔膜はまだまだ未発達であるため、あらゆる刺激に敏感であると言えます。

成長するにつれ、体の機能が発達し、自然としゃっくりが出にくい体が作られていきます。

3.しょっくりを止めてあげよう!

赤ちゃん

では、赤ちゃんのしゃっくりはどのように対処してあげればよいのでしょうか?

しゃっくりの対処をする上でのポイントをご紹介させていただきます。

3-1.母乳やミルクを飲ませてあげる

「飲み込む」といった行為でしゃっくりを改善させてあげることができます。

赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ飲ませてあげるようにしてください。

授乳後にしゃっくりをしている場合は、飲ませすぎが懸念されよりしゃっくりが出やすくなってしまうかもしれないので注意しましょう。

3-2.げっぷを促す

授乳時に空気を飲み込んでいると、しゃっくりが起こる可能性があります。

ミルクを飲ませ終わったら、げっぷを促すように背中をトントンと叩いてあげてください。

げっぷをしてお腹の中の空気を出してあげることで、しゃっくりを抑えてあげることができます。

3-3.体温を温めてあげる

体温が下がるとしゃっくりが出やすくなるため、体が冷たいと感じた場合は、温めてあげるようにしましょう。

特にお腹付近を温めてあげるとより効果的です。

温めたタオルなどを使って、ゆっくりと行うようにしましょう。

3-4.こまめにおむつを交換してあげる

上記で述べているように、オムツが濡れていることで体温が下がってしまうこともあります。

オムツが濡れていないかをこまめにチェックしてあげて、適度に交換してあげるようにしましょう。

体が冷えないような恰好をさせてあげることも重要です。

 

赤ちゃんがしゃっくりをしている原因をつきとめ、状況に適した対処をしてあげられるようにしましょう。

ただし、しゃっくりは自然と収まることがほとんどです。

4.しゃっくりがなかなか止まらない場合

赤ちゃん

しゃっくりがなかなか収まらない様子を見ていると、苦しそうに見えて心配になってしまいますよね。

しかし、赤ちゃんはさほどしゃっくりによる苦しさは感じていないようです。

しゃっくりは自然的に起こる生理現象の一つとされ、赤ちゃんにとってはごく普通の現象であると言えます。

ママ・パパはあまり神経質にならずに見守ってあげると良いでしょう。

気付いたら収まっていた!というケースがほとんどですよ。

ただし、赤ちゃんの様子に異変を感じたり、いつものしゃっくりの雰囲気とは違うものを感じたら、一度お医者さんに相談してみても良いかもしれません。

赤ちゃんの体の中で起こっている出来事は外見からはどうしてもわかりにくいため、専門の方に診てもらった方が確実な対処をしてくれるはずです。

5.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんがしゃっくりをするのはごく自然なことです。

苦しそうにしているように見えて心配になられる方もいらっしゃるかと思いますが、けしてそのようなことはないので安心してください。

むしろ、赤ちゃんの体の機能が発達しようとしている証であるとも考えられます。

適度の対処を施しながら、赤ちゃんのしゃっくりと上手に付き合っていくようにしましょう。

そして、今後の赤ちゃんの健やかな成長を見守ってあげてください。

 

関連記事として、

赤ちゃんに麦茶を飲ませてあげよう!麦茶がもつ効力と上手な飲ませ方について!
赤ちゃんの咳は危険を知らせるサイン?咳が出る原因と4つの予防方法について!
赤ちゃんの嘔吐で注意すべきこととは?上手に対処してあげる5つの方法について!
くしゃみが出ちゃう赤ちゃんのために!2つのくしゃみ対策を実践しよう!
赤ちゃんにげっぷは必要不可欠!げっぷを促す3つの手順とは?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。