赤ちゃんにとっての適切な室温とは?季節に応じて室温を調節してあげよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

赤ちゃんはまだまだ上手に体温調整することができません。

その際に注意したいことが、赤ちゃんが多くの時間を過ごすこととなる「室内の温度」です。

暑かったり、寒かったりなど、赤ちゃんは気温を敏感に感じ取りますが、それを言葉として伝えることができません。

体温調整が上手に出来ないと風邪などに感染してしまう可能性もあります。

赤ちゃんの様子を伺いながら、適切な室温である環境を整えてあげる必要があると言えるでしょう。

今回は赤ちゃんにとっての「室温」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんが過ごしやすい環境づくりに努めてみましょう。

1.「室温」とは

thinker-28741_1280

室温とは、部屋の中などの室内における温度のことを言います。

気温とは違い、暖・冷房やストーブ、扇風機などを使用することで温度を調節ですることができます。

そのため、環境に応じて室温には変化が表れてきます。

季節によって室温を調整することが、快適な生活に塚がると言えるでしょう。

2.赤ちゃんの体温調整能力について

赤ちゃん

赤ちゃんはもともと大人よりも体温が高めであるとされています。

体温を調節する機能もまだまだ乏しく、よく汗をかいていたり、手足が冷えてしまっているときがあるかと思います。

赤ちゃんは暑い・寒いなどの状況を言葉として伝えることができないため、ママ・パパがいち早く察知してあげる必要があります。

体温を調節してあげる方法の一つに「室温を整えてあげること」を挙げることができます。

赤ちゃんは多くの時間を室内で過ごすことになるかと思います。

その部屋の温度を赤ちゃんにとって快適な温度としてあげることで、赤ちゃんの体温を適切な状態で保ってあげることができると考えられます。

3.赤ちゃんにとっての適切な室温とは

では、赤ちゃんにとって適切な室温とはどのくらいなのでしょうか?

季節において、気温に大きな変化がある「夏」と「冬」の時期についてご紹介させていただきます。

3-1.夏

赤ちゃん

夏はとても気温が高くなり暑くなります。

どうしても部屋は涼しくしたいので冷房などを強めに効かせ気味になりがちですが、外気との気温差が大きすぎるのもあまり良いことではありません。

部屋を涼しくしすぎると、赤ちゃんの免疫力を低下させてしまったり、夏を乗り切る体力が養われなかったりなどのデメリットもあります。

暑すぎず、寒すぎずのちょうど良い室温となるように心掛けましょう。

目安としては「5℃」の外気温差であることが好ましいとされています。

エアコンなどを使用する際は「26~28℃」くらいに設定してみるようにしましょう。

それでも暑く感じてしまう際は、窓を開けて風通しを良くするなどの工夫をしてみてください。

3-2.冬

冬

逆に冬は外気がとても寒くなります。

夏場同様にエアコン等で室温調整する際は、暖かくなりすぎないように注意してください。

「22~23℃」くらいに設定して様子を見てみるようにしましょう。

ストーブなどは排気ガスを出す仕様となっているため、空気をこもらせてしまうと危険です。

使用する際は空気の状況をこまめにチェックするようにしてください。

また、冬場においては着る衣類でも体温調整をすることが可能です。

体が温まりやすい服を着せてあげたり、お布団を掛けてあげるなどの工夫をしてみると良いでしょう。

 

赤ちゃんは室内で過ごすことが多いかと思います。

季節に応じて外気には大きな変化があると思いますが、室温に関しては常に適度な温度が保てるように心掛けてください。

暑すぎず、寒すぎず、となることがポイントとなります。

4.室温を整えるうえでの注意点

注意

室温を整えてあげる際の注意点をいくつか挙げていきます。

4-1.定期的に換気する

外気の侵入を防ぐため、部屋を閉めっきりにしてしまうと空気が悪くなってしまいます。

定期的に空気の入れ替えをし、換気するようにしましょう。

ストーブなどは排気ガスを放出するものもあるため、場合にとっては一酸化炭素中毒などの症状を発症する恐れもあります。

室温の状況をこまめにチェックし、早めに換気が行えるように心掛けましょう。

4-2.乾燥・湿度にも注意する

室内環境において他にも注意すべきことが「乾燥」と「湿気」です。

エアコンなどを使用する機会が多いと、部屋が乾燥したり、湿気が強くなったりすることがあります。

赤ちゃんにとって、快適な状況とは言い難くなるため、注意してみてください。

除湿機・加湿器などを使用して調節してあげると良いでしょう。

4-3.こまめに汗の処理をしてあげる

汗は体温を調節する役割を担ってくれます。

しかし、汗をかいたままの状態で放置してしまうと逆効果となることもあるので注意してください。

汗をかいて衣類が濡れていたりした場合はお着替えさせてあげるようにしましょう。

赤ちゃんは汗っかきなので、こまめに状態をチェックしてあげるようにしてください。

4-4.あまりエアコンなどに頼りすぎない

エアコンなどは室温を調節するうえでとても便利なアイテムとなりますが、赤ちゃん本来の体温調節機能の発達に影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

あくまで、赤ちゃんの発育を手助けしてあげるものとして捉え、頼りすぎてしまわぬようにすることをオススメします。

赤ちゃんの成長する力を信じてあげるようにしましょう。

4-5.お外で遊んであげることも忘れずに

室内が快適な状態であるからと、お外に連れて行ったあげる機会が減ってしまわないようにしてあげましょう。

赤ちゃんは外の世界でも多くの刺激を受けます。

たくさん外で遊んで、赤ちゃんの成長を促してあげましょう。

ただし、外気と室温の温度差が激しいと赤ちゃんが体調不良となってしまう要因ともなりかねないので注意してください。

5.適切な室温は病気の予防にもなる

赤ちゃん

体温調整が上手に出来ない状況になると、免疫力低下により風邪などの感染症を引き起こす可能性もあります。

適切な室温とし、体温調整が上手に行えれば、それらの病気となるリスクを軽減してあげることもできます。

赤ちゃんが一番過ごすであろう室内の環境を快適にしてあげることが、赤ちゃんの健康を良い状態に保ってあげるための第一歩目だとも言えるでしょう。

6.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんの感覚は大人と同様であるとは考えないようにしてみましょう。

自分が暑い・寒いと感じたから赤ちゃんも同じだ!というわけではないと思います。

そのときどきの赤ちゃんの様子から、暑いと感じているのか、寒いと感じているのか、快適だと感じているのかを察知してあげられるようにしましょう。

そのためには、日頃から赤ちゃんのことをよく観察してあげることが重要です。

赤ちゃんと積極的にコミュニケーション・スキンシップを取りながら過ごすようにしましょう。

赤ちゃんにとって快適な生活を送れるかはママ・パパの努力にかかっています。

赤ちゃんが生活しやすい環境を整えてあげ、今後の健やかな成長を見守ってあげましょうね。

 

関連記事として、

赤ちゃんの生活の基盤を作ろう!生活リズムを整えて健やかな成長をサポート!
赤ちゃんと一緒にお出かけしよう!外出する際に注意すべきこととは?
新生児はあせもができやすい?6つのあせも対策で赤ちゃんの肌を守ろう!
赤ちゃんを乾燥肌から守ってあげよう!実践したい4つの対策方法について!
新生児のお布団・まくら選び!最適な寝具を選ぶ3つのポイント!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。