必ず知っておこう!赤ちゃんに襲い掛かる突然死に要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

みなさん、「乳幼児突然死症候群(にゅうようじとつぜんししょうこうぐん)」という病気をご存知でしょうか?

その名の通り、さっきまで元気だった赤ちゃんがなんの前触れもなく急に亡くなってしまうという恐ろしい病気です。

この恐ろしい病気について、はたして、どれ程の人が詳しい認識をもっているでしょうか?

これからの赤ちゃんの健やかな成長の妨げとなる可能性があるのであれば、ママ・パパは必ず理解しておかなければいけません。

今回は赤ちゃんの「突然死」についてご説明させていただきます。

大切な赤ちゃんを守るため、しっかりと理解しておきましょう。

1.乳幼児突然死症候群とは?

赤ちゃん

SIDS(Sudden Infant Death Syndrome)と呼ばれ、これまで大きな病気にかかることもなく、健康に暮らしていた赤ちゃんが、眠っている間に突然呼吸が停止してしまい亡くなってしまう病気です。

生後2~6ヶ月の赤ちゃんに多く見られるそうです。

日本では約6000~7000人に1人の割合で発症すると言われています。

しかし、現状として発症の原因についてはまだ解明されていないそうです。

2.予防はできるの?

赤ちゃん

先ほども述べたように、この病気には予兆といえるものがありません。

明らかな原因も明かされていないことから、質の高い予防は難しいかもしれません。

しかし、近年は突然死におけるこのような研究結果が出ているそうです。

・早産の子、体重が少ないまま生まれてきた子、人工栄養を受けた子、に多い

・男の子に多い

・時期は冬の季節に多い

・時間帯は早朝から午前中にかけてが多い

・体制はうつぶせ寝のときに多い

・両親が喫煙している家庭の子に多い

・添い寝をしているときに多い

必ずしも原因であると言い切れるものではありませんが、注意してくべきことと言えるのではないでしょうか?

しかし、あくまでもこれまでの傾向の話であるため、あまり鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

これらを考慮しておくことで、発症リスクを抑えることができるかもしれない、と今後に期待しておきましょう。

3.できる限りの予防を

赤ちゃん

上記の踏まえながら、できる限りの予防を実施しましょう!

3-1.うつぶせの状態で寝かせることを控える

赤ちゃんがうつぶせの状態になって寝ているときに、乳幼児突然死症候群が多く発症する傾向が確認されているそうです。

よっぽどの理由がない場合は、極力仰向けの状態で寝かせてあげることをオススメします。

赤ちゃんの癖や、寝返りなどでうつぶせ寝になってしまうこともあるかと思うので、その際はそっと仰向けにしてあげるようにしましょう。

ただし、寝返りなどは自然と起こる現象なので、あまり気にかけすぎると赤ちゃんにとっても負担になりかねないので、注意しましょう。

危ないのは、赤ちゃんが一人で寝ているときのうつぶせ状態なので、赤ちゃんの側は離れないようにしてあげてください。

3-2.添い寝を控える

添い寝をするのはスキンシップや赤ちゃんを安心させてあげる意味でもよく行う行為かと思います。

しかし、睡眠中の無意識の行動が赤ちゃんに危険を及ぼしてしまう可能性があります。

たとえば、ママ・パパが寝ている最中に無意識に寝返りをうった際に、そのまま赤ちゃんの上に覆いかぶさってしまったら、頭部や胸部を圧迫してしまうことがあるかもしれません。

また、はいだ布団や毛布が赤ちゃんにかぶさってしまい、呼吸の妨げになってしまうこともあるかもしれません。

添い寝には乳幼児突然死症候群のリスクが潜んでいるかもしれないということを認識しておきましょう。

寝返りをうつことなく上手に睡眠できるのであれば、問題ないかと思いますが、誰しも眠っているときはどのような行動をとるかの予測はできないと思うので、極力赤ちゃんが小さいうちはベビーベッドに寝かせえてあげるなどしたほうが良いかもしれません。

3-3.母乳で育ててあげる

ミルクを中心とした育児の赤ちゃんよりも、母乳を中心とした育児の母乳育児の赤ちゃんの方が、乳幼児突然死症候群の発症率が少ないという統計がとれているそうです。

理由として考えられているのが、

・母乳による免疫力の向上
・あごや舌などの発達
・抱っこをする回数の増加

などが挙げられるそうです。

ただし、授乳育児が良い!ミルク育児が悪い!というわけではありません。

必ずしもミルクを中心とした育児で乳幼児突然死症候群が発症するものではないので、あくまで参考として捉えておきましょう。

母乳育児のメリットはほかにもありますので、できる範囲で母乳を飲ませてあげる意識でいいかと思います。

3-4.受動喫煙を避けさせる

特に両親がタバコを吸っている家庭は気をつけてください。

両親がタバコを吸っていると、タバコを吸っていない場合に比べて、約5倍近い発症率になるという統計がとれているそうです。

タバコを吸っている人の煙を、周りの人がしまうことを「受動喫煙」と言います。

この受動喫煙によって受ける悪影響が乳幼児突然死症候群のリスクを高めてしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

これは、身の回りの喫煙者の方にも協力してもらう必要があります。

赤ちゃんが受動喫煙をしてしまう環境を整えてあげることが大事です。

これらの予防法は、乳幼児突然死症候群のみならず、赤ちゃんの成長には必要なことと言えるでしょう。

赤ちゃんにとっての一番の育児が実践できるよう、日々、工夫と努力を積み重ねていく必要はあるのではないでしょうか?

4.心配な方はお医者さんや専門の方に相談を

医師

とにかく、乳幼児突然死症候群についてたくさんの情報を得ておくことが重要です。

いざというときに迅速に行動できるように、まずはしっかり勉強しましょう。

そのためには、そういった症状に詳しいお医者さんや専門の方に相談したり、話を聞いてみるのも一つの手でしょう。

赤ちゃんが安心して成長できるためには、そのような努力も必要不可欠と言えるのではないでしょうか?

5.最後に

赤ちゃん

ちょっとしたきっかけでもしかしたら赤ちゃんが亡くなってしまうかもしれない。

そのような恐ろしいことは、絶対に起きてはいけないと思います。

ただし、それほどまでに赤ちゃんの命はまだまだ小さいのです。

やはり、ママ・パパがしっかり守ってあげないと。

乳幼児突然死症候群はもしかしたら防ぐことが難しい病気かもしれません。

それでも、できるかぎりの予防をすること、そのような症状についてしっかり理解しておくこと、これらを忘れないようにしてください。

赤ちゃんにとっては、ママ・パパが一番の頼りなのです。

 

関連記事として、

赤ちゃんとの睡眠!添い寝のメリットとデメリットについて!
赤ちゃんが上手にうつぶせできるように!実践したいうつぶせ練習方法!
定期的な検診で赤ちゃんの健やかな成長を支えよう!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。