赤ちゃんが人見知りしてしまう理由とは?上手に向き合って人見知りの時期を乗り切ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん

赤ちゃんが成長するにつれて見受けられる現象の一つに「人見知り」があります。

久々に対面した人を前にして急に大泣きしだした。なんて場面に出くわしたことのある方も多いのではないでしょうか?

ママ・パパは赤ちゃんが人見知りしてしまう理由を理解しておいてあげる必要があると言えるでしょう。

今回は赤ちゃんの「人見知り」についてご説明させていただきます。

赤ちゃんが人見知りしてしまう理由を認識しておきましょう。

1.「人見知り」とは

thinker-28741_1280

人見知りとは、赤ちゃんや子どもが見知らぬ人と接する際に、恥ずかしがったり拒絶する現象のことを言うようです。

大人においてもコミュニケーションが苦手な様子として表現されることがありますが、主に赤ちゃんや子どもに対して用いられるようです。

人見知りは赤ちゃんの脳や目が発達することにより、ママ・パパと他の人を見分けて認識できるようになってきたことを意味しています。

成長の過程において、誰だって経験することになる現象であると言えるでしょう。

2.赤ちゃんの人見知りはいつ頃から?

赤ちゃん

赤ちゃんの人見知りは生後6~7ヶ月頃から始まるのが一般的なようです。

しかし、人見知りには赤ちゃんの心・身体の成長が関わっていると言われています。

成長のスピードには赤ちゃんそれぞれに個人差があるため、生後3ヶ月頃から始まる子もいれば、1歳を迎えることから始まる子もいるようです。

3.赤ちゃんの人見知りはいつまで?

赤ちゃん

人見知りは2~3歳を迎えるころになると落ち着いてくるケースが多いようです。

しかし、人見知りが始まった時期や、これまで過ごしてきた環境によって、人見知りが落ち着いてくる時期は変わってきます。

成長の具合によって人見知りが緩和される時期は変わってくるので、周りの子の様子と比べる必要はありません。

4.赤ちゃんが人見知りする理由

赤ちゃん

赤ちゃんが人見知りする理由は大きく2つ挙げることができます。

人見知りには、見知らぬ人に対して赤ちゃんが抱く感情が大きく関係しているようです。

4-1.不安感・恐怖心

この頃を迎える赤ちゃんは脳や視力が発達することで、顔を見てこの人が誰だと認識できるようになります。

普段から顔を合わせる機会の多いママ・パパとは違い、たまにしか顔を合わせる機会がない人に対しては「この人は誰なんだろう?」と戸惑ってしまい、不安を抱いてしまう傾向にあるようです。

4-2.興味・関心

人見知りは不安感や恐怖心からくるものだと考えられがちです。

しかし、赤ちゃんは他人に対して「近づいてみたい」といった興味も抱いているようです。

心が発達し始めている赤ちゃんにとって、この「近づいてみたいけど怖い」といった感情の葛藤が人見知りへと繋がっていると考えられています。

 

赤ちゃんの人見知りには、心の成長が関係しています。

赤ちゃんがいろんな感情を抱けるようになることで、心の感情を表に出すことができるようになってきた証しでもあると言えるでしょう。

5.人見知りを改善しよう

赤ちゃん

人見知りはいきなり改善されるものではありません。

赤ちゃんのペースを大切にしながら、徐々に慣れさせていくようにしましょう。

5-1.赤ちゃんに注目を集めすぎない

みんなで赤ちゃんに注目してしまうと、赤ちゃんの不安感を煽ってしまいかねません。

赤ちゃんのペースを大切にしてあげるため、あくまで周りも自然体でいてあげるように心掛けましょう。

5-2.ママ・パパはいつも通りに振る舞う

人見知りをしている赤ちゃんに対して過度に反応してしまうと、赤ちゃんは警戒心をもってしまうとも言われています。

ママ・パパは普段通りに振る舞い、赤ちゃんにもいつも通りの安心感を与えてあげましょう。

5-3.同年代の子が集まる場所に行く機会を作ってあげる

多くの人と接する機会が増えることで、赤ちゃんも人と関わることに慣れていきます。

特に、同じ年代の子と接することで、赤ちゃんの不安感や警戒心を緩和してあげる事ができると言われています。

5-4.ちょっとずつスキンシップを図る

赤ちゃんが落ち着いてきたら、優しく手と手をタッチしてみたり、ほっぺたに触れてあげたりしてみてください。

肌に触れてスキンシップを図ることで、赤ちゃんもより安心することができます。

5-5.人見知りをしている人について説明してあげる

赤ちゃんが大泣きしているその人のことを嫌がっていると思われがちですが、そうとも言い切れません。

人見知りは、その人に対して興味を示しているとも言えます。

接する人について、ママ・パパが優しく語りかけて説明してあげる事で、赤ちゃんの警戒心も徐々に解消されていきます。

 

人見知りが始まると赤ちゃんはママ以外の人に人見知りすることが多くなります。

人見知りは急に改善されるものでもないので、赤ちゃんのペースを考えながら時間をかけて対処していくようにしましょう。

6.赤ちゃんの人見知りとの向き合い方

赤ちゃん

基本的に赤ちゃんはママが大好きです。

長い時間一緒にいるママとだと、赤ちゃんも安心できるのだと思います。

人見知りする期間に入ってしまうとママにかかる負担は大きくなってしまうかもしれません。

赤ちゃんの人見知りと上手に向き合っていくためには、まずは赤ちゃんを支えてあげることができる環境を整えてあげる事が重要です。

そのためには、パパや周りの方の協力が必要であると言えるでしょう。

みんなで協力しながら赤ちゃんと接してあげる事で、人見知りの期間を上手に乗り越えていくことができるかと思います。

7.最後に

赤ちゃん

赤ちゃんが人見知りをし始めると、周りの方に気を遣わせてしまいそうですよね。

赤ちゃんはママといる時が一番安心していられるため、この時期はママにかかる負担も大きくなってしまうかもしれません。

赤ちゃんの成長の過程の中で、人見知りは誰しもが体験する現象です。

人見知りについて理解を深め、みんなで協力し合うことで、人見知りの時期を上手に乗り越えていくことができるかと思います。

人見知りは赤ちゃんの心と体の成長の証しでもあるので、けしてプレッシャーを与えてしまうようなことはしないであげてくださいね。

赤ちゃんの人見知りと上手に向き合い、今後の健やかな成長を見守ってあげてください。

 

関連記事として、

赤ちゃんがぐずってしまう理由とは?ぐずり泣きの対策方法について!
赤ちゃんと一緒にお出かけしよう!外出する際に注意すべきこととは?
赤ちゃんが泣きだす理由とは?なかなか泣き止まないときの対処方法について!
赤ちゃんの目が見え始める時期は?視力の発達において重要な事とは?
赤ちゃんの自閉症とはどのような症状?確認しておきたい5つの特徴!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。