気になる猫の口臭!原因をしっかり特定し、対策をしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫ちゃん

飼っているペットの口臭がきついと非常にショックですよね。可愛い顔しているのに、お口が臭い。。
日々歯磨きなどをして口臭ケアをしていても多くの人間が抱えている「口臭」。ペットは自分たちで歯が磨けないので口臭を引き起こしてしまう可能性は高く、お悩みの方は多いと言われています。

今回は「猫の口臭」について記事を書こうと思います。可愛い顔した愛猫ちゃんのお口が臭いと辛いですよね。

では猫の口臭の原因とその対策について説明していこうと思います。当記事を読んで、辛いニオイとおさらばしましょう。

1.猫の口臭の原因はなに?

対人関係において相手に対して一番不快と感じることは「口臭」と言われています。だからこそ人は日々歯を磨いたり、口臭ケアを怠りませんよね。そうすることで様々な原因からくる口臭を防いでいます。

では猫の口臭はどういったものがあるのでしょうか。

1−1.歯周病

基本的に人間と同様ですが、猫の口臭もほとんどが「口内環境の乱れ」からくるものと言われています。いわゆる「歯周病」が原因と言われることが多いです。

猫の口の中には様々な細菌が存在します。食べている餌などが歯の間に挟まり細菌がそれを餌に繁殖し歯垢となります。その歯垢がたまっていくことで歯石となり歯肉に炎症が起きやすくなり、歯周病となっていきます。

1−1−1.症状は?

歯周病の症状の確認方法としては、以下のようなものがあります。

・歯茎が赤かったり、血がでている。
・歯の色が黒、茶色っぽい
・歯茎が弱っていて歯がぐらぐらしている。
・食べるのが遅い

1−2.口内炎

人間と同様猫にも口内炎ができることがあります。これは解決方法など解明されておらず、特効薬がないと言われています。人間においても口内炎は非常に辛いですよね。それは猫も同様です。よだれが多くでたり、食事をとろうとしなかったりと様々な症状が出てきます。

原因は、上記であげた歯周病などから時もあったり、口の中を傷つけてしまいそこに細菌が入ったり、また病気から免疫力が落ちてしまい発症してしまうなど様々な可能性があげられます。また、日々の栄養バランスの乱れなどからも発症します。基本的には人間と似ていると思います。

1−2−1.症状は?

口内炎の症状は以下のようなものがあげられます。

・よだれをだらだらとたらしている。(血が混ざっていることもある)
・よだれによって口の周りが汚れている。
・食事を取らない
・口やのどのあたりを気にするように手で触ったりする

などがあります。

※注意点:猫の口内炎は人間の口内炎と症状は似ていても重大さが異なります。人間の場合は数日で治ることがほとんどですが、猫の場合長い間治らずに、そのまま食事を摂れなくなったり身体が弱まり死に至る場合もあります。放置すると完治するのが非常に大変な病です。口内炎かと簡単に考えずに早めに病院にかかることを推奨します。

1−3.老化

老化に伴い唾液の分泌量が減っていきます。唾液は殺菌作用がありますので、それが減っていくことで口の中は乾きやすくなり口臭を引き起こしやすくなります。

2.歯周病の予防や対策は何をするべき?

いくつかの原因を書いてきましたが、体調不良が口臭を引き起こしていることをご理解いただけたかと思います。その中でも基本的には、歯周病といった口内環境の乱れから口臭を引き起こすことが多いです。次にはその歯周病の対策、ケア方法について説明していこうと思います。日々のご家族の努力で愛猫の口臭を防ぐことができますよ!

2−1.食事を見直そう

可愛い愛猫には美味しい食事を与えたいという気持ちの方がほとんどだと思います。しかし、人間が毎日外食で美味しいものばっかり食べていても幸せですが身体には悪影響しかないですよね。猫も同様です。美味しい食事には添加物(着色料、香料、酸化防止剤、防腐剤など)が多く含まれている可能性があります。添加物が極力少ないものを選んであげましょう。そうすること体調不良や免疫力の低下を防ぎましょう。

また、現在ウエットフードを与えている方はドライフードに変えてみましょう。ウエットフードは柔らかいので歯の隙間などに挟まってしまうことが多くそのまま歯垢となりがちです。ドライフードだとそのような心配が少なくなります。ウエットフードのほうが餌をちゃんと与えているという意識になりがちですが、口内環境を考えるとドライフードのほうが最適でしょう。

2−2.歯のケアを行ってあげよう

人間が毎日歯を磨くように、猫も歯を磨いてあげることが大切です。しかし、毎日行うのは非常に大変ですし、性格によっては猫を抑えておくことも出来ないくらい荒々しい子も多く辛いです。よって歯ブラシを使って毎日磨ける状況の方は是非毎日続けてあげてください。厳しい方は、その他の歯ケア商品が売られておりそれを使用しながら週3日くらいはケアをしてあげられるとベストです。歯磨き用ウェットティッシュ、歯磨きスプレー、塗る歯磨きゼリー、歯磨きローションなど様々売られております。様々なものを試してみるのはいかがでしょうか。

2−3.歯石の除去(スケーリング)を行ってあげよう

すでに歯垢が積み重なり歯石となって歯に溜まってしまっている場合は除去をする必要があります。これは病院じゃないと出来ませんし、かつ全身麻酔をかけて行うため体力の老猫などは行えない可能性もあります。獣医さんにしっかり相談しながら進めていきましょう。

日々の歯垢の除去、歯垢をつけないことが非常に大切になってきます。歯石となってしまわぬ前にケアをしてあげることが大切ですね。

2−4.重大な病を抱えていないか確認をしよう

様々な病を抱えていて、免疫力が下がり歯周病になっている可能性が有り得なくないです。実際にウチが飼っていた猫は小さい時から少し口臭が気になっていましたが、後々調べてみると「猫白血病と猫エイズ」を持っていました。口臭がただの口臭だけと決めつけずに、大きい視点を持って愛猫を見てあげてください。異変が起きてからでは遅い可能性もあります。日々よく観察し、少しの異変があれば病院へ連れいくことを心がけましょう。また定期的な検診も重要です。

3.最後に

今回は猫の口臭の原因と対策について説明してきました。やはり歯周病からくる口臭がほとんどで日々の歯のケアができていないことが原因であることが多いです。よって食生活や歯のケアをしっかり見直しましょう。

また、それらを改善しても口臭が治らない場合は「重大な病」を秘めている可能性もあります。日々よく観察し異変に気付いてあげましょう。気になったことがあったら一人で悩まずに獣医さんに診てもらうことが大切です。

私が昔飼っていた猫は生まれつき猫白血病と猫エイズを両方もっていました。(気付いたのは1歳半くらいの時)
今振り返ると小さい時から歯ぐきが赤く腫れていて、歯周病で口臭を引き起こしていました。ウエットフードをあげているかなと思って食事の見直しなどを行ってきましたが治ることはありませんでした。やはり病気で免疫力が下がっていたんですね。。手のひらサイズの時から風邪を引きやすく心配はしていましたが、やはり結果として病気が発覚しました。

やはりペットは大切な家族だと思います。のちのち後悔をしないためにも日々よく観察してあげましょう。ただあまり心配しすぎていてもしょうがないです。こういった知識を知っておくことが非常に大切だと思います。

是非様々な観点から口臭のケアをし、愛猫ちゃんの健康な状態で育ててあげましょう!

 

関連記事として、

猫の嘔吐は生理現象!しかしその嘔吐が病気のサインかも!

猫の去勢や避妊はすべきなのか!?メリットとデメリットを知ろう!

猫の便秘。病気の可能性も?7つの原因と5つの対策を知ろう!

猫の鼻水やくしゃみ。7つの原因を知り、予防しよう!

猫の目やには病気のサイン?色や量など様々な特徴から判断しよう!

猫にひっそり寄生するノミやダニの危険について

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。