目が充血してしまう原因とは?充血と関連のある病気もあるので注意しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目

朝起きたら目が真っ赤でびっくりする経験をしたことある方はたくさんいらっしゃると思います。

目が充血する原因は複数考えられます。

充血の仕方や痛みの伴い方などによっては病気の可能性もありますが、ちょっとしたことからも目が充血するためその見極めが非常に重要になります。

ご自身で判断するのが危険な場合もあるので、そういった場合はすぐに医師に相談することが一番です。

今回は目の充血の原因や対策についてまとめていきたいと思います。

1.目の充血の種類

目

目における充血とは、白目の部分の血管が膨張することによって赤く見える症状のことを言います。

血管が浮かび上がって見えることもあります。

ウィルス感染や炎症によってたくさんの血液を必要とする際に多く見受けられるようです。

充血には2種類あるとされています。

それぞれの特徴を把握しておきましょう。

1-1.結膜充血

「結膜」と呼ばれる部分の血液の量が増えることで血管が太くなり、白目やまぶたの裏側が赤く見えるのが結膜充血です。

目やにや涙を伴うことがあります。

特に白目の部分が赤く染まります。

1-2.毛様充血

角膜に近い位置から赤く染まっていき、角膜から離れるほど赤みが薄れていくのが毛様充血の特徴です。

目やにの発症は見られず、まぶたの裏側も充血はしません。

2.「結膜下出血」について

充血に似た症状として「結膜下出血」があります。

こちらの症状は結膜下部分の毛細血管が破裂して出血した状態です。

破裂した毛細血管がある白目部分が出血で滲んだようになります。

飲酒をしたときや外傷を負ってしまったときなど、発症の原因は多々考えられており、良く見受けられる症状のようです。

白目部分が赤く染まることで充血していると勘違いしやすいですが、症状は別物あるということを覚えておきましょう。

微量ながらも出血を起こしているため、症状がなかなか改善されない場合は注意が必要となります。

3.充血が起きる原因

パソコン

ここでは目が充血してしまう原因について挙げていきます。

3-1.「疲労」によるもの

目を活動されるためには多くの血液を必要とします。

目を酷使すると、それだけ血液が血管を拡張することとなるため、充血の状態を発症します。

また、集中しているときなどは「まばたき」の回数が無意識的に少なくなっていることもあり、より目が疲れやすく充血しやすい状態となってしまいます。

3-2.「乾燥」によるもの

目が乾燥すると、角膜の外側を傷つけて炎症を起こすことがあります。

その炎症によっても、充血は引き起こされてしまうと考えられます。

体調不良のときなどは、涙の量が減ってしまうこともあり、より乾燥してしまう可能性があります。

3-3.「ストレス」にようもの

ストレスは自律神経の乱れに繋がります。

自律神経が乱れると、血流が悪くなったり、涙の量が減るなどの症状が起こりやすくなります。

目が傷つきやすくなるうえに、目におけるストレスが新たなストレスを生み出してしまうといった悪循環にも繋がってしまいます。

3-4.「アレルギー反応」によるもの

アレルギー性結膜炎などといったアレルギー反応を起こすことによっても目が充血してしまうことがあるようです。

主な例としては「花粉症」を挙げることが出来ます。

目に見えないアレルギー性の物質は気をつけていても防ぎきることが難しいとされています。

3-5.「紫外線」によるもの

強い日差しなどからうける「紫外線」によっても目は炎症を起こしてしまいます。

紫外線によるダメージはすぐに症状が見受けられるわけではなく、後々充血といった形で現れてくることが多いようです。

3-6.「異物混入」によるもの

ホコリやチリといった異物が目に入ってしまうことで、炎症や乾燥を引き起こしてしまう場合もあります。

微粒子のものであれば、かゆみや違和感を伴うこともあります。

硬い固形物などが目に入ってしまった場合は、外傷による出血を伴ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

3-7.矯正器具の不適合によるもの

視力の矯正としてメガネやコンタクトレンズを使用される方もいらっしゃるかと思います。

矯正具合が不適切な状態であると、目の疲れなどを引き起こす原因となります。

コンタクトレンズによるドライアイなども充血の原因となり得ます。

3-8.「化粧」によるもの

目元をメイクすることもあるかと思います。

まぶたの内側には涙が蒸発しないように油を出している「マイボーム腺」と呼ばれる腺があります。

メイクによってこの腺を塞いでしまうと、油分の分泌量が減ってしまい、乾燥を生み出してしまうこともあります。

目に異物が混入してしまう可能性も十分に考えられます。

4.充血の解消方法

景色

目の充血が気になる方は解消されるための取り組みを実践していきましょう。

以下に主な例を挙げるので、参考にしてみてください。

4-1.目を休める

まずは目をしっかりと休ませてあげるようにしてください。

酷使して膨張した血管をもとの状態に戻してあげる必要があります。

遠くの景色を見たり、まぶたを閉じるなどしてみてください。

4-2.「目薬」を使用する

目薬で目に潤いを与えてあげるのも一つの手です。

手軽に乾燥を解消することが出来るアイテムです。

使用の際は自身の目の症状に適したものを使用するようにしてください。

目に違和感を感じるようであれば、使用を控えるようにしましょう。

4-3.目元を温めたり冷やしたりする

温めたり冷やしたりを繰り返すと、血管の伸縮が見込めます。

血流が良くなることで、疲れなどの症状の解消に繋がります。

温かいタオルと冷たいタオルと交互に当てるなどして実践してみてください。

4-4.加湿による乾燥の解消

普段過ごしている環境が乾燥していると、目も乾燥してしまいがちです。

室内においては加湿器で加湿するなどして湿度を高めましょう。

5.充血を予防するためには

目薬

未然に充血を防ぐため、日頃から気をつけておくべきことを以下に挙げます。

5-1.定期的に目を休める

集中しているときなどは、知らず知らずのうちに目を酷使してしまっているものです。

特にパソコン、スマートフォン、ゲームなどといった液晶を見続けていると、光の影響や小さな文字を読もうとすることで目が

疲れていきます。

「見続けている」と感じた際は、一度視線を外して違う景色、風景を見るようにしてリフレッシュさせてあげてください。

5-2.乾燥を防ぐ

乾燥は充血の原因となり得るので、目の乾燥を軽減する取り組みを行いましょう。

・こまめに目薬をさす
・湿度を高める
・意識的にまばたきをする など

5-3.こまめに洗眼する

目も洗ってあげることが大切です。

異物の混入などで汚れてしまった目をこまめに洗ってあげるようにしましょう。

洗う際は強く擦って目を傷つけてしまわないようにしましょう。

5-4.サングラスなどで紫外線を防ぐ

特に外出時などは紫外線の影響を強く受けてしまいかねません。

サングラスや帽子などを使用して、直接的に目に紫外線を受ける機会を減らしてあげるようにしてください。

5-5.ストレスを溜め込まない

ストレスも目の充血の原因となり得ます。

体を動かしたり、趣味の時間を増やしたりするなどし、リフレッシュできる時間を設けるようにしましょう。

5-6.適切な視力矯正を行う

不適切な矯正器具を使用していると、目にとっては逆効果となってしまうこともあります。

特にコンタクトレンズは直接目に触れてくるものでもあるため、正しい使用方法を理解しておく必要があります。

矯正していても見えにくかったりした場合は、調節を行うようにしてください。

5-7.メイクはしっかりと落とす

メイクをした場合は、そのあとしっかりと落とすことを心掛けてください。

メイクが残っていたり、メイクしたまま寝てしまったりすると目にとっては危険な状態であるということを認識しておきましょう。

6.充血に関する注意すべき症状

病気

目が充血する際は、他の症状を併発する可能性もあります。

症状によっては危険信号である場合もあるため、注意してください。

6-1.強いかゆみがある

かゆみを伴う場合は、アレルギーが影響している可能性があります。

アレルギー反応は悪い影響から体を守ろうとしている証拠でもありますが、その反応が強く出すぎてしまうとかゆみなどといった形で現れるようです。

「アレルギー性結膜炎」となってしまった場合、白内障や網膜剥離などを引き起こす可能性もあるので注意してください。

6-2.痛みがある

痛みは目から発せられる危険信号の可能性があります。

病気の場合もあるので注意しましょう。

主な病気の例として、

・強膜炎
・角膜炎
・結膜異物
・麦粒腫
・球後視神経炎

が挙げられます。

症状が重症化してしまうとより重度な病気になってしまう可能性もあるため、目が痛いと感じた際は早めに眼科で受診するようにしてください。

6-3.見えにくい・見えない

目の見えにくさを訴える方の多くは角膜の障害や目が硬くなるといった症状が発症している可能性があり、充血も伴うと言われています。

充血の有無に問わず、見えにくさを感じた際は目に何かしらの不調がある証拠なので、注意するようにしてください。

7.目に不調を感じたら眼科へ

目が充血している際は、場合によっては何らかの病気を発症している可能性もあります。

自己判断のみで対処してしまうのは危険な場合もあります。

充血を解消する取り組みを行っていても、なかなか改善されなかったり、長期的に充血が続いているような場合は、早めに病院へ行って診察してもらうことをオススメします。

対処に問題があると、視力が低下してしまったり、最悪の場合は失明となってしまうこともあり得ます。

目に不安を感じるようであれば、重症となってしまう前に病院に行ってみるようにしましょう。

8.最後に

今回は目の充血についてまとめました。

目の充血で悩まされている方も多いかと思いますが、誰にでも起こり得る身近な症状の一つです。

まずはご自身の目が充血している原因を特定し、適切な対処をするようにしましょう。

原因を知ることで、あらかじめ予防しておくことも可能かと思います。

病気の可能性が疑われる場合は、早めに病院へ行くように心掛けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。