玄米でダイエット!効果的に行うために知るべき10のこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玄米

ダイエットしたいが中々続かないというお悩みの方は非常に多いです。
その理由として、ダイエットで一番大切なことは「継続」だからです。新たに始めた運動や食事制限などは非常に辛いものです。これまで怠惰な生活をしてきたからこそ太ってきており、その怠惰な生活から抜けるのは至難の技といっても良いでしょう。

そんな中で「継続しやすく、かつ簡単なダイエット」として、「玄米」でのダイエットがあげられます。
白米ではなく、玄米を主食とすることで得られるダイエット効果や身体への影響を知り是非挑戦してみましょう。

1.玄米とは?

むぎ

まず、玄米とは何かご存知でしょうか。最近レストランなどでも玄米か白米選べますよと言った声を聞くことも多いので耳にしたことはあると思います。

「玄米」は、籾米(もみごめ)から籾殻(もみがら)のみを取り除いたもので、そこからさらに糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除いたものが「白米」となります。ここで取り除いてしまっているものに実はものスゴイ栄養素が含まれています。玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維など非常に栄養素がたっぷりなのです。

では様々な栄養を取り除き「白米」にしてしまうのかというと、それはやはり白米が一番美味しいからでしょう。
だからといって「玄米」が美味しくないわけではありません。是非毛嫌いせずに食べてみましょう。

 

2.玄米ダイエットの長所とは?

玄米が白米よりも栄養素が高いとわかったと思います。では玄米を主食とすることがどうダイエットにつながるのかについて以下で説明していきます。

2−1.咀嚼回数が増える

咀嚼

玄米は白米に比べて「硬い」です。よって自然と咀嚼回数が増えます。

よく太りやすい人の食事を見ると食べるのが非常に早いですよね。それは食べ物を全然噛まずに食べている証拠です。
咀嚼回数が多ければ多いほど「満腹感」を得られやすくなります。よって玄米を主食とすることで、全体の食事量が自然と減っていきます。

2−2.便通が良くなる

上記でも記載した通り、玄米は非常に多くの食物繊維を含んでいます。食物繊維は便通を良くし、老廃物の排出をより促してくれます。

2−3.血糖値の上昇を抑える

玄米を取っても血糖値の上昇がそれほどなく、インシュリンを分泌しません。脂肪分解の妨げをするインシュリンの分泌が減ることで脂肪を分解しやすくなり代謝が良くなります。

 

3.玄米ダイエットの短所・注意点とは?

玄米ダイエットの長所を理解していただけたところで、良いことづくしじゃないかと思われた方も多いと思います。しかし、以下の短所や注意点をよく理解した上で臨みましょう。

3−1.消化不良やお腹の調子が悪くなることも

トイレット

食物繊維が非常に多く含まれているため、便通がよくなるという長所をあげました。
しかし、もともとお腹が弱い方や胃の調子の悪い方はお腹が痛くなったり、消化不良を起こすこともあります。

3−2.貧血気味になる場合がある

玄米には「フィチン」というものが含まれます。これには体内に必要なミネラル分を体外に排出する働きをすると言われています。ミネラル不足になると貧血やむくみなどの影響がでることがあります。

3−3.白米とカロリーはほぼ変わらない

玄米はダイエットに効果的と聞いて白米よりカロリーが低いんだろうと思われる方が多いです。
しかし、それは間違いです。白米と玄米のカロリー差はほとんどありません。

 

4.いざ玄米ダイエットをしてみよう!

玄米ダイエットの長所と短所をご理解いただけたかと思います。ではここからは玄米ダイエットを続けていくために以下のことをためしてみましょう。

4−1.白米と玄米を混ぜて食べてみよう!

いざ玄米ダイエットを始めようとして最初から主食を全て玄米に変えてしまっても長続きしません。
いつも真っ白なほかほかの白いごはんを食べてきた人たちにとって、いきなり茶色の固そうなごはんを主食にしても気持ちが萎えてしまいます。

まずは、白米と玄米を混ぜて食べてみて少しずつ玄米の食感や味になれて行きましょう。
「白米:玄米 = 2:1」程度を目安に食べましょう。

どうしても玄米に慣れないという方は「発芽玄米」もタメしてみましょう。発芽玄米は、玄米を少し発芽させたもので、固さが少し和らぎます。

4−2.3食のうち1食を玄米にしてみよう!

玄米の固さや味に慣れてきたら、3食のうちの1食を玄米にしましょう。それだけでも十分効果は得られますし、あとは体調と相談しながら増減していきましょう。

4−3.バランスの良い食事を心がけよう!

玄米をメインとしていくことで、咀嚼量が増えて以前よりも満腹感が得られることが早くなります。よって玄米だけを食べて他のものを食べなくなりがちです。そうならないためにも、その他の野菜やお肉などを取りつつ玄米を食べましょう。そして全体の食べる量が減っていくことを得に意識して食事をしていきましょう。

5.最後に

ダイエット

冒頭にも申し上げましたが、どのようにダイエットするにしても一番大切なのは間違い無く「継続」です。今回説明した玄米ダイエットは身体にも良く、非常に続けやすいダイエットであることがお分かりいただけたかと思います。ただ、玄米ダイエットのような食事制限のダイエットは効果がでるまで時間がかかります。より痩せやすい身体をつくるための運動などもしてみると健康にも良くダイエット効果がでるでしょう。
そして、玄米ダイエットは長所も短所もあります。よく理解して体調と相談しながら続けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。