アプローチ上達法!苦手を得意に変える5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプローチとボール

グリーンまで10ヤードから20ヤードくらいのアプローチショットに苦手意識を持たれている方はかなり多いのではないでしょうか?

本日はそんな悩みをお持ちの方に、少し意識して練習すれば苦手から得意分野に入ってしまう程劇的に改善する、素晴らしい解決法をご紹介したいと思います。

ミスショットの原因

まず、アプローチショットにおいて、ミスショットと呼ばれるものは以下の2つしかありません。

  • ダフり(ボールの手前にクラブが入ってしまい、ボールが飛ばない)
  • トップ(ボールの真ん中より上の方にクラブが当たってしまい、飛びすぎる)

ここでは、上記2つのミスショットがなぜ起こるのか原因を詳しく書いていきます。原因をしっかりと理解することで、簡単に修正することができます。

ダフりの原因

ダフリの原因は、大きく2つあげられます。

右肩が下がる

アプローチはピンに寄せなければならないショットなので、どうしても、自分が打ったボールの行方が気になってしまいます。
結果、打つ瞬間にピンを見てしまい、左肩があがり、右肩が下がってクラブが地面に突っ込んでしまいます。

ボールの行方は気になりますが、打った後もボールのあった場所を見ているくらいの心構えで打ちましょう。

グリップの位置

距離が短いアプローチショットの場合、いつも通りのグリップ位置でクラブを握るとミスが多くなってしまいます。
基本的にクラブヘッドが自分に近ければ近いほど、ショットの方向性や成功率は上がります。

短いアプローチショットのグリップでは、右手がシャフトのぎりぎりにくるように握りましょう。

トップの原因

トップの原因は大きく1つあげられます。

膝が伸びる又は顔が上がる

インパクトの瞬間に膝がピーンと伸びてしまう方や、ボールの行方が気になり顔が上がってしまう方が多く見られます。
これは、通常のショットでも言えることですが、膝が伸びたり、顔が上がってしまうと、絶対にトップになってしまうので、特にアプローチショットでは気を付けて打ちましょう。

 

また、下記はダフりとトップの両方に当てはまる上、やっている人が多いので、心当たりのある方は、治しましょう。

打ち方(バックスイングが極端に大きい又は小さい)

初心者によく見られますが、距離の短いアプローチショットにおいて、バックスイングを大きくとり、ダウンスイングで力を加減して距離を合せようとする(逆も多いです)方がいます。
この打ち方は非常に安定性に欠けていますので、できればすぐにでも改善した方が良いです。

10ヤードから20ヤード程度のアプローチショットは振り子打法が望ましいでしょう。右腕・左腕・自分の体で作る三角形を崩さないように意識して、クラブヘッドの重さでボールに当てる感覚です。
また、この時のバックスイングは腰の位置を超えないように気を付けて下さい。
そして、練習場でこの振り子打法の距離を把握しておくことも大切です。(腰の位置まであげたら何ヤード、膝の位置なら何ヤードといった感じです)

なぜ振り子打法が望ましいのか、ご説明しましょう。クラブをあなたの手に例えてみましょう。

20ヤード先のピンに寄せる時に上から投げますか?それとも下から投げますか?

恐らくほとんどの方が下投げを想像したんじゃないでしょうか。
なぜなら下投げの方が圧倒的に簡単に寄せることができるからです。

クラブを使う場合、力を入れたショットは上から投げたような球筋になります。逆に振り子打法でクラブヘッドの重さだけで打った場合下から投げたような球筋になります。

アプローチショットにおいての、振り子打法の重要さが理解頂けたかと思います。

 

アプローチのコツ

ミスの原因、改善方法が分かったところで、次は、アプローチでさらにピンに寄せる方法を書いていこうと思います。

この方法を実践し、打つ前に少し考えるだけで、1パットの回数が劇的に多くなることは間違いないでしょう。

さて、実際にその方法ですが、難しいことは1つもありません。打つ前に「アプローチショットのボール軌道を想像する」だけでいいんです。

「なんだよ、そんなことやってるよ!」と思われた方も多いんじゃないでしょうか。
しかし、実際にはできているようで、できていない方がほとんどだと思います。

下記にアプローチショットをする前に考えることを順番にリストアップしますので、見てみて下さい。

  1. ボールのライを確認し、どんなショットを打つか決める(低めで転がすのか、高めで止めるのか)
  2. グリーンのどの位置にボールを落とすのか決める
  3. ボールの落とす位置からピンまでのラインを読む
  4. 実際のショットでボールがどのようにピンに寄っていくのかを頭の中で忠実にイメージする
  5. イメージ通りのショットを打つ

上記4のイメージがアプローチショットにおいて、非常に重要です。

これが「大体こうだろ」というテキトウなイメージだと、スイング中に「本当に大丈夫か?!」などの考えが頭の中を巡ってしまい、結果ミスショットに繋がっていきます。

また、5の「イメージ通りのショットを打つ」は、本記事の打ち方に書いたように振り子打法を用いて、練習場などで、自分のショットの距離感を掴めば難しくはないはずです。

 

以上、アプローチのミスショットの原因・改善策からコツまでご紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか。「こんなの嘘だ!」と思った方も、是非一度騙されたと思って実践してみて下さい。

確実にスコアは良くなりますよ!

 

関連記事として、

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。