シャフトの正しい選び方。リシャフトで重要な4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
golf-shaft

ある程度ゴルフが上手になってくると、やはりもっと自分に合ったクラブを買いたくなってきますよね?

また、今使っているクラブだと、「ボールが全然上がらない」とか「スライスが出やすい」ですとか、色々な悩みがあると思います。

しかし、自分に合ったクラブや上記の悩みなどは、一概にクラブヘッドだけのせいではないのです。

実は、安定した打球を打つ上で、ヘッド以上に重要なのが「シャフト」なんです。(シャフトとは、クラブの棒の部分のことです)

シャフトの選び方で、打球を少し上げたり、曲がりにくくすることができます。

そこで、本日はシャフトの適切な選び方を、シャフトの「硬さ」・「重さ」・「調子」・「トルク」の4つのポイントからご紹介したいと思います。

まずは、シャフトに関して、簡単にご説明しましょう。

シャフトには、大きく分けて「カーボンシャフト」と「スチールシャフト」があります。

例外もありますが、カーボンシャフトはしなりを使ってより遠くへ飛ばす為、主にドライバーに使用されます。そしてスチールシャフトはカーボンより重量があり、正確さを出す為、主にアイアンに使用されます。ただ、初心者の方や、ヘッドスピードがあまりない方はアイアンもカーボンシャフトを使います。

ちなみに、初心者の方が上級者の方のクラブを使うのが難しいと言われるのは、クラブヘッドよりもシャフトが関係しています。ヘッドスピードが少ない頃に硬いスチールシャフトを振ると、全くしなりが出ず、まるで鉄の棒で打っているような感覚になると思います。

本日はよりセッティングが繊細なカーボンシャフトについてご紹介していきます。

1. シャフトの硬さ

まずは、シャフトの硬さについてご説明していきます。ちなみに、シャフトの硬さのことを「フレックス」とも呼びます。

早速ですが、シャフトの硬さは基本的に次のようになっております。

「L」<「A」<「R」<「SR」<「S」<「X」

「L」が一番柔らかく「X」が一番硬いです。

これ以外にも「SX」や「XX」などもありますが、代表的なのは上記した6つの硬さです。

また、これらの表記は元々統一された算定基準がないため、同じ「S」のシャフトでも、メーカーが違うと若干硬さにずれがあります。

なので、このアルファベットの表記はあくまでも参考程度として覚えておくくらいで良いと思います。

シャフトの硬さを理解したところで、次に自分に合った硬さの選び方をご紹介します。

1-1. スイングのテンポ

自身のスイングスタイルとシャフトの硬さのマッチングはかなり重要です。

結論から言いますと、スイングのテンポがゆったりとした方は柔らかいシャフトが良く、スイングのテンポが早い方は硬めのシャフトが良いとされております。

下記にそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

1-1-1. 柔らかいシャフトについて

メリット

  • 自身のパワー・ヘッドスピードではなく、シャフト自体のしなりを使って飛ばせる
  • 高い弾道の打球が打ちやすい

デメリット

  • タイミングがずれると超高弾道打球やどフックになりやすい
  • スイングのテンポが早くなると、ヘッドが安定せずコントロール性に欠ける

1-1-2. 硬いシャフトについて

メリット

  • 速いヘッドスピードやテンポで振ってもヘッドが安定して打球をコントロールできる
  • 低弾道で良く転がる打球が打てる

デメリット

  • トップ(クラブを振り上げた際の一番上の位置)でのためがないので打ち急ぎやすい
  • 高い打球を打ちにくい

それぞれのシャフトのメリット・デメリットを簡単にご紹介しました。実際はもっと様々な事柄が挙げられますが、最低でも上記の事柄は理解しておきたい所です。

1-2. ヘッドスピード

次にシャフトの硬さ選ぶ際の目安となる自身のヘッドスピードについてご説明します。

下記にヘッドスピードとその相性の良いシャフトの硬さを挙げますので参考にしてください。

  • 28 〜 34m/s ・・・ 「L」
  • 32 〜 38m/s ・・・ 「A」
  • 38 〜 46m/s ・・・ 「R」
  • 42 〜 50m/s ・・・ 「S」
  • 46 〜 52m/s ・・・ 「X」

上記が大体の目安となります。

ただ、これはあくまでも目安ですので、「1-1. スイングのテンポ」もチェックしましょう。ヘッドスピードがあまりない方でもスイングのテンポが速ければ上記の目安より少し硬めの方が良い場合もあります。

1-3. 弾道

3つ目のポイントは自身の弾道です。

前記しましたが、基本的に硬いシャフトは低弾道の打球で、柔らかいシャフトは高弾道の打球が出やすいです。

なので、現在の自身が使っているクラブのシャフトの硬さと自身の弾道を見て、高すぎるようなら少し硬めにしてあげたり、低すぎるようなら柔らかめのシャフトにしてあげましょう。

以上がシャフトの硬さの選び方のポイントです。次にシャフトの重量に関して見ていきたいと思います。

2. シャフトの重さ

シャフトの重さを選ぶ際に見るのは自身のヘッドスピードです。

下記にヘッドスピードと重さの関係を挙げますので参考にしてください。

  • 38 〜 40m/s ・・・ 「35 〜 40g」
  • 40 〜 42m/s ・・・ 「40 〜 50g」
  • 42 〜 45m/s ・・・ 「50 〜 60g」
  • 45 〜 48m/s ・・・ 「60 〜 70g」
  • 48 〜 54m/s ・・・ 「70 〜 85g」

大体の相性を上記しましたが、この数値もあくまで目安です。

シャフトの重さは、「振り切れる範囲で一番重い物」が良いとされています。ですので、それぞれのシャフトを試打して自身に合ったシャフト重量を見つけると良いでしょう。

注意点としては、シャフトが軽すぎると手打ちになりやすくなるのと、重すぎると振り切れないのでヘッドスピードが落ちてしまいボールが飛びません。

この2点に注意して選びましょう。

3. シャフトの調子

次にシャフトの調子(キックポイントとも言います)について解説していきます。

多くのゴルファーがシャフトの硬さや重さは重視しますが、この調子が軽視されがちだと思います。「自分のスイングに相性の良い硬さ・重さを選んでるはずなのに!」と感じている方は、調子に関しても見てあげてください。
硬さ・重さがピッタリ合っていても、調子が極端にズレていれば、もちろん思ったような打球は出にくくなってしまいます。

調子というのは、シャフトで一番しなる部分のことです。

また、調子の種類は下記の3つに分けられます。

  • 元調子・・・シャフトのグリップ側がしなりやすい
  • 先調子・・・シャフトのヘッド側がしなりやすい
  • 中調子・・・元調子と先調子の中間くらい

では、それぞれの特徴を解説していきます。

3-1. 元調子

特徴としては、下記が挙げられます。

  • 打球が上がりにくく低弾道になりやすい
  • スライスしやすくなる(つかまりにくい)
  • ヘッド付近が動きにくいため、安定したスイングになる
  • スピン量を抑えてくれる

元調子のシャフトは切り返しの時に自然とためを作ってくれるので、ためのないゴルファーにとってはタイミングを取りやすくなるでしょう。
また、ボールがつかまりにくくなりますので、つかまりすぎてフックが出やすい方には向いていると思います。

3-2. 先調子

特徴としては、下記が挙げられます。

  • 打球が上がりやすい
  • フックしやすくなる(つかまりやすい)
  • ヘッド付近が動くため、スイングが速い方にとってはブレやすい

ためがしっかり作れていてしなりで打っている方は先調子のシャフトが合っていると言えます。
また、ボールがつかまりやすいため、すでにつかまりすぎてフック気味の方は避けた方が良いかもしれません。

3-3. 中調子

中調子に関しては、先ほどの2つのシャフトの中間設定と考えて頂いて結構だと思います。

なので、あまりどちらにも寄っていない方は、中調子のシャフトを選びましょう。

4. トルク

最後にトルクについて簡単にご紹介します。

一般的にシャフトを選ぶ際は、前述した「硬さ」・「重さ」・「調子」を重視すれば良いと思います。なので、もうちょっと食い込んでみようと思った方や、知識として取り入れたい方はこのトルクについてもご覧下さい。

トルクとは、シャフトのねじれ度合いを表しています。よくねじれるシャフトをトルクの大きいシャフト、ねじれにくいシャフトをトルクの小さいシャフトと言います。

下記にそれぞれの簡単な特徴を挙げます。

4-1. トルクの大きいシャフト

トルクの大きいシャフトは、スイング中にフェースの向きに狂いが生じます。狂いが生じると書くと、物凄くデメリットに聞こえますが、元々スイングの安定していない方や、初心者にとってはこの狂いが逆に助けてくれます。
少し分かりづらいのですが、例えば、スイングにミスがあってもそれをシャフト自体がねじれて正常に持っていっているという感覚です。

4-2. トルクの小さいシャフト

トルクの小さいシャフトは、自身のスイングに忠実なシャフトと言えます。良い面は、スイングのコントロール性は抜群ですし、フック・スライスの打ち分けにも適しています。しかし悪い面としては、ミスに厳しいシャフトです。ねじれがないため、スイングのミスがそのままボールに伝わってしまいます。
なので、一概には言えませんが、トルクの小さいシャフトの方が上級者向けだと思います。

ただ、先程も書きましたが、他の3つの項目に比べてトルクを重視する必要はないと思いますので、まずは、「硬さ」・「重さ」・「調子」の3つの項目について、相性の良いものを突き詰めましょう。

 

以上、本日はシャフトについて書きましたが、如何でしょうか。初心者にはかなり軽視されがちなシャフトですが、実際ゴルフクラブのパーツの中では最も重要だと思いますので、少し気を使って選んでみましょう。
自分にあったシャフトを使うだけで、本当に振りやすくなりますし、球筋も変わってきます。そして何よりスコアも見違えるようになります。

 

関連記事として、

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。