シャンクって何故出るの?原因と対策の3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイアンショット

ゴルフをある程度やっている方であれば必ず一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「シャンク」。ゴルフのミスの中でもかなり致命的なミスの一つではないでしょうか。

そもそもシャンクとは何故起こるのか、そして、どのようにして直せば良いのか、原因と改善方法をご紹介します。

シャンクは必ず直せます。この記事を読んで、是非実践してみて下さい。

1. シャンクとは何か?

まずはシャンクとはどういったミスなのかを簡単に説明しましょう。

シャンクとは、インパクトの際にクラブのシャフト部分(付け根)でボールを打ってしまい、ボールが右前方に飛んでしまうミスです。
特にアプローチショット時に起こりやすいミスで、グリーンを右回りで回るとは良く言ったものです。

さらに、シャンクが何故致命的なのかと言いますと、一度出ると出やすくなってしまうからです。
これは、スイング軌道の問題もありますが、「またシャンクが出るんじゃないか。。。」という精神的な部分も非常に大きいです。

2. 何故シャンクが起きてしまうのか?

早速ですが、何故シャンクが起きてしまうのかをご説明しましょう。原因をしっかりと理解すれば、直すのも簡単です。

  1. アウトサイドインのスイング
  2. アドレス時にボールから遠い
  3. インパクト時の腰の移動

以上がシャンクの原因です。

それでは、一つずつ解説しましょう。

2-1. アウトサイドインのスイング

アウトサイドインのスイングとは、テイクバックでクラブを外側に引き、クラブがボールに対してカット気味にあたってしまうスイングのことです。

この軌道だとクラブのシャフト側(付け根)からボールに入る為、シャンクになりやすいです。
また、アウトサイドインのスイングは、極端なスライスボールや、引っ掛ける(ボールが左へ飛ぶ)原因にもなってしまいます。

2-2. アドレス時にボールから遠い

シャンクが出やすい方の特徴として、構えがボールから遠い方がいます。

「クラブの先端にあたりやすいんだから、シャンクはでないんじゃないの?」と思われたんじゃないでしょうか?

しかし、ボールから遠く構えることによってもシャンクは起こってしまいます。

ボールから遠く構えたままテイクバックをしますと、トップの位置で、クラブはフラットな状態に戻ります。そして、いざインパクトの時にボールにあてにいく為、体が前に倒れやすくなってしまいます。これにより、シャフト部分にあたってシャンクになってしまいます。

2-3. インパクト時の腰の移動

インパクトの時に腰が左へ平行移動してしまうと、シャンクが出てしまいます。

左へ腰が移動してしまうことによって、クラブが遅れて入ってきます。要するに、振り遅れてしまうということです。振り遅れてしまうと、クラブのシャフト部分からボールにあたってしまい、シャンクが起きてしまうのです。

3. シャンクの直し方

ここまで、シャンクの原因をご紹介しました。次は早速シャンクの直し方をご紹介しようと思いますが、まずはしっかりと原因を理解して下さい。

それでは、先程の3つの原因に対して、それぞれ直し方をご紹介します。

  1. アウトサイドインのスイング
  2. アドレス時にボールから遠い
  3. インパクト時の腰の移動

3-1. アウトサイドインの直し方

まず、アウトサイドインのスイング軌道をインサイドインの軌道に変えましょう。

アウトサイドインのスイングの方は、テイクバック時に右の脇がかなり開いています。その結果、ダウンスイングでも右脇が開いたままクラブがおりてくるため、アウトサイドインのスイングになってしまいます。

先程も書きましたが、アウトサイドインのスイングは、シャンク以外にも、極端なスライスボールや引っ掛ける原因にもなってしまうので、直しましょう。

では、実際にどうすればいいのか?

「インサイドイン」のスイング軌道に変えれば良いのです。

詳しくは「スイングの基礎!3つに分けて考える重要なポイントとは?」をご覧下さい。特にこちらの記事の「1-2. 右脇」、「2-2. 右脇」、「3-1. 左脇」を注意して読んで下さい。

インサイドインのスイングに変えるだけで、シャンクも無くなりますし、スコアは劇的に良くなります。

3-2. アドレス時のボールの位置

アドレス時のボールの適正な位置は、クラブを構えた時に、グリップエンドとヘソの間にコブシ1.5個程度の隙間がある状態です。

これが近すぎるとダフリなどの原因に、そして遠すぎますとトップやシャンクの原因になってしまいます。

3-3. インパクト時の腰の移動

こちらも、「スイングの基礎!3つに分けて考える重要なポイントとは?」の「2-3. 腰」に書いてありますが、腰の動きは左右ではなく、回転を意識して下さい。
体重移動でスイングする方も多いですが、アマチュアの方が体重移動を使いこなすのは、少し難しいと思います。
なので、体重移動で飛ばすというよりは、上半身と下半身のひねりを利用したスイングで飛ばしましょう。

腰を左に移動させないコツとしては、力を入れないことです。
ゴルフは、力では飛びません。力を入れてしまうと、芯を外しやすくなるため逆に飛びません。しかも、ダウンスイングで力を入れてしまうことで右肘が腰を押し込んでしまい、左へ体が流されてしまいます。

 

如何でしたでしょうか?今回はシャンクの原因とその対策をご紹介させていただきました。

上記で紹介した他にも、シャンクは精神面が非常に大きいです。
一度シャンクしてしまうと何度も出てしまうので、「次もシャンクなんじゃないか・・・」なんて考えたらシャンクの思う壺です。

精神的な心配をしなくても良くなるように、まずは、シャンクのでないようなスイングを覚えましょう。

 

関連記事として、

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。