スタンスの重要性!アドレス時に気を付ける3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ショット

グリップの握り方やスイングばかり気にして、肝心な事を忘れてはいませんか?

グリップやスイングと同じくらい重要なのが、スタンス(足の位置)です。

ゴルフ初心者の方も歴の長い方にもよく見られるのですが、グリップやスイングは綺麗なのにもったいないな、と思う事がしばしばあります。

しかし、スイング軌道やグリップの握り方と違い、スタンスは簡単に直せてしまいます。と言うより、原理を少し理解すれば、「なるほど!」となりますし、すぐに修正できてしまいます。

1. スタンスのパターン

それでは、スタンスがなぜ重要なのかをご説明します。基本的にはスタンスには3パターンしかないので、まずはその3パターンについて簡単にご紹介します。

1-1. ターゲットに対してスタンスが直線

ターゲットに対して、右足・左足のつま先を結んだラインが真っ直ぐ向いているパターンです。

1-2. ターゲットに対してスタンスが右向き

ターゲットに対して、右足・左足のつま先を結んだラインが右を向いているパターンです。

1-3. ターゲットに対してスタンスが左向き

ターゲットに対して、右足・左足のつま先を結んだラインが左を向いているパターンです。

2. スタンスの重要性

基本的にスタンスには、今紹介した3パターンの立ち方しかありません。
それでは、なぜスタンスが重要なのか、上記の3パターンをもとに考えていきましょう。

この足のラインというのは、スイングに対して大きな影響を与えます。もっと言うと、打ち方にもよりますが、基本的にスイングの軌道は足のラインで決まります。
スイングの軌道は、足のラインに沿ったものになりやすいのです。

この事を念頭に置いて3パターンを見てみてください。

2-1. 右向き

まず、スタンスを結んだラインがターゲットよりも右に向いている場合です。
この場合、スイングの軌道は内から外に向かう事になり、極端なドローボールになってしまいます。
また、右足が下がっている状態ですので、バックスイングが余計に回ってしまい余計に左に行きやすくなってしまいます。

2-2. 左向き

次に、スタンスを結んだラインがターゲットよりも左に向いている場合です。
この場合、スイングの軌道は外から内に向かう(カット打ち)事になり、極端なスライスボールになってしまいます。
また、右足が前に出ている状態ですので、バックスイングが充分に取れず、余計にスライスしやすくなってしまいます。

2-3. 直線

結論から言いますと、スタンスのラインがターゲットに真っ直ぐ向いている構え方が一番良いです。
特に初心者の方は、スタンスの事を全く意識していない方が多く見られます。スイングやグリップ、構えは良いのに、スタンスのせいでボールに上手くヒットしない。原因が分からないので、スイングやグリップを疑ってしまうといった方を大勢見ました。

3. スタンスを取るコツ

しかし、「ボールを打ちたい方向にスタンスを取る」といっても、これが意外と難しいんです。また、皆さん練習場でこれをやるとできるんですが、コースに出ると急にできなくなってしまうんです。
これは、練習場の打席に少し問題がありまして、大体どこの練習場も長方形のマットを使っていますよね?
この長方形のマットがあることで、皆さん自然とそのラインに足を合わせて打っているんです。なので、練習場だとボールが真っ直ぐに飛びやすいんです。

しかしコースではどうでしょうか。そんな目印になりそうな物なんてないですよね?

コースでのスタンスの取り方ですが、これは人それぞれ色々な方法でスタンスを取っているのではないでしょうか。
なのでここでは、私が実践でおこなうスタンスを取る際のちょっとしたコツをご紹介します。

コースで目印がないのであれば自分で作ってやれば良いんです。ただ、ボールの前にマークをするとか、ティーをさすとかではないですよ。

私の場合は、まずショットの前にボールの後ろに立ちます。そして、ボールとターゲットをクラブのシャフトで結んでやります。
極論、その際にそのライン上にあるものは全て目印になりますよね?
ただ目印はボールから30cm程の場所にあるのが望ましいので、ボールから30cm程のライン上にある葉っぱや芝の傷などを目印にします。
後は、アドレスした時に、スタンスをボールとその目印を結んだラインに平行に構えれば良いだけです。

この一連の動作をショット前にするだけで、大分方向感が良くなるはずです。

4. インテンショナルショット

最後にスタンスに関してのテクニカルなお話をします。

ゴルフを初めたばかりの方は、こんな技があるんだ程度で聞き流していただいても結構です。

インテンショナルショットというのは、故意にフックボールやスライスボールを打つことです。
例えば、目の前に大きな木や障害があった時にこのショットが有効です。

しかし、この技はかなり難易度が高く使う頻度は少ないので、練習する必要性はないと思います。というのも、曲げる事自体はそんなに難しくないのですが、曲げ幅などの調整が困難です。ドッグレッグのコースでインテンショナルショットを打とうとしても、曲げ幅が大きいと手前の林、曲げ幅が少ないと奥の林、といったミスになりやすいです。

4-1. 打ち方

インテンショナルショットの打ち方を簡単にご紹介します。

ただ、この記事をご覧いただけたらお分かりになったと思いますが、インテンショナルフックを打ちたかったら、「ターゲットより右向きにスタンスのラインを合わせる」また、インテンショナルスライスを打ちたいのであれば、「ターゲットより左向きにスタンスのラインを合わせる」これが、インテンショナルショットの打ち方です。

一つ気を付けるのが、「フェイスの方向」です。フェイスの方向はどちらのスタンスの場合もターゲットの方向に向けてください。
なので、インテンショナルフックを打ちたい場合は、少しフェイスが被った感じになりますし、インテンショナルスライスを打ちたい場合は、フェイスが開いた感じになります。

ただ本当に難しいと思います。
コースでこのショットが綺麗にきまれば「凄い!」と言われる事でしょう。しかし、ミスした場合は悲惨です。

 

何度も繰り返しになりますが、本当にこのスタンスに関してを意識していないために、勿体ないなと思う方が多いです。
グリップや構え方よりも、簡単にできるところですので、是非意識してみてください。
因みに練習場では、マットと平行に打つのも良いですが、できたらちょっとズラした場所を狙って打ってみる練習もしてみてください。
これが意外と難しいですよ。

 

関連記事として、

これらの記事も合わせてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。