ゴルフ初心者必見!戦略的に100を切る3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴルフコース

ゴルフって難しいですよね。練習場では真っ直ぐな良いショットが打てるのに、コースに出ると良いスコアが全然でない。。。

このようなお悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、本日はそんなお悩みを持つ方々に「コース・マネジメント」という考え方に沿って下記の3つのポイントに関し、最適なアドバイスをご紹介したいと思います。
これらを実践することによってスコアを100以下にすることは簡単にできてしまいますよ!

  • ティーショット
  • セカンドショット
  • アプローチ

そもそも「コース・マネジメント」ってなに?

「コース・マネジメント」ってなに?と思った方も多いのではないでしょうか。まずは、コース・マネジメントについて簡単にご説明しましょう。

コース・マネジメントとは、コースの形状(バンカー・池・木・OB等の位置)やその時の状況(風向き、ライ)を充分に確認した上で、一番最適と思われる場所にボールを打っていく事をいいます。

簡単にご説明させて頂きましてので、もうちょっと詳しく!と思った方は、調べてみて下さい。

それでは、早速このコース・マネジメントという概念を考慮して先程の3つのポイントに関して解説していきましょう。

1.ティーショット

ティーショットはまさにコース・マネジメントと深く関係してます。第一打をどこに打っていくかによって、その後の第二打、第三打が簡単になったり、難しくなったりです。

私がオススメする考え方として、まずは、絶対に打ち込みたくない場所を決めましょう。そこにボールが入ってしまったらパーセーブができない場所です。(例えば、OBや前に大きな木があり2打目がグリーンを狙えないなどです。)
ここで重要なのは、2打目の事を考えているかどうかです。

そして、その場所が決まりましたら、ここがポイントなんですが、その打ち込みたくない場所を消してしまいましょう。

消すってどういうこと?と皆さん思われたことでしょう。もちろん実際にそのゾーンを消すことはできませんが、そのゾーンに打ち込む可能性をほとんど0%にすることはできるんです!

具体的に言いますと、ティーグラウンドの立ち位置が非常に重要です。例えば、右サイドがOBのホールがあるとします。ここでティーグラウンドの左サイドから真ん中又は左サイドへショットを打ってしまうとスライスがでてしまった場合、右サイドOBへ打ち込んでしまうかもしれません、、、

しかし、ティーグラウンドの右サイドから真ん中又は左サイドにむけてショットを打てば、スライスがでても最悪OBの手前で止まります。

このように、ティーショットで重要なのは、コースの全体像の把握と戦略作り、そしてその戦略に沿ったティーショットの打つ位置です。これらをしっかり考慮すれば2打目はいつもより格段に楽になるでしょう。

2.セカンドショット

次にセカンドショットについて解説します。セカンドショットで重要なことは、やはりコースのレイアウトをしっかり把握することです。特にグリーンの周りがどういう状況なのか(バンカー・池がどこにあるか)です。

このグリーン周りの状況にあわせてグリーンのどこを狙うのかが決まります。常にピンを狙っていくゴルフをされている場合、絶対にスコアは安定しません。良いスコアはでるかもしれませんが、そのスコアを維持するのは難しいでしょう。。。

やはりここでも絶対に打ち込みたくないゾーンを決めます。例えばグリーンの右サイドに大きなバンカーがあり、そこには打ち込みたくないとします。

そこで、狙っていく方向としては、打ち込みたくない方のグリーンのカラーとピンの間くらいを狙っていくのがベストと言えるでしょう。

上記の例は左右の場合でしたが、グリーンの場合左右に加え手前、奥もしっかり考慮して狙い所を決めるようにしましょう。

3.アプローチ

次はアプローチショットについてです。上記の通りのセカンドショットができていれば、基本的に難しいアプローチショットは要らなくなるはずです。

しかし、たまにはバンカー越えのアプローチや、池越えのアプローチをしなければならないこともやってきます。

アプローチで大事なことは、ピンと自分のボールを結んだ直線上に何があるのかをしっかり把握することです。ピンの奥にバンカーがあるのか、手前にバンカーがあるのか、或いはその両方なのか。どの位置に障害があるかによって打ち方も変わってきます。

よく初心者が陥るミスとしては、バンカー越えのアプローチなのにピンにぴったり寄せようとしてしまい、結果、距離が足らずにバンカーに入ってしまうというミスです。

これは、最悪ですね!こうならないために、障害が気になるアプローチの場合は、ピンに寄せようと思わないことも大切です。「乗ればいいや!」程度の心構えで打ちましょう。

手前に障害がある場合は、ピンの奥に落とす。奥に障害がある場合は手前から攻めていくといった感じです。もし、「手前も奥もバンカーだよ」なんて場所にボールがある場合は、セカンドショットでそうならないような場所に打っていきましょう。

もう一点アプローチで重要なことがあります。自分の打ち方とそのボールの軌道はしっかりと把握しておきましょう。詳しくは「アプローチ上達法!苦手を得意に変える5つのポイント」を読んでみて下さい。自分のアプローチショットのボール軌道を知ることは、とても重要なことです。

 

いかがでしたでしょうか?上記のことをしっかり守ってプレイしていけば、100を切ることは簡単なはずです。コースレイアウトをしっかりと頭に入れて、戦略的にスコアをあげていきましょう!

 

関連記事として、

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。