スイングの基礎!3つに分けて考える重要なポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ティーショット

ゴルフを始める理由は人それぞれありますが、折角始めたならば、早く上達したいですよね。

世の中にゴルフ上達本は、たくさんありますが、ゴルフには専門用語も多数あり、さらにアイアン一つとっても色々な打ち方があります。

結局、書いてある内容が理解できず、どの様な打ち方をすれば良いのか分からないまま諦めてる方が多いのではないでしょうか。

そんなゴルフを始めたばかりの皆さんに、ゴルフのスイングにおいての基礎中の基礎をご紹介したいと思います。

ゴルフには、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、パターと色々な種類のクラブがあります。

また、それぞれのクラブで、打ち方が少しずつ変わってきます。ここがゴルフの難しいところですね。

しかし、本日ご紹介するのは、全てのクラブに共通して重要なスイングの基礎です。

基礎ができていないまま、我流を体に覚えさせてしまうと、後で修正するのが非常に大変なので、まずは基礎を完全に習得しましょう。

スイングを3つのパートに分けて考えよう

本日はスイングの基礎をご紹介する記事ですので、アドレス・グリップに関しては、また別の記事でご紹介します。

さて、スイングを3つのパートに分けるとありますが、次の様に分けて考えてみてください。

  1. テイクバック(構えからクラブを上げきったところまで)
  2. インパクト(クラブを上げきったところからボールにあたるまで)
  3. フォロースルー(ボールにあたった後)

1. テイクバック

まずは、テイクバック時に意識することです。ここで重要なポイントをリストしました。

  1. 左肘
  2. 右脇
  3. 左肩・あご・ボール
  4. 下半身

では、1つずつ説明していきます。

1-1. 左肘

左肘は極力曲がらない様にしましょう。最初は少しつらいかもしれませんが、左肘が曲がることによって、スイングの安定性を欠きますし、ボールに効率良く力が伝わらなくなります。

1-2. 右脇

右の脇はしめる様に意識して下さい。右の脇をしめる理由として2つあります。

1つは、右脇がありてしまうと、「アウトサイドイン(カット打ち)」のスイングになってしまい、ミスをしやすいからです。

もう1つは、クラブが体から1番近くを通ることで、ヘッドスピード(スイングの速度)の上昇に繋がるからです。

1-3. 左肩・あご・ボール

これは、クラブを上げきった時に「左肩とあごとボールを一直線にする」ことです。
これにより、充分に上体を回すことができます。

1-4. 下半身

下半身はなるべく動かさないようにしましょう。特に上体が右に曲がっているのにつられて左膝が中に折れてしまいがちになるので、そうならないように意識しましょう。
下半身をそのままの状態にすることで、上半身と下半身で捻りを作ることができます。
これが、飛距離を出す秘訣になります。

2. インパクト

次にインパクトの時に意識するポイントです。ここでは、次のような事項が重要になります。

  1. 右脇
  2. 両膝

2-1. 顔

顔は絶対に上げないで下さい。
どうしても打球がどこへ行ったのか気になると思いますが、インパクト同時に目がボールを追ってしまうと、体が上がり、結果、クラブの位置も上がってしまい、ボールの上部を打ってしまいます。

2-2. 右脇

右脇はダウンスイング時もしめるように意識しましょう。
クラブの軌道は、自身から見て、手前から外へ進む軌道が理想です。右脇がしまっていれば、自然とその軌道を通ります。

2-3. 腰

腰で意識することは、左方向へ流れないようにすることです。
腰が左へ流れてしまいますと、振り遅れになり、クラブのフェイスが右方向を向いてボールにあたってしまいます。
腰は体の軸を中心に回るイメージです。

2-4. 両膝

ゴルフでは、アドレスした時に両膝を少し曲げますよね。インパクト時にこの曲がっている膝が伸びてしまいますと、絶対にトップします。
膝も顔も絶対に上げないように気をつけましょう。

3. フォロースルー

最後にフォロースルー時に意識するべきポイントです。「打った後なんて・・・」と思われる方も多いかもしれませんが、ここがしっかりしているかで、球筋が変わってきます。

  1. 左脇
  2. 体重
  3. ヘソの向き

3-1. 左脇

テイクバックとは逆に、フォロースルーでは左脇をしめるように意識しましょう。
左脇が開いたまま回してしまうと、すくい上げたようなスイングになってしまい、ボールは右方向に飛ぶか、極端なスライスになってしまいます。
また、折角身体の捻りを作って生み出したヘッドスピードが左脇を開けることによって、消滅してしまいます。

3-2. 体重

フォロースルー時には、体重を左足に乗せるように意識しましょう。
打ち終わった後に自分の体重がどちらの足にかかっているのか確認して下さい。もし、右足に乗っているのであれば、スライスボールの原因になってしまいますので、左足に乗せるように意識しましょう。

3-3. ヘソの向き

打ち終わったらヘソの向きを自分の狙っていた方向に向けましょう。
ヘソが狙いを向いていない方は、充分な回転ができていない証拠です。

 

如何でしたでしょうか。早速練習場で、意識して練習してみて下さい。

もう1つアドバイスさせて頂くと、打ち終わった後は、ヘソを狙いに向けたまま2秒程度止まることを意識してみて下さい。
もし、これが困難な方は、スイングに力を入れすぎです。ボールは力を入れなくても飛距離は出ますので、まずは今回ご紹介した点を意識して、綺麗なスイングを作ることに専念して下さい。

 

関連記事として、

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。