タバコ初心者の方は必見!タバコに依存しないためのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

タバコを吸い始めて気にすべきことが「依存」についてではないでしょうか?

吸い始めて間もないころはそのような症状を全く気にすることははいかもしれませんが、喫煙が習慣となって長いと、気付いた時にはタバコをやめられなくなっているというケースも稀ではありません。

多くの方がタバコに依存してしまうことで悩んでいるのも現状です。

タバコ初心者の方は、いざ禁煙しようとしたときに思うような行動が取れなくなってしまうかもしれないということをあらかじめ把握しておく必要があると言えるでしょう。

今回はタバコ初心者の方に向けて、タバコに依存してしまう理由と、依存しないために抑えておきたいポイントについてご説明させていただきます。

タバコ初心者以外の方も、ぜひ参考にしてみてください。

1.タバコの役割

タバコ

タバコは「落ち着き」「集中力UP」「やる気UP」などの効果が見られるとして昔から多くの方に愛用されています。

タバコに含まれるニコチンには脳に満足感などを与えてくれる作用があるようで、一服という言葉があるようにちょっとした息抜きなどに使用されるケースが多いようです。

また「タバコを通じたコミュニケーション」や「吸っている様がかっこいい」などの理由から愛用される方もいらっしゃるようです。

仕事の合間や飲み会の場など、多くの場面でタバコを吸う機会があるのではないでしょうか。

タバコは上手に活用すれば有効的な役割を発揮する大人の嗜好品であるとされています。

2.タバコに依存してしまう理由

タバコ

では、なぜタバコに依存するといった事象が起こるのでしょうか?

ここではタバコに依存してしまう理由について3つの観点で挙げていきます。

2-1.精神面での理由

精神的な要素が原因となり、依存してしまうケースについてです。

タバコにはニコチンと呼ばれる成分が含まれており、その作用によって「落ち着き」や「集中力UP」などの効力が得られるとされています。

ニコチンは脳に快楽を与えてくれるようです。

そのため、その快楽を求めて無意識的にまた吸いたいといった感情になると考えられます。

このまた吸いたいという感情が抑えられない状態が続くと、のちのち依存という形に繋がってしまうと言えるでしょう。

2-2.環境面での理由

環境面での要素が原因となり、依存してしまうケースについてです。

あなたの周りにもタバコを吸っている方はいらっしゃるかと思います。

喫煙所に行けば、同じ喫煙時間を共有する者同士ということになります。

タバコを吸うことで生まれるコミュニケーションもあるかと思うので、それらの時間や関係性を大切にしたいと思っていっる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一度そのような環境に身を置くと、なかなか離れてしまうことを躊躇してしまうこともあるのかと思います。

2-3.生活習慣での理由

習慣が原因とり、依存してしまうケースについてです。

もはや、タバコを吸うことが生活の一部となり、喫煙習慣が当たり前となってしまっている場合もあるかと思います。

この場合は、タバコを吸うことがご飯を食べたり、歯を磨いたりといった習慣と同じような感覚・扱いとなっていることが考えられます。

自覚がなくても、知らず知らずのうちにタバコに依存していってしまっているパターンであると言えるのではないでしょうか。

一度根強く習慣付いてしまうと、なかなかそのリズムを崩すことができなくなってしまいます。

 

これらは例として挙げましたが、タバコを手放せなくなってしまう理由は人それぞれにあるかと思います。

これらは、いざタバコをやめようと思い立った時にしか気付けないものでもあるのではないでしょうか。

3.タバコに依存しないためのポイント

女性

では、タバコに依存しないようにするためにはどうすればよいのでしょうか?

依存せずにタバコと向き合うためのポイントについて挙げていきます。

3-1.あらかじめ数量を限定しておく

タバコは手元にあると、見境なく吸い続けてしまう傾向に見舞われてしまうことがあります。

吸う量が多ければ多いほど、依存性は高まってしまうと言えるでしょう。

「1回の喫煙は1本まで」など、タバコを吸う上でのルールなどを決めておくと良いかもしれません。

3-2.タバコ以外の時間を多く設ける

喫煙に固執されないよう、タバコ以外のことに多くの時間を使えるようにしてみましょう。

例えば、運動して体を動かしてみたり、趣味の時間にあてがってみたりするなど、タバコのことを考える時間を減らせるようにしてみてください。

タバコを吸うことが中心とならないように心掛けてみてください。

3-3.我慢する習慣を身に着けておく

どうしてもタバコが吸いたい時に、少しでも我慢してみる練習をしておきましょう。

タバコをやめようとしたときは、この吸いたい気持の葛藤ばかりです。

あらかじめタバコを吸いたい気持ちを我慢できる状態を作り上げておくことも重要かと思います。

3-4.タバコがない生活に慣れておく

タバコが常に手元にあると、いつでも吸えるといった気持ちになります。

ストックをあまり持たないようにし、タバコが物理的にない環境をつくってみるようにしましょう。

タバコが無かったら無かったで吸う必要がないといった考え方になれるようにしてください。

3-5.喫煙所にいる時間を短くする

喫煙所=タバコを吸う場所です。

タバコを吸うことが当たり前となっている場所に長い時間いると、どうしてもタバコを吸いたくなるし、タバコのことを忘れることができません。

必要最小限の時間だけを過ごすようにし、タバコを吸う・吸える環境にはあまりいないようにしてみましょう。

タバコを自分のペースで吸えるように配慮してみてください。

 

タバコを吸うタイミングや量などをしっかりと見極められるようになりましょう。

見境なしにただただ吸っていると、自分が想定している以上に喫煙習慣が強く身に染みついてしまいます。

あらかじめ、自分自身にストップをかけられるような心掛けが大切です。

4.離脱症状(禁断症状)について

激痛

タバコを吸うのをやめると訪れるのが「離脱症状」です。

禁断症状とも呼ばれ、タバコに強く依存している人ほど大きな症状が見受けられます。

禁煙に挑戦する方の多くがこの離脱症状に悩まされ、そのストレスが原因となって体調をこわしてしまうなんて話を聞くこともあります。

もちろんこの症状は徐々に解消されていくものですが、度合いは人それぞれでもあるので、はたして自身がどれだけの離脱症状を発症するかはそのときまでわかりません。

まずはそのような症状が存在し、自分にも起こり得るものだということを把握しておくことが重要です。

場合によっては、お医者さんに相談しながらの治療が必要となることもあります。

5.こんな症状にも要注意

注意

タバコには他にも様々な症状を引き起こす可能性があります。

タバコを吸い始めたことにより、以下のような症状が見受けられるようになったら注意が必要です。

5-1.咳・痰

タバコを吸い始めてまず見受けられるようになるのが咳や痰が出やすくなるということではないでしょうか。

タバコに含まれるタールは、有毒性が強いうえに強い粘着性も兼ね備えています。

タール以外にも、有害部室はたくさんあり、それらが喉や気管に付着してしまっていることが原因であると考えることができます。

場合によっては肺や呼吸器のトラブルを併発してしまう可能性もあります。

5-2.吐き気

タバコには多くの有害物質が含まれているため、体への負担は大きいと言えるでしょう。

それらの物質をしっかりと代謝できていない場合、拒絶反応を起こして吐き気を催すことがあるようです。

また、タバコによる寝不足や体調不良などの生活習慣の乱れから催す吐き気もあるようです。

タバコを吸っていて吐き気がするようであれば、体が何らかの危険信号を発していると受け取ることできるのではないでしょうか。

5-3.口臭

タバコの煙は口内環境にも影響を及ぼすことがあります。

一酸化炭素を吸いこむことで起こるドライマウスや、付着したタールなどが原因となり、きつい口臭を放ってしまう恐れがあります。

有害物質によって歯周病を引き起こしてしまう可能性もあります。

適切なケアをしないと、それらの症状がより悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

5-4.頭痛

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させてしまう作用があるようで、結果として血液や酸素が脳に行き渡りにくくなってしまう恐れがあります。

血流が悪くなってしまうことや、その反動で血管が拡張されてしまうことによって、頭痛を引き起こしてしまうこともあるようです。

他にも、アドレナリンが多く分泌されてしまうことで起こる自律神経の乱れや、化学物質過敏症などの影響で頭が痛くなってしまうこともあります。

5-5.息切れ、呼吸がしづらい

タバコは肺や呼吸器の機能を低下させてしまう恐れがあります。はありません

ちょっとした運動でも息切れしたり、何もしていなくても息がしづらいなどの症状が見受けられた場合は注意が必要です。

症状が悪化すると、場合によっては呼吸困難などの重いトラブルを招いてしまうこともあります。

肺の機能は年齢を重ねるごとに低下していくものですが、タバコはその速度を速めてしまっているかもしれないのです。

 

タバコが健康に与える影響は様々あります。

上記で挙げたような症状が見受けられた場合は注意してください。

こららが慢性的になってくると、より重大なトラブルに繋がりかねないということを認識しておきましょう。

6.タバコを吸うメリットとは?

タバコ

タバコを吸い始めるきっかけは人それぞれにあるかと思います。

しかし、自分にとってタバコを吸うメリットはいったい何なのかを今一度考えてみるようにしましょう。

理由もなくタバコを吸い続けてしまうと、いざ辞めたいと思った時にはなかなかやめられない状況になっている可能性があるからです。

タバコが与える悪影響はけして少なくはありません。

依存性が強くなってしまう前に、今後の喫煙生活について見直してみることをオススメします。

7.最後に

女性

タバコを吸い始めるきっかけもあれば、タバコをやめるきっかけもあるかと思います。

しかし、タバコを始めるのは簡単でも、やめるのはなかなか難しいのです。

これはタバコをやめるタイミングになるまでは気付きにくいことで、その時になって初めて実感することになるかと思います。

タバコを吸い始めて間もない初心者の方は、この先訪れる可能性のある依存性についてしっかりと認識しておくようにしましょう。

実際に禁煙に挑戦された方に話を聞いてみたりするとイメージが湧くかもしれません。

タバコはけして良いことばかりではないということを踏まえたうえで、今後もタバコを吸い続ける必要があるのかを検討してみるようにしてみてください。

 

関連記事として、

タバコで真っ黒になってしまう肺!喫煙による呼吸器へのダメージは深刻!
タバコにおける「離脱症状」とはどのような症状なのか?
気付いてほしいタバコの臭い!周囲の人は気にしているかも!
タバコをやめたいと思っているそこのあなた!効果的な禁煙方法について考えてみましょう!
タバコの値段はこれからも上がる?喫煙の「価値」について考えてみよう!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。