タバコをやめたいと思っているそこのあなた!効果的な禁煙方法について考えてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

なかなか抜け出すことができない喫煙習慣。

タバコを吸うのをやめようとチャレンジしてみるも結局吸ってしまう・・・

そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

吸い始めるのは簡単だけど、やめるのが大変なのがタバコです。

タバコをやめるためには、大きな覚悟と努力が必要となるでしょう。

今回は、効果的なタバコのやめ方について考えていきましょう。

禁煙を考えている方にはぜひ参考にしていただきたいです。

1.タバコに依存してしまう理由

手元にタバコが無くなり落ち着かなくなってしまう状況をみなさんは体験したことはありませんか?

なぜそこまでしてタバコを吸いたくなってしまうのでしょうか?

タバコに依存してしまう理由について考えてみました。

1-1.「ニコチン」による精神障害

タバコには「ニコチン」と呼ばれる物質が含まれています。

人の脳にはニコチンが結合することで快感が得られる受容体があるようです。

タバコを吸いニコチンが肺から血中を通じて脳まで届くによって、人は「満足感」「落ち着き」「やる気UP」などの感覚が得られます。

その快感によって無意識的に「もう一度吸いたい」という感情も芽生えるようです。

この快感を得るための流れを繰り返し行う事によって「依存」に繋がっていくと考えられます。

また、イライラなどの離脱症状を避けたいと思うことでも依存してしまう傾向にあるようです。

1-2.「喫煙仲間」との関係維持

タバコを吸っている者同士だと「親近感」が湧きますよね。

喫煙ルームでの時間など、タバコを吸う行為を共有することで生まれる人間関係もあるのではないかと考えます。

外出時や飲みの席なども含め、タバコは他者とのコミュニケーションを促してくれるアイテムの一つであると言えるでしょう。

喫煙者同士の関係性を大切にしたいという思いがある方は、そのコミュニケーションの機会や共有する時間が失われてしまうのではないかと心配になってしまうことが、タバコをやめられない理由となっているのではないでしょうか。

1-3.吸う行為が当たり前となっている

もはやタバコを吸うことが当たり前の行為となってしまい、無意識的に吸い続けてしまっているケースもあるのではないかと考えます。

「朝起きたら一本」「食後に一本」「仕事休憩に一本」など、生活のリズムの一つになっているのではないでしょうか。

喫煙が習慣づいている人にとっては「寝る」「食べる」などの当たり前の行為と同様の扱いとなっているのかもしれません。

 

タバコを吸っている理由は人それぞれにあるかと思います。

もしかしたら、自分がタバコに依存してしまっているということに気付いていない方も多いのではないかと思います。

2.なぜタバコをやめたいと思うのか

禁煙したいと思っている方に聞きます。

タバコをやめたい理由はなんですか?

禁煙を意識するきっかけは人それぞれにあるかと思います。

まずは自分がなぜタバコをやめたいのかをしっかりと認識しておく必要があると言えるでしょう。

ここではタバコをやめるきっかけとなり得る事例をいくつか挙げてみますので、参考にしてみてください。

2-1.タバコを吸うことで体調が悪くなる

タバコを吸うことで「頭痛」「吐き気」「めまい」などの体調不良を訴えることはありませんか?

喫煙直後にこのような症状が見受けられた場合は、タバコが原因となっている可能性が高いと言えるでしょう。

タバコを吸うことで普段の生活に支障をきたしてしまうほど体調を崩してしまっていてはもともこもありませんよね。

体調を壊してまでタバコを吸う必要はあるのでしょうか?

2-2.将来的な病気への不安

ケースにも記述されているように、タバコには発がん性を高める可能性があるとされています。

「がん」と聞くと不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

がん以外にも、タバコが原因となり発症する恐れのある病気はたくさんあります。

直近ではそれらの症状が見受けられないことで、「自分には関係ない」「発症してしまったら考えよう」などと思っていませんか?

病気は発症してからでは遅いのです。

ちょっとした我慢や努力で病気の発症リスクを軽減できるということを理解しておかなければなりません。

2-3.体質への悪影響

喫煙は口内環境や肌の状態など、体質に悪影響を及ぼすこともあります。

喫煙することで口臭がきつくなったり、歯が黄ばんでしまったり、肌が荒れてしまったりと、人によっては「コンプレックス」となりかねない症状を発症してしまうかもしれません。

体質などのトラブルは、解決までに苦労を伴うデリケートな問題でもあると言えるでしょう。

2-4.出費が大きい

タバコ1箱の値段は400~500円はするかと思います。

1日1箱を吸い切る生活を1ヶ月続けたとしたら、

500円 × 30日 = 15,000円

となります。

吸う本数が増加したり、今騒がれている増税が絡んでくると、タバコにかかる費用はもっと大きなものになるとも考えられます。

この費用をどのように捉えるかですが、毎月自分はタバコにいくらのお金を使っているのかを見直してみると良いでしょう。

そして、タバコにそれだけのお金をかける価値があるのかを考えてみてください。

2-5.子どもが生まれた

タバコが体に悪影響を与えかねないものであるということは把握して頂けているかと思います。

さらに言うと、タバコの先端から出る「副流煙」はより悪性であるということはご存知でしょうか?

副流煙は「周囲の人」が吸うこととなる煙です。

タバコは自分のみではなく、周りにいる他者の健康状態にもダメージを与えているかもしれないのです。

特にその煙を敏感に受け取ってしまうのが赤ちゃんや小さな子供です。

赤ちゃんや子どもがいる傍での喫煙は、その子達の未来へ悪影響を与えている行為なのです。

副流煙を吸ってしまうことに良いことは一つもありませんよ。

お腹に赤ちゃんがいるママにおいても同様のことが言えます。

 

タバコをやめたいと思うきっかけはふとした瞬間に訪れるものです。

大きなきっかけを掴むことができた方は、その後の禁煙への取り組みへスムーズに移行することができるのではないかと思います。

3.タバコをやめる方法を考えよう

上記のことを踏まえながら、タバコをやめる方法について考えてみます。

今回は大きく3つの観点をもとに挙げていきます。

3-1.精神面

まずは行動へ移すためのメンタル的な要素が必要になると考えます。

やめようとする「気持ち」をしっかりと持つようにしましょう。

3-1-1.タバコのデメリットを把握する

タバコを吸うことによるデメリットを把握しておきましょう。

自分がどのようなものを日常的に摂取しているかを知っておかなければいけません。

きっと、知れば知るほどタバコをやめた方がいいという思いが強まっていくのではないかと思います。

3-1-2.タバコをやめる理由を明確にする

自分にとってタバコをやめる理由はなんなのかを明確にしておくようにしましょう。

その理由は、禁煙の取り組みへの原動力となります。

理由を見失ってしまうと、ちょっとした気の緩みで簡単に楽な方へと流されてしまいますよ。

3-1-3.目標を決める

「タバコをやめる」というゴールに向かっていくために、まずは小さくても良いので目の前の目標を決めましょう。

その目標が達成できたら、次の目標を決めます。

その積み重ねが最終ゴールへ繋がることとなります。

漠然とプランを立てるのではなく「計画性」のある行動ができるように心掛けてみてください。

3-2.行動面

喫煙行為を抑止するための行動の工夫を実施してみてください。

3-2-1.タバコを手にしない

物理的に、タバコが手元になければ吸うことはできません。

タバコは手に持たない、身近に置いておかない、購入しない、などして遠ざけるようにしてみましょう。

3-2-2.喫煙所へ行かない

喫煙所は喫煙者にとって誘惑の塊です。

場の雰囲気や他者が喫煙している様子に触発されかねません。

喫煙者が集う場所には要注意してみましょう。

3-2-3.電子タバコの活用

電子タバコは、液体を霧状にして摂取することでタバコを吸ったときと同様の感覚を得ることができるものです。

電子タバコなどの利用して、徐々に禁煙の方向へ向かっていくのも良いかと思います。

タバコを吸えないストレスを軽減することもできるのではないでしょうか。

3-2-3.運動などで気を紛らわす

タバコを吸いたいという感情を紛らわすため、運動などの別の行動を起こしてみるようにしましょう。

タバコ以外のことに没頭することで、喫煙の衝動を緩和することができるのではないでしょうか。

趣味などを持つようにすると、より積極的に行動することができるでしょう。

3-2-4.記録をつける

禁煙の取り組みの記録をつけてみるのも良いかもしれません。

自分の取り組みを目に見える形で残しておくことで、成果をより実感できるのではないかと思います。

継続して続けることで「自信」にも繋がるのではないでしょうか。

3-3.環境面

普段の生活の中で取り組まなければいけないことから、有効的に実施ができる環境を整えることも重要です。

3-3-1.喫煙者とのコミュニケーションの見直し

喫煙者同士が寄り集うと、どうしても喫煙をしたいという感情にかられてしまいがちです。

喫煙者の方とコミュニケーションを図る際は、タバコを意識しないような話題とするのが望ましいでしょう。

喫煙所のお誘いを断ってみる勇気も必要かもしれません。

3-3-2.他者からの協力を得る

禁煙は周りの方の協力があるとより効果的に実施することができると考えます。

自分は禁煙していることを公言することで、周りの方も協力的になってくれるかもしれません。

「喫煙者」というイメージの払拭を心掛けてみましょう。

 

用途に応じて、自分に適した禁煙方法を実施できるようにしましょう。

あまり固執されず、いろいろな方法を試してみてください。

4.なかなかタバコがやめれないとき

いろいろな方法に挑戦してみたけど、なかなかタバコがやめられない・・・

そんな方は一度病院に行って相談してみるのも一つの手です。

「禁煙外来」をみなさんはご存知でしょうか?

禁煙についての詳しいアドバイスや的確な処方をしてくれる外来であり、タバコをやめるために利用させる方は多いようですよ。

禁煙のプロが与えてくれる影響力はとても大きいのではないかと思います。

けして恥ずかしいことではありませんし、その努力は必ず報われます。

なんとしても禁煙するんだ!という強い気持ちを持ち、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

5.「禁煙」の実現は小さな努力の積み重ね

瞬間的に喫煙から禁煙の習慣へ切り替えることができれば、誰も苦労することはありません。

禁煙を実現するためにはそれなりの期間が必要になるということが苦労する理由の一つなのではないでしょうか?

気持ちや行動を長期間持続させるのは大変な事です。

しかも禁煙への取り組みは、どこかでこじらせれしまうとまた1からのスタートとなってしまうのがやっかいでもあります。

プレッシャーもかかり得るこの取り組みを乗り切るためには、やはり地道な努力を続けていくしかありません。

小さな努力の積み重ねが大きな成果へと繋がっていくのです。

苦労もするかもしれませんが、その先に待つ達成感はきっと素晴らしいものですよ。

6.最後に

タバコをやめたいと思い立った際に、中にはあっさりと禁煙を実現してしまう方もいらっしゃるかと思います。

しかし、誰もがスムーズにタバコをやめられるわけではないのが現状です。

だからこそ、禁煙への取り組みは一人で悩まず協力者を得ることが大事なのではないかと感じます。

「タバコをやめる」というゴールが決まっているのであれば、やり方・方法は問わなくて良いのではないでしょうか。

いろいろな方法を試しながら、自分に最適な禁煙方法を見い出してみてください。

自分の感情を上手にコントロールしながら、無理のない禁煙ができるといいですね。

 

 

関連記事として、

タバコからくる頭痛!症状を見極め、的確な対処をしよう!
女のタバコは危険!?禁煙するべき6つの理由とは?
禁煙するとこんな良い効果が!?10のメリットを知ろう!
喫煙のデメリット。思わず禁煙したくなる9つの害について
電子タバコに害はあるのか?タバコとの差は?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。