吸いたい感情は「数分間」まで!タバコを吸いたくなる衝動を抑える方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

タバコをやめよう!

そう心に誓い、禁煙に取り組んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

これまでの喫煙習慣を断ち切るためには、多くの我慢と努力が必要になります。

不意に訪れる「吸いたい!」という衝動によって悩まされている方も多いのではないかと思います。

禁煙を達成するうえでは、この衝動を上手にコントロールすることが大切です。

今回は吸いたい気持ちを抑える、あるいは緩和させるための方法について考えていきましょう。

今後の禁煙への取り組みの参考にしてみてください。

1.どうしてタバコを吸いたくなるのか?

喫煙の習慣が定着している方にとって、タバコを吸うことはごく自然的な行為となっていきます。

生活の一部となり、吸っていることが当たり前となっている方も多いのではないでしょうか?

タバコを吸う理由は人それぞれにあるかと思いますが、ときには理由なくタバコを吸うこともあるのかと思います。

それこそ「朝起きたら」「ご飯を食べたら」「仕事の休憩に」など、タバコを吸う行為が一連の流れの中に組み込まれているのかと。

まずは自分がなぜタバコを吸っているのかを考えてみるのもいいかと思います。

タバコを吸う理由を見直すことで、なぜタバコが吸いたくなってしまうのかを把握するきっかけにもなるのではないでしょうか。

2.タバコの依存性について

タバコには「依存性」があることはご存知でしょうか?

考えられる依存の理由を挙げてみます。

2-1.精神的な障害

タバコに含まれる物質には「ニコチン」というものがあります。

人間の脳は、ニコチンが結合することで快楽を得ることができる受容体があるそうです。

そのため、タバコを吸ってニコチンが血中から脳まで届くことにより「満足感」「落ち着き」「やる気UP」などの感覚を得ることができるのです。

その快楽には無意識的に「もう一度吸いたい」という欲求も芽生えさせる作用があるようです。

この快感を得るための一連の流れを繰り返し行う事が、のちに「依存」に繋がっていくと考えられます。

2-2.喫煙者同士の関係維持

喫煙者同士の中で芽生える「親近感」があるかと思います。

タバコを吸う時間を共有することで育まれる人間関係もあるのではないかと考えます。

タバコを吸うという行為はコミュニケーションを促してくれるひとつのきっかけにもなり得るのです。

そのきっかけ等を大切にしたいという考えをお持ちの方にとっては、タバコを吸わなくなってしまうと機会がなくなってしまうのではないか、といった理由で心配になってしまうこともあるのではないかと思います。

2-3.喫煙が常習化している

上記でも述べたように、タバコを吸うことが当たり前の行為となっていることもあるのではないかと思います。

喫煙が「食べる」「寝る」などといった行動と同等の扱いになっているのではないでしょうか。

習慣づいた喫煙の行為をやめる理由が見つけられないことで、結果的には「依存」に近い形でタバコを吸っているのではないかと考えます。

 

様々な要因でタバコに依存してしまうケースがあるようです。

依存から脱出するためには、大きな覚悟と努力が必要になるかと思います。

3.禁煙のメリット

みなさんはどのよう理由で禁煙に挑戦中ですか?

禁煙におけるメリットについて例を挙げさせていただきます。

3-1.健康的な生活を送ることができる

タバコを吸うことで起きる頭痛や吐き気、口臭問題などを軽減することができると考えられます。

タバコは健康状態に影響を及ぼす可能性もあるため、禁煙することで健康的な生活に近づけるのではないでしょうか。

健康であることは、仕事やプライベートなどあらゆる面で充実に繋がってきます。

3-2.将来的な大きな病気のリスクを軽減できる

タバコを吸う人の発がん性のリスクは非喫煙者に比べて高いと謳われています。

癌以外においても、将来的に大きな病気にかかてしまう可能性を高めてしまうものでもあるため、禁煙はそのリスクを軽減させることになります。

3-3.出費が減る

毎月かかっていたタバコの費用がなくなることで、出費が減ることが予想できます。

タバコもけして安い値段であるとは言い難いため、その費用が減るだけでも生活に大きなプラスの影響があるのではないかと思います。

3-4.他のことに使える時間・お金が増える

今までタバコに使っていたものを他のことに使うことができるのではないでしょうか。

それは時間であったりお金であったりと様々あるかと思います。

より充実した生活習慣にも繋がるのではないでしょうか。

 

禁煙することで得られるプラス効果はたくさんあります。

自分が禁煙することでどのような効果が得られるのかを洗い出してみると良いかもしれませんね。

4.「吸いたい!」衝動は数分間?

タバコを吸おうとして喫煙所に向かう途中、急な頼まれ事がありけっきょく吸わなかった。

そのような場面、またはそれに近い場面に出くわしたことはありませんか?

タバコを吸いたいという衝動は人それぞれに訪れるかと思いますが、実際にそのタイミングに吸うことが出来ないことも時にはあるかと思います。

思い返していただきたいのが、そのときに「どうしても吸いたくて気が気じゃない!」「吸えないなんてイライラする!」「そんなの後回しで吸いに行こう!」などといった感情を抱いたかどうかです。

多くの方が吸わなくなったらそれはそれで、その場をやり過ごすことができているのではないでしょうか?

タバコを吸いたいと思っていた衝動がスッと抜けていく方も中にはいるかもしれません。

体感したことがある方はイメージしやすいかもしれませんが、タバコを吸いたい衝動はごくわずかな時間で訪れるものとされているのです。

瞬間的な強い衝動によって、みなさんは行動を起こしていると考えられます。

つまり、この約数分間を乗り切ることができれば、吸いたい衝動を抑えることができるのではないでしょうか?

禁煙に挑戦する際は長い戦いとなることが予想され、気が遠くなるかもしれませんが、実際はこの「タバコを吸いたい数分間の衝動」をひとつひとつクリアしていくだけで良いのです。

一瞬の戦いを制することができれば、禁煙達成はもう目の前なのです。

5.タバコを吸いたくなってしまった際の対処方法

では、実際にタバコを吸いたい衝動に駆られた場合はどうすればよいのでしょうか。

衝動を抑える対処方法の例を挙げさせていただきます。

参考にしてみてください。

5-1.行動面での対処方法

行動を起こすことで衝動を緩和する対処方法です。

5-1-1.体を動かす

運動したり、ストレッチをして体を動かしてみるようにしましょう。

気分転換してみることで、タバコを吸いたい衝動を緩和できるかもしれません。

5-1-2.ガムを噛んだりアメを舐めてみる

アメを舐めたり、ガムを噛んだりして、口元を忙しくしてみると良いかもしれません。

「タバコの変わり」のような効果が得られるかと思います。

気を紛らわせてタバコのことを考えないようにしてみましょう。

5-1-3.人と会話する

周囲の方と会話などのコミュニケーションを心掛けることで、タバコのことを考えなくて良くなるかもしれません。

周囲の方との関係性の向上にも繋がると、より効果的な方法となるのではないでしょうか。

 

5-2.精神面での対処方法

気持ちの面で衝動を抑える対処方法です。

5-2-1.タバコを吸わない理由について考えてみる

タバコを吸いたい衝動に駆られたときは、今一度タバコを吸わないようにしている理由について振り返ってみましょう。

この場を耐えることで、その目標や願いが叶うということを再確認してみてください。

衝動を緩和させるきっかけになり得ます。

5-2-2.これまでの努力や苦労を思い出す

タバコを吸わないように挑戦していたとしても、一度吸ってしまうとまた振り出しに戻ってしまったも同然です。

これまでの努力や苦労を思い出してみましょう。

今まで乗り越えてこれたのですから、そのときのことを思い出せば、今回も乗り越えられるはずです。

5-2-3.タバコを我慢できた時の姿を想像する

タバコを吸いたい感情を我慢し、乗り切った時の自分の姿を思い描いてみましょう。

きっと、我慢できたことによる達成感と自信に満ち溢れているのではないでしょうか。

最終的に自分が目指す姿に繋がっていくはずですよ。

 

5-3.環境面での対処方法

環境・状況で衝動を緩和させる対処方法です。

5-3-1.タバコを持たない

吸いたいと思っても、タバコがないことには吸うことができません。

あらかじめ手元にタバコを置いておかないようにしてみましょう。

その環境に慣れてくると、タバコを誰かにもらいに行く、タバコを買いに行くなどといった行動を起こすことが面倒に感じるようになり、衝動が緩和されてくるのではと思います。

5-3-2.喫煙所に近づかない

喫煙所が近くにあると、つい寄りがちになってしまいます。

あらかじめ喫煙所の近くへは行かないようにしておくと良いかもしれません。

5-3-3.仲間・協力者をつくる

タバコが吸いたくなってしまうのは仕方のないことだと思います。

自分一人で解決しようとせず、周りの方に協力してもらうことも重要であると考えます。

タバコが吸いたくなったら協力者の方に相談してみてはいかがでしょうか?

自分の意思が揺らがないような助言やサポートをしてくれるかもしれません。

 

タバコを吸いたくなった際は、論理的観点・物理的観点から対処していくことが可能かと思います。

自分に合った対処方法を見つけ、精神的に苦痛にならない程度の取り組みができたらよいのかなと思います。

6.衝動をコントロールすることが大切

喫煙者にとって、タバコを吸いたくなる衝動にかられることは仕方のないことだと思います。

これまでは、タバコを抑止する理由がないために当たり前のように喫煙をしてきていたかもしれませんが、いざ禁煙をしてみようと取り組んでみると、あらゆる「我慢」が発生してきます。

タバコの依存性にも気付かされるかもしれません。

急激な生活環境の変化により、精神的にストレスを抱えてしまうこともあるかと思います。

禁煙をする際は、無理をしないことが重要なのではないかと考えます。

吸いたい衝動にかられた際は、まずはその感情を素直に受け止めるようにしてみましょう。

自分は今タバコを吸いたくなっているということを自覚しておく必要があります。

その感情を踏まえたうえで、次に自分が起こすべき行動について考えてみるようにしましょう。

ひとつひとつの場面で一呼吸置き、今後の自分のためにはどのような取り組みをするべきなのかを考えていくことで、徐々に目標達成に繋がっていくのではと思います。

吸いたい衝動を上手にコントロールしてあげることで、無理の少ない、負担が小さい禁煙への取り組みに繋がっていくのではないでしょうか。

7.最後に

これまで当たり前のように吸ってきていたタバコを急に止めることができる人はごくわずかだと思います。

ほとんどの人がタバコを吸いたい衝動を戦いながら、徐々に禁煙を達成していくものです。

タバコを吸いたくなってしまう衝動に駆られるのは仕方ないことだと考えるようにしましょう。

問題は、その衝動をどのようにコントロールしていくかです。

禁煙の取り組みが大きなストレスとなってしまうと元も子もありませんよね。

タバコをやめたいと思っている理由を明確にし、その目標達成に向けて自分に最適な対処方法を実施してみてください。

タバコを吸いたくなってしまった際は、そのたび一呼吸を起き、自分が禁煙している理由などを考え直しながら対処していきましょう。

「考える」ことを丁寧に行っていれば、ストレスなどの大きな負担を防ぎながら取り組んでいくことができるのではないでしょうか。

吸いたい衝動を抑えることができる人は、人としても精神的に強い人間へとなれるはずです。

徐々にでも、前進を続けられるように頑張ってみてください。

 

関連記事として、

タバコでもアレルギーになるって本当?化学物過敏症とはいったい?
タバコの値段はこれからも上がる?喫煙の「価値」について考えてみよう!
タバコをやめたいと思っているそこのあなた!効果的な禁煙方法について考えてみましょう!
女のタバコは危険!?禁煙するべき6つの理由とは?
喫煙のデメリット。思わず禁煙したくなる9つの害について

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。