タバコが原因で引き起こす口臭。6つの対策で克服しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

タバコを吸われている方に多い悩みの「口臭」。あの強烈な臭いのタバコを口から吸っていると確実に臭くなります。

自分では気づいていなくても、周囲の人は不快に感じている可能性が高いです。タバコを吸わない人は吸う人に比べて鼻の粘膜が正常なため、より臭いに敏感です。あなたが思っているより強烈な口臭だと思われていることもあるでしょう。

今回はタバコと口臭の関係や対策方法などについて解説していきたいと思います。禁煙することで口臭とおさらばするのが一番かとは思いますが、中々簡単にもいきませんよね。せめて口臭のチェックをしっかりし、周りに迷惑をかけないようにしましょう。

1.タバコが口臭の原因となるのはなぜ?

まずはタバコが口臭の原因となる理由について説明したいと思います。

タバコには様々な有害物質が含まれています。その中でも口臭の原因となる成分は以下のものがあげられます。

1−1.ニコチン

ニコチンは血圧を上昇させる作用があります。また血液循環も悪くなり、唾液分泌量が減ります。唾液は、殺菌作用があり口内の中に必要不可欠なものなのですが、その量が減り、さらに口が乾きやすくなるため口臭に繋がります。

また、タバコを吸うタイミングで必ず「一酸化炭素」を吸っているのですが、一酸化炭素がドライマウスの原因になると言われています。

1−2.タール

タバコ臭の原因はこのタールです。いわゆる「ヤニ」です。

このヤニは歯や舌などに付着し、そのままにすると強烈な臭いを発します。また、粘着性が高く、簡単には洗い流すことができないためタバコを吸ったあとそのままにしているとずっと口の中がタバコ臭い感じがするのです。

このヤニは肺や胃にも付着するため、それが原因で体調不良を引き起こすことがあります。また胃の不調などから口臭になる可能性もあるでしょう。

1−3.歯周病

タバコを吸う人のほとんどがなんらかの歯周病持ちであると言われています。タバコには先ほどのタールはもちろんですが、その他多くの有害物質が口を通っていきます。タバコを吸う人の口内環境は最悪と言っても良いでしょう。

そのような状態で歯のケアをしっかりしないと、歯周病になる可能性が非常に高いです。歯茎や歯の炎症から口臭に繋がることは非常に多いです。

2.タバコを吸うことで出る口臭への注意点と対策は?

タバコを吸うことで口臭が出やすいことはお分かりいただけと思います。では、口臭を抑えるための注意点や吸った後の対策などを説明していきたいと思います。

2−1.コーヒーやお茶などと一緒にタバコを吸うのをやめよう

よく一服のタイミングに缶コーヒー片手にタバコを吸う人が多いですよね。確かに非常に美味しいんですよね。しかし、これは口臭のことを考えると最悪です。

コーヒーは飲むと利尿作用が高まり、体内が水分不足に陥りがちです。また、唾液分泌量が減り口内の乾燥を促します。よってそこでタバコを吸うと、さらにタールが口内にとどまりやすくなり口臭を増長させる原因となります。
また、ココア、糖類の多いジュースなどは口に残りやすいですよね。そういったものと同様にタバコを吸っても同じような現象が起きる可能性が高いです。口臭を考えると絶対に同じタイミングに飲むべきではないです。

2−2.歯や舌を磨こう

まずは原因がどのようなものであっても口臭対策として一番最初に出てくるのは歯磨きですよね。

口内に残ったタールなどの有害物質を取り除くためにもしっかり歯の表面から歯の裏、すき間まで磨きましょう。また舌の上にもタールが多く残っています。歯ブラシであまり強く磨いてしまうと傷つけてしまう可能性もあるので、舌磨き用のグッズで洗うように心がけましょう。舌を傷つけるとさらにそれが口臭の原因になる可能性もあります。

2−3.うがいしたり口をゆすぐようにしよう

水やマウスウォッシュなどで口内環境を整えるようにしましょう。水で口をゆすぐだけでも口内の有害物質は取り除かれるため、口臭を抑えることができます。

2−4.水分補給をしっかりしよう

タバコを吸うことで唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥しそれが口臭の原因になるという話をしました。よってそれを解消するためにも水分補給をしっかりとしましょう。極力「水」が良いと思います。香料や味が強いものを飲んでしまうと、それが返って口臭を引き起こす要因となる可能性があります。

2−5.タバコを吸った後に深呼吸をしよう

タバコを吸った後5〜10分程度ですが、体内に煙が残っている可能性があります。よってそういったものを排除するためにも深呼吸をして早めに外にだしてあげましょう。

2−6.ガムやフリスク、ミンティアなどでお口直しをしよう

フリスク、ミンティアには口臭予防の成分が入っており、最後のお口直しにはピッタリです。また、ガムもそれ自体の臭いで口臭を防ぐことにもなりますし、かつ唾液の分泌を促します。
こういったもので最後にお口直しをしてしっかり対策をしよう。

3.最後に

タバコは口臭を引き起こす大きな要因となるということがお分かりいただけたかと思います。口臭が気になると言いながらタバコを吸っていたら本末転倒です。タバコは基本的に悪影響しかありません。是非、口臭をきっかけに禁煙してみるのも良いと思います。

どうしても禁煙できないという方は、せめてものエチケットとして口臭対策をしっかりしましょう。

 

関連記事として

タバコからくる頭痛!症状を見極め、的確な対処をしよう!

喫煙のデメリット。思わず禁煙したくなる9つの害について

禁煙するとこんな良い効果が!?10のメリットを知ろう!

電子タバコに害はあるのか?タバコとの差は?

タバコが引き起こす吐き気。6つの原因とその対策について。

女のタバコは危険!?禁煙するべき6つの理由とは?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。