タバコからくる頭痛!症状を見極め、的確な対処をしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭痛

タバコを吸っていると突然頭痛がする経験をしたことある方は多いと思います。また喫煙席にいてタバコのニオイで頭痛がしたりと、タバコが原因で頭が痛くなるという悩みを抱えている方が結構多いです。

タバコと頭痛は果たして密接な関係があるのでしょうか。

今回はその関係性について解説していきたいと思います。是非タバコからくる頭痛のお悩みの方は当記事を読んで解決してください。

1.なぜタバコが原因で頭痛が起きるのか

タバコには様々な有害物質が存在し、その影響により頭痛が起きると言われています。また、アレルギーなどの可能性もあります。

1−1.ニコチンによる血管の収縮

タバコに含まれる有害物質の1つである「ニコチン」。ニコチンには血管を縮める作用があり、血液、酸素が脳に行き渡りにくくなります。またその反動で拡張が起こり頭痛につながると言われています。

1−2.自律神経の乱れ

タバコを吸うとアドレナリンが分泌され、血圧があがり興奮します。興奮すると副交感神経より交感神経が優位となります。タバコをずっと吸っていると交感神経が優位となりっぱなしとなり自律神経が乱れます。

そうなると筋肉が緊張しっぱなしとなり、血行不良が起きます。その結果頭痛につながると言われています。

自律神経が乱れるのはタバコだけが原因ではありません。日々のストレスや生活リズムの乱れなど様々な原因が存在します。タバコだけが原因ではないことを理解しましょう。

1−3.化学物質過敏症

タバコを吸っていないのに、ニオイをかいだだけで頭痛がしたり、喫煙スペースにいるだけで頭が痛くなってくるといった方はこのアレルギーを持っている可能性が高いです。

化学物質過敏症とは、微量な薬物や化学物質を体内に取り込んだだけで、頭痛や吐き気などの体調不良を引き起こしてしまうというアレルギーです。特に人体で耐えられる薬物や化学物質の許容量が少ない人は、タバコの煙に含まれる化学物質から影響が出てしまいます。

主な症状は以下のようなものがあります。

・頭痛、吐き気、目のかすみ、痛み、鼻水、耳鳴り、喉の痛み、下痢、便秘、咳、くしゃみ、ジンマシン、貧血など

よく起こりがちなたくさんの症状があり、それらはこのアレルギーからきている可能性があります。

 

また、タバコ以外にも現代では様々な製品に化学物質が含まれています。

・シャンプー、化粧品、香水、消臭剤、殺虫剤、洗剤など

こういった製品からも同様の症状が出ると言われています。原因はタバコだけではない可能性がありますので注意しましょう。

2.タバコからくる頭痛とはどういった症状なのか

ここまで、タバコからくる頭痛の原因について説明してきました。ここからは頭痛の種類と症状について説明したいと思います。

頭痛にも様々な種類があり、それぞれにあった対処を行わないと症状がひどくなる可能性があります。しっかりご自身の症状を見定めましょう。

2−1.緊張型頭痛

症状としては頭を何かに締め付けられているような鈍痛が突然起こります。吐き気や目まいを伴うことがあると言われています。

原因は血管が縮むことで起こり、肩、首、背中のこりなどから頭痛へと発展します。また、目の疲れなどからも起こると言われています。

2−2.片頭痛

偏頭痛とも記載されます。どちらも同様の症状のことを言います。

症状としては、脈拍と同じタイミングでズキズキするような痛みになります。これも吐き気や目まいを伴うことがあると言われています。

原因は緊張型頭痛とは逆で、血管が拡張することで周りの神経を圧迫することで起こります。片頭痛には前兆があるとも言われており、目の前にチカチカと輝く光が現れる「閃輝暗転」といわれる前兆が起こるともいわれております。

2−3.群発頭痛

上記の2つの頭痛は症状が似ており、ほとんどの人がその症状を訴えます。しかし、その他に一番症状が辛い「群発頭痛」というものが存在します。別名「自殺頭痛」とも言われます。

症状は、頭のどちらか片側だけが痛み、その側の目の奥がえぐられるような痛みがあります。その痛みは耐え難いもので、名前の通り死にたくなるほどと言われています。

まだはっきりとした原因が解明されていないのですが、血管の収縮が原因という声があるためタバコやアルコールをよく摂取する人に多いと言われています。

3.自身の頭痛の種類を判断しよう

上記で3つの頭痛の種類を説明してきました。どの頭痛もタバコが原因で起こるものと言われています。

群発頭痛については明らかにその他2つの症状とは違うと思うので判断ができると思うのですが、緊張型頭痛と片頭痛の判断は症状が似ているので難しいですよね。以下のことをためしてみましょう。

3−1.お辞儀をしてみよう

お辞儀(頭を前に下げる)をすると痛みが増す場合は、片頭痛になります。変わらない場合は緊張型頭痛です。

これは、それぞれの頭痛の原因は血管の収縮により起こっているためです。

お辞儀することで脳内の血圧が上がりさらに血管が拡張されるため痛みが増します。

4.各頭痛の対処法について

頭痛には複数種類があり、それぞれの判断の仕方をご理解いただけたかと思います。では最後はそれぞれの頭痛における対処法について説明したいと思います。症状は同じでも原因が違うと対処法が異なりますので注意してください。

4−1.緊張型頭痛における対処法

血管が縮み血行不良を起こし発生する緊張型頭痛の対処法はとにかく血行を良くすることです。血行を良くするには以下のような行動を取りましょう。身体を温めることを意識しましょう!

・入浴

・マッサージ

・軽い運動

・軽い飲酒

・体をリラックスさせる

4−2.片頭痛における対処法

片頭痛は血管が拡張しおきます。その拡張を抑えるためには冷やしたほうが良いと言われています。痛む場所を冷却シートなどを使用して冷やしましょう。また、騒音や光も原因になるのでそういったものを避けるようにしましょう。冷やしながらゆっくり休むと血管は収縮し、痛みが和らいできます。

また、コーヒーなどの入っているカフェインを摂取すると血管が収縮します。大量に摂取するとカフェインの作用により頭痛がひどくなる可能性もありますので適度に摂取してみましょう。

4−3.群発頭痛における対処法

群発頭痛は一度かかると発症頻度も多く、死ぬほどの痛みを伴うため必ず病院にいくようにしましょう。自殺頭痛と言われるほどですので、出たら薬を飲んだり、また酸素吸引などを行って症状を和らげる必要があります。必ず医師の診断のもと適切な対処法を取りましょう。

5.最後に

ここまでタバコが原因で起こる頭痛とその判別方法、そして対処法について説明してきました。

1つ注意点があります。タバコを吸っている人は脳卒中脳梗塞などの確率が上がると言われています。よっていつも通りの頭痛だと思い簡単に考えないようにしましょう。また、症状がひどい場合は薬を飲んで痛みを和らげることを忘れないようにしてください。

タバコは身体に害な成分がたくさん含まれています。タバコを吸って頭痛が出るようであれば、それをきっかけに禁煙してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事として、

タバコが引き起こす吐き気。6つの原因とその対策について。

タバコが原因で引き起こす口臭。6つの対策で克服しよう!

禁煙するとこんな良い効果が!?10のメリットを知ろう!

喫煙のデメリット。思わず禁煙したくなる9つの害について

女のタバコは危険!?禁煙するべき6つの理由とは?

電子タバコに害はあるのか?タバコとの差は?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。