頭皮が臭い!?原因を知り6つの対処法で解決しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭皮の悩み

「あれ。。頭が臭い。。」

なかなか自分では気付く機会は少ないのですが、自分の鼻まで匂ってきた経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。そういった時は、周りの人を不快にさせてしまっているのではないかと心配な気持ちになりますよね。

また、頭は外出先だとすぐにケアすることができません。ヘアスプレーなどで瞬間的にニオイをごまかすこともできますが、実際のニオイが落ちているわけではありません。一時的なニオイの良さで安心していても、頭皮のニオイとスプレーのニオイが混ざり恐ろしいニオイを放つ可能性もあります。

今回は、頭皮が臭う原因とその対策について説明したいとおもいます。気になる頭皮のニオイとおさらばしましょう。

1.頭皮が臭くなる原因は?

頭皮には皮脂腺と汗腺と言われる分泌腺が非常に多く存在しています。特に皮脂腺からでる皮脂と呼ばれる成分が酸化するとベタ付いたり、悪臭を放ちます。体全体の中で比較的皮脂腺の多い顔のTゾーン。良く指でなぞると脂で滑ることがありますよね。頭皮にはその2〜3倍の皮脂腺が存在していると言われています。

しかし、どんな人にも頭皮に皮脂は存在します。皮脂は本来、皮膚を守る役目を果たします。

ただし、その皮脂が様々な要因で増加、減少してしまい正常状態でなくなると頭皮が臭う原因になります。
それは、季節によるもの、日々の食生活、髪の毛の洗い方、また運動不足など様々です。

次はそれら対処法を説明していきたいと思います。

2.頭皮のニオイを防ぐ対処法とは

上記でも記載した通り、頭皮が臭う原因は皮脂と呼ばれるものが酸化し、それが悪臭を放つことによるものであることがお分かりいただけたかと思います。また、その皮脂の量が様々な要因により正常量でなくなってしまった場合に頭皮が臭います。

ではそこで頭皮のニオイを防ぐ対処法を以下に説明します。

2−1.シャンプーの方法や頭皮ケア方法を見直そう

頭皮はたくさんの髪の毛に覆われているため、普段のシャンプー方法ではしっかりと洗えていない可能性があります。以下の方法を実践してみてください。

①髪の毛全体を良く濡らそう

まずは、38度前後のぬるま湯で髪の毛を十分に濡らしましょう。十分ぬるま湯で流すことで、実は頭の汚れは7〜8割程度落ちていると言われています。

②洗浄力の強すぎないシャンプーで洗おう

シャンプーは基本的に洗浄力が強いです。よって極力洗浄力が控えめなアミノ酸のシャンプーを使ってみましょう。
皮脂が多くて一回で全部洗い流したいという気持ちもわかるのですが、皮脂を全部取り除いてしまうと水分が蒸発してしまいフケなどの原因などになります。そうすると雑菌が入りやすくなり逆に臭くなってしまうことがあります。

③頭皮をじっくり洗おう

シャンプーを手に取ったら手の上でまずじっくり泡立ててください。そうしたら指先で頭皮全体を揉むように洗ってください。ここで注意点として、「爪を立てて強く洗うこと」はやめましょう。頭皮を傷つけてしまい雑菌などが入りやすくなってしまいます。頭皮全体をじっくり揉み洗いしたら、再び38度程度のぬるま湯でじっくり洗い流しましょう。

全体を通して5分〜8分程度かけてじっくり行ってみてください。そして最後にしっかり洗い流すことを意識してください。また、シャンプー後のドライヤーも重要です。

④髪の毛だけでなく、頭皮をしっかりドライヤーで乾かそう

髪の毛を洗ったあとにそのまま濡れた状態で出かけたり睡眠をとるのは頭皮にも髪の毛にも良くありません。
必ずドライヤーの時間をもうけて乾かすことを心がけましょう。
まず、熱風で頭皮・髪の毛を共にじっくり乾かした後、冷風で全体を引き締めましょう。

ここまで頭皮の洗い方や乾かし方について説明してきました。これだけで頭皮のニオイに変化があらわれる方もいらっしゃいますが、さらなる頭皮のケア方法としては以下のものがあります。

⑤ヘッドスパにいってみよう

頭皮や髪の毛分野におけるプロフェッショナルがいるヘッドスパに行き、マッサージやカウンセリングを受けることは非常に有効な手段です。

また、髪の毛を洗うのは朝より夜のほうが良いです。頭皮は皮脂膜によって守られているのですが、洗髪することによって流されます。そこから新たな皮脂膜が作られるまでに数時間かかるのですが、朝洗いそのまま出かけてしまうとその皮脂膜が完全に形成される前に紫外線などを浴びて頭皮が守られにくくなってしまいます。よって夜に髪の毛を洗い、寝ている間に皮脂膜が作られるほうが頭皮に良いと言えるでしょう。

2−2.食生活を見直そう

偏った食事や1日3食しっかり取らないと十分な栄養が取れません。まずはバランスの良い食生活ができるように心がけましょう。

その中で特に気をつけないといけない点は、「脂質と糖分」を極力さけるようにすることです。
特に肉類や乳製品の過剰摂取はダメです。脂質の多いものを摂取すると皮脂の分泌量が増えてしまいます。
また、ケーキ・お菓子・お酒なども取りすぎは良くないです。自分の中でルールを決めて取りすぎないようにしましょう。

2−3.ストレスを溜め込まないようにしよう

ストレスは肌に悪いと良く言われますが、頭皮も同じです。ストレスはホルモンバランスに悪影響を及ぼし、頭皮の皮脂分泌を活発化します。自分なりのストレス解消法を見つけ溜め込まないようにしましょう。軽い運動などをするようにして、生活習慣の見直しも行うと非常に良いと思います。

2−4.睡眠をしっかり取るようにしよう

睡眠は人間にとって回復する時間であり、その時間をしっかり取れないと髪の毛や頭皮にも悪影響を及ぼします。
全然眠れない日々が続いたりすると、白髪が増えたり肌にすぐに影響が出たりします。それだけ睡眠は非常に重要なのです。6時間以上の睡眠を毎日取れるように心がけましょう。

2−5.喫煙をやめよう

喫煙は体に様々な悪い影響を及ぼします。特に頭皮や髪の毛に良い影響は一切ありません。またビタミンCを破壊するため肌の弾力性を保つコラーゲンを生成できなくなり、頭皮に悪影響を及ぼします。
また、喫煙されている方が禁煙しようとすると大きなストレスになります。そのストレスが頭皮に再び悪影響となると負の連鎖です。しかし、喫煙し続けるよりも確実に禁煙した方が体に良いです。また、吸ってみようかなと思っている方は様々なリスクがあることを知りましょう。

3.最後に

ここまで頭皮のニオイの原因からその対処法まで説明してきました。この悩みを抱えている方は対処法の中に実践すべきだなと思ったものがあると思います。是非実践してみてください。
ニオイは自分にとっても、また他人にとっても非常にストレスになります。是非改善できることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。