タバコの値段はこれからも上がる?喫煙の「価値」について考えてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

みなさん、毎月タバコにいくらのお金を使っていますか?

現在、日本で発売されているタバコの平均値段は一箱400~500円くらいとなっています。

比較的にリーズナブルな値段と感じるかもしれませんが「月」単位で換算すると意外と大きな費用となっているかもしれません。

また、今後は「増税」などの影響も受け、よりタバコの値段が高騰することも考えられます。

計画的な喫煙を実施しないと、おサイフに大きなダメージを与えてしまいかねないことを把握しておかなければいけませんね。

今回はタバコの値段について理解を深め、あなたにとってのタバコの価値を考えていましょう。

今後の喫煙の参考にしてみてください。

1.現在の日本のタバコの値段

日本

現在、日本では様々な銘柄のタバコが販売されています。

主なタバコの値段は以下のようになっています。

1-1.メビウス

mevius_pre1

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約430円

1-2.セブンスター

sevenstars_1

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約460円

1-3.ウィンストン

winston_xs_caster_3

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約420円

1-4.ピース

peace_light

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約460円

1-5.ピアニッシモ

タバコ

(出典:http://kishida.ocnk.net/product/536)

<値段>

 約430円

1-6.キャスター

l-1717

(出典:http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/goods/goods-1717.php)

<値段>

 約440円

1-7.ケント

kent_s_1

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約420円

1-8.アメリカンスピリット

amespi_m1

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約480円

1-9.クール

l-2001

(出典:http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/goods/goods-2525.php)

<値段>

 約450円

1-10.パーラメント

parliament_light_KS

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約450円

1-11.ラッキーストライク

l-2525

(出典:http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/goods/goods-2525.php)

<値段>

 約460円

1-12.ラーク

lark_mentholx_10

(出典:http://www.yakiriya.com/kamimaki.html)

<値段>

 約420円

 

これら以外にも、数多くのタバコが存在します。

この豊富な種類が取り揃っていることが、タバコを愛用する人の多さに直結しているのではないかと考えます。

2.世界的なタバコの値段

地球儀

タバコの値段は世界各国でも様々です。

各地域のタバコの平均的な値段と日本のタバコの値段を比較してみましょう。

2-1.ヨーロッパ

ヨーロッパは国によって値段の大きな差があるようです。

 ・アルバニア ・・・ 約230円
 ・オーストラリア ・・・ 約610円
 ・ベルギー ・・・ 約705円
 ・フランス ・・・ 約948円
 ・ドイツ ・・・ 約690円
 ・ノルウェー ・・・ 約1517円
 ・イギリス ・・・ 約1097円

2-2.アジア

アジア諸国の多くは比較的に安い値段でタバコが販売されているようです。

2-2-1.中央アジア

 ・カザフスタン ・・・ 約108円
 ・ウズベキスタン ・・・ 約122円
 ・キルギルスタン ・・・ 約95円

2-2-2.東アジア

 ・香港 ・・・ 約677円
 ・マカオ ・・・ 約379円
 ・韓国 ・・・ 約217円
 ・台湾 ・・・ 約298円

2-2-3.西アジア

 ・イラン ・・・ 約203円
 ・イラク ・・・ 約190円
 ・オマーン ・・・ 約176円
 ・サウジアラビア・・・ 約162円
 ・トルコ ・・・ 約433円

2-2-4.南アジア

 ・アフガニスタン ・・・ 約460円
 ・バングラディッシュ・・・約176円
 ・ネパール ・・・ 約122円

2-2-5.東南アジア

 ・カンボジア ・・・ 約95円
 ・インドネシア ・・・ 約135円
 ・シンガポール・・・ 約1030円
 ・タイ ・・・ 約257円

2-2-6.中国

 ・吉林省 ・・・ 約257円
 ・四川省 ・・・ 約190円
 ・広東省 ・・・ 約298円
 ・広西省 ・・・ 約244円

2-2-7.インド

 ・デリー ・・・ 約217円
 ・ゴア ・・・ 約162円
 ・西ベンガル ・・・ 約217円

2-3.アメリカ

アメリカも州によって値段がまちまちのようです。

2-3-1.アメリカ

 ・アリゾナ ・・・ 約832円
 ・カリフォルニア ・・・ 約713円
 ・フロリダ ・・・ 約808円
 ・ハワイ ・・・ 約1188円
 ・ケンタッキー ・・・ 約535円
 ・ネバダ ・・・ 約772円
 ・ニューヨーク ・・・ 約1521円
 ・ワシントン ・・・ 約832円

2-3-2.中央アメリカ

 ・ベリーズ ・・・ 約760円
 ・コスタリカ ・・・ 約178円
 ・パナマ ・・・約392円

2-3-3.カリビアン

 ・キューバ ・・・ 約143円
 ・ドミニカ ・・・ 約356円
 ・ジャマイカ ・・・ 約523円

2-4.南米

喫煙ができる公共施設が減少してきているようですが、値段は比較的に安めです。

 ・アルゼンチン ・・・ 約202円
 ・ブラジル ・・・ 約321円
 ・チリ ・・・ 約452円
 ・コロンビア ・・・ 約214円
 ・パラグアイ ・・・ 約155円

 

<価格が高い国>

 ・イギリス
 ・シンガポール
 ・ハワイ
 ・ニューヨーク    など

<価格が安い国>

 ・カザフスタン
 ・ウズベキスタン
 ・キルギルスタン
 ・カンボジア     など

 

世界各国タバコの値段はまちまちのようですね。

比較的値段が高いアメリカでは、安いタバコを求めて南米まで買いに行く事例もあるようです。

喫煙家の方にとっては、タバコを吸う上で「値段」も重要なポイントとなっているようです。

3.タバコの値段の推移

グラフ

みなさんはタバコが普及され始めた当初の価格についてご存知でしょうか?

明治時代の初頭から紙タバコが庶民にも浸透していき、本格的に葉タバコ専売法が制定されていきました。

タバコによる税収は、国税においても大きな割合を占めていたそうです。

財源確保の目的も兼ね、多くの場面でタバコが販売されるようになっていったみたいです。

当時のタバコの値段は約100円くらいだったようですよ。

現在の平均価格が約400~500円と考えると、とても安く感じますよね。

以降、タバコの値段がどのように推移していったのかを年代ごとに確認してみましょう。

現在発売されているタバコの中でも代表的な「セブンスター」を参考としています。

3-1.1969年

昭和44年2月1日から発売

販売価格 ・・・ 約100円

3-2.1975年

昭和50年12月18日から価格変更

販売価格 ・・・ 約150円

3-3.1980年

昭和55年4月22日から価格変更

販売価格 ・・・ 約180円

3-4.1983年

昭和58年5月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約200円

3-5.1986年

昭和61年5月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約220円

3-6.1997年

平成9年4月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約230円

3-7.1998年

平成10年12月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約250円

3-8.2003年

平成15年7月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約280円

3-9.2006年

平成18年7月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約300円

3-10.2010年

平成22年10月1日から価格変更

販売価格 ・・・ 約440円

 

販売が始まった当初は約100円だったタバコも、現在では400円を超える価格となっていることがわかります。

時代の流れと共に、タバコのあり方にも変化があるようですね。

4.今後タバコの値段が上がる可能性も

赤ちゃん

これまでの時代の背景を見ると、タバコの価格は年々高くなっていることがわかります。

直近では、2014年4月から消費税率が5%から8%へ引き上げられたことに伴い、タバコの値段も10~20円ほど高くなりました。

今後においても、増税などの影響を受けてタバコそのものの単価が高騰することはおおいに予想することができますよね。

たかが10~20円かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この増分も積み重なれば結構大きな負担となり得ます。

これからもタバコの購入を継続していく考えをお持ちの方は、今後のタバコの値段がどのように変動していくのかを気にかけておく必要があるかもしれません。

5.あなたは毎月タバコにいくら使っていますか?

サイフ

だいたいの家庭では「月」単位で生活の構成を立てていきます。

毎月のお給料から生活費や交際費などの必要分を出費していくわけですが、はたして「タバコ」にはみなさんどのくらいのお金を使っていますか?

タバコへの出費について簡単な例を挙げてみます。

<喫煙の例>

 ・一箱440円のタバコを愛用
 ・一日一箱を吸い切る
 ・毎日喫煙している

<タバコの使用額(月)>

 ・440円 × 30日(1ヶ月) = 13、200円

簡単な計算ですが、この例だと1ヶ月に約13,200円をタバコに使用していることとなります。

この値段を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、けして小さな出費であるとは言い切れません。

みなさんのタバコの使用状況を振り返り、生活に支障をきたさないほどよい出費であるかの確認をしてみてください。

6.あなたにとってのタバコの価値を考えてみよう

考える

上記のことを踏まえ、あなたはタバコに使っているお金が高いと感じましたか?安いと感じましたか?

高いと感じ、そこまでしてタバコを吸う必要はない・・・と感じた方は今後の喫煙について見直してみても良いかもしれません。

「金銭」という目に見える形で考えるようにしてみると、あなたにとってタバコはどのくらいの価値があるのかを把握することができるかと思います。

これからもタバコにはお金がかかり続けます。

禁煙を考えている方は、タバコへの出費が負担となることが理由となることもあるのではないでしょうか?

7.計画的な喫煙を

タバコ

喫煙に関して気をつけるべきことの一つが「計画性」だと考えます。

それは、喫煙のペースや吸い方、購入の仕方など様々な面において言えます。

今回お話してきた「タバコの値段」についても同様で、お金がかかるものなので計画性をもった購入と

使用を意識するべきであると思います。

すべてのバランスを適切な状態に整えることで、快適な喫煙を実施することができるのではないでしょうか。

費用面などを含め、今一度タバコについて考え直してみましょう。

自分が納得したうえでの喫煙ができるように心掛けてみてください。

8.最後に

タバコ

小さな出費と捉えがちかもしれませんが、明確に数字として見てみると、意外とたくさんのお金を使っているということが分かるのではないでしょうか?

また、タバコは年々値段が上がってきているのが傾向として見えてきました。

これからの情勢においても、それは例外とは言い切れないでしょう。

タバコに対して、それだけのお金をかける価値があるのかを今一度自分自身に問いてみてください。

現状のお金の使い方が自分にとって正しいものなのかを見直すいい機会にもなるかもしれませんよ。

タバコの吸い方を明確に定め、自分に適した喫煙ライフを見い出してください。

 

関連記事として、

タバコをやめたいと思っているそこのあなた!効果的な禁煙方法について考えてみましょう!
タバコからくる頭痛!症状を見極め、的確な対処をしよう!
タバコが原因で引き起こす口臭。6つの対策で克服しよう!
喫煙のデメリット。思わず禁煙したくなる9つの害について
電子タバコに害はあるのか?タバコとの差は?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。