汚部屋の片付け!効率良く片付ける4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
綺麗な部屋

部屋の片付け。やらなければと自分では分かっているつもりでも実行まで辿りつくのは至難の技です。

いざ、決心して作業を始めても、見える所にあったあれやこれが見えない所に移るだけ。。。これでは、一生片付きません!

「そんな事わかってるよ!」そんな声が挙がるのももちろん分かっております。

そこでLIFOより、汚かった部屋が見違えるような美しい部屋に様変わりする「ちょっとした4つのポイント」を皆さんにご紹介したいと思います。

1. 気持ちから掃除に入ろう

綺麗になった自分の部屋を想像してみて下さい。

「恋人・友人をかっこいい自分の部屋に招待したくなりますよね?」
「気分がリフレッシュされて、部屋で過ごすことが苦痛じゃなくなりますよね?」

まずは、部屋を綺麗にすることで得られるメリットをできるだけ挙げて、片付けへのやる気を引き出していきましょう!

それでは実際に片付けのコツをご紹介していきます。

2. 捨てる

そもそも片付かない方の特徴として、部屋の収納能力以上に物が溢れかえっていることが、大きな特徴でしょう。

部屋の片付けにおいて一番大事と言いますか、マストな事がこの「物を捨てる」です。

部屋を見渡して見て下さい。たくさんの物がありますね。その中にはもちろん、生活必需品もありますし、「これって何に使うんだ?」みたいな自分でも意味が分からない物もあると思います。

それではここから上手に物を捨てていくコツをご紹介します。

2-1. 落ちている物の処理

まずは、部屋の床に落ちている物を処理しましょう。

その時に絶対に必要なもの以外は全て捨てるようにしましょう。この過程で結構な量を「絶対に必要なもの」にしてしまうと、全く片付きませんので注意してください。
だいたい、床に落ちている物というのはそんなに重要な物はないはずですよね?

だんだんと部屋が綺麗になっていくので、モチベーションも上がっていきます。

2-2. 収納物の再確認

次に、一旦収納してある物(クローゼット、引き出し、本棚など)を全て出しましょう。

上でも書きましたが、そもそも片付けができない人の特徴として、物が多いが大きな特徴です。
一旦全て出して、その物が本当に自分の生活に必要なのか、一度よく確認してみましょう。

ここで捨てるにあたってのちょっとしたコツですが、まずは、比較的に思い出の品(友人からのプレゼントなど)が少ない洋服から手をつけていくと捨てるのが捗ると思います。

洋服に関しては、1年以上着ていない洋服は全て捨てるようにしましょう。冠婚葬祭用は別として、1年以上着ていない洋服をこれから着ることは、ほとんどありません。

次に洋服以外の物ですが、まず、雑誌やハガキ、DMなどは優先して捨てていきましょう。あとは、読み終わった本なども捨てるか、ブックオフなどに纏めて持って行った方が良いでしょう。

この時点でも大分片付いたんではないでしょうか。

一番難しいのが、思い出の品です。例えば、「親友にプレゼントされた物」や「海外旅行で買った物」などです。

かなり大事な品であれば、それ用のボックスを作って纏めて収納すると良いでしょう。

それ以外の物は、基本的に捨ててしまいましょう。捨てることによって気持ちもスッキリするかもしれませんし、なにより本当に必要のない物であれば、捨てたことも忘れるでしょう。

3. 収納のコツ

後は、残っている物を一つ一つ収納していくだけです。

収納のコツとしては、「物の定位置を決める」ことでしょう。
物の定位置を決めておくことで、綺麗な部屋をキープすることも簡単になるので、是非実践して下さい。

さてここで重要なことですが、「これは比較的よく使うから」と言って見えるところ(机の上など)に置くのは避けましょう。
机の上は、ティッシュ箱、TVリモコン、カレンダーといった、最低限の物だけにしましょう。
普段使うからといって、見えるところに置いてしまうと、結局また収納のできていない汚い部屋となってしまいます。

必要ないものを全て捨てているので、収納するのは比較的簡単にできるのではないでしょうか?
もし、「全然入りきらないよ」という方がいるなら、それはまだまだ捨てきれていないということです。もっと思い切って捨てましょう。

4. 美しいをキープ

さて、最後に綺麗になった部屋をキープするコツをご紹介します。

せっかく綺麗になったのに、何も考えずに生活すると、またすぐに物が散らかっている汚い部屋に逆戻りしてしまいます。せっかく綺麗にしたので絶対に避けたいですね。

4-1. 使い終わったら元の位置に

物の定位置を決めたことが、ここで生きてきます。一つ一つ定位置を決めて、面倒くさがらずに必ず定位置に戻す癖をつけましょう。また、面倒くさいと感じないためにも、なるべく必要のない物は捨てておきましょう。

4-2. 床は綺麗に

床には絶対に物を置かないようにしましょう。床に物を置き始めると、たちまち部屋が汚くなっていきます。床にあるものは非常に目立ちますし、なにより生活空間ですので、収納するようにしましょう。
読みかけの雑誌は本棚へ!飲みかけのペットボトルは冷蔵庫へ!いちいち面倒ですが、しっかりと片付けましょう。

4-3. ゴミ箱

ゴミ箱は絶対に用意しましょう。片付けができない人の多くがコンビニやスーパーの袋をゴミ箱にしています。
これは、見た目も悪いですし、ゴミを捨てたい時に袋がないと、「とりあえずここに置いとこ」となってしますので、結果、部屋が汚れてしまいます。

4-4. 買い物の前に

物を増やさないことは非常に重要です。
せっかく物を捨てて綺麗にしたのですから、何かを買う前にその物が本当に生活に必要な物なのか確認しましょう。
また、同じ用途で新しい物を買った場合は、絶対に今持っている古い物は捨てるようにしましょう。
このように気を付けながら買い物すれば物で溢れることも無くなることでしょう。

 

如何でしたでしょうか。部屋を綺麗にするポイントを4つご紹介させて頂きましたが、ぜひ実践してみて下さい。
部屋が綺麗になれば心身ともにリフレッシュされ充実した生活を送ることができますよ!
1人暮らしであれば、1日あれば終わってしまうので、休日を1日フルに使って美しい部屋に変身させましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。