猫の目やには病気のサイン?色や量など様々な特徴から判断しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネコ

猫を飼われている方で、猫の「目やに」が心配になり病院に連れていく方は非常に多いです。動物病院に訪れる原因で目やには、必ず上位に入ってくると聞きます。

愛猫に何か異変が起きたらまず病院を考えるのは間違っていません。どんな病においても早期発見、早期治療が一番です。しかし、何か起きる毎に病院に行ってたら大変です。人間でも行きませんよね。

今回は、猫における「目やに」についてまとめてみました。目やにの色や状態、またどちらの目から出ているか等、様々な角度から確認し、病院に連れていく判断しましょう。

1.猫の目やにとは?

猫の目は涙で覆われており、常に潤っています。起きている時はまばたきをし、古い細胞やゴミなどを流すことができます。寝ている時はまばたきをしないため目は乾燥します。すると古い細胞やゴミなどが目のフチに固まります。

そうしてできたものが「目やに」です。基本的には人間と変わりません。

正常の目やには、健康で新陳代謝がしっかりとなされている証拠であり心配する必要はありません。

しかし、その目やにが病気や怪我などのサインになる時もあります。

2.猫の正常の目やにの特徴とは

猫は普通に生活をしていても目やにがでることをご理解いただけたかと思います。猫は1日を寝て過ごすことが多い動物です。よって一度寝て目やにが溜まり、その後また目やにと蓄積されて結構な量になることもあります。

では正常な新陳代謝によりでた目やにはどのような特徴なのでしょうか。

2−1.赤褐色、茶色、黒色の目やに

まずは色で判断しましょう。上記に記載したような色の目やにの場合は正常な目やにである可能性が高いです。

2−2.目やにの量は?

目頭や目のフチに少量のパターンが多いです。

しかし、目やには人間がとってあげないとそのまま固まってしまい、さらにその上から目やにが蓄積され多くの目やにが出てると勘違いしてしまうことがあります。

よって、日々猫の目の部分に注目し、目やにが出ているようであればとってあげるようにしましょう。取り方については後ほど説明しますね。

2−3.どちらの目からでる?

両目からでる可能性もありますし、片目だけの時もあります。基本的には一回で大量に発生することは少ないためわかりづらい時もあります。

3.病気や怪我の際にでる猫の目やにの特徴とは

では病気や怪我の際にでる猫の目やにはどのような特徴なのか。

3−1.白色、黄色、緑色っぽい目やに

白色、黄色、緑色のような目やにが出ていると感染症などにかかっている可能性があります。以下のようなものがあげられます。

・猫カリシウイルス

・猫ヘルペス

・猫クラミジア

・鼻炎

これらはいわゆる猫風邪と呼ばれるものです。人間の風邪の症状と似ており、鼻水やくしゃみなどを伴います。

この猫風邪からさらに以下のような目の炎症に発展する可能性があります。

・角膜炎

・結膜炎

・白内障

これらの炎症まで出てしまいますと、目に異常が発生しているのが確認できます。また、喧嘩や自分で目をこすってしまい傷がつき角膜炎になってしまうこともあります。

3−2.目やにの量は?

感染症や目に傷を負っている場合は、目から涙が大量に出たり、膿がでることがあります。よって量も多くなることが多いです。

3−3.どちらの目からでる?

病気の具合やその個体によって異なりますが、感染症にかかっている場合は両目から目やにがでると言われています。しかしもちろん片方からしか出ない可能性もあります。

また、片方の目をこすってしまい怪我をしまった場合などは、その目から目やにが出ます。

3−4.その他の特徴は?

猫風邪などの感染症にかかっている場合は、目やにだけではなく他にも様々な症状が出ます。発熱、鼻水、くしゃみ、食欲不振など人間の同様の風邪のような症状が出ます。またひどい場合は、口内炎、肺炎など重大な症状がでる可能性もあります。病院に連れて行き、症状を確認してもらい対処しましょう。

また、これらはワクチン接種することで予防することもできます。猫を飼う上で必要なワクチンは接種するようにしましょう。

4.猫の目やにの取り方について

正常な目やにとそうでない目やにについて説明をしてきました。猫は目やにが普通にでる動物であることをご理解いただけたかと思います。

目やには放置すると目頭や目のフチで固まってしまいます。基本的には老廃物の固まりであるため綺麗なものではありません。そういったものを放置すると目が傷つく可能性やそこから感染症などにかかってしまう可能性もあります。

こまめに目のまわりの状態を確認し、ついている時はとってあげましょう。

4−1.用意するもの

猫の目やにをとるために以下のものを用意しましょう。

・ぬるま湯で濡らしたティッシュまたはコットンやガーゼ

乾いたティッシュやタオルなどで目の周りを擦ると傷つく可能性があります。目やには固まっている可能性もありますので、必ずぬるま湯で濡らしたティッシュやコットン、ガーゼなどで行いましょう。

4−2.目やにの取り方

上記のようなものを用意したら、まずは猫をリラックスさせましょう。元々大人しい猫ちゃんであれば膝の上に乗せてゆったりとさせましょう。そうでない子は、警戒心を感じさせないようにいつも通り過ごした後に、ブラッシングなどをしてあげつつ落ち着かせてあげましょう。

落ち着いたら湿らしたティッシュやコットン、ガーゼなどでゆっくりとゴシゴシ擦らずにふいてあげましょう。濡れていないと固まっている目やには中々取れません。目の周りを濡れたもので少しずつ潤して、ふやかしてから取ると簡単に取れます。

注意点は「猫が嫌がったら、一旦離してあげる」ことです。猫は警戒心が強い動物です。一度嫌がり、警戒されてしまうと目やにをとる行為を嫌がってしまう可能性があります。一度猫の気持ちが落ち着くまで待ってあげましょう。

5.最後に

今回は、猫の正常な目やに、また病気や怪我からくる目やに、そして目やにの取り方について説明してきました。目やにがでるのは猫の正常な新陳代謝ですが、色や量、またその他の症状から病気や怪我の判断がすることができます。

目やにだけではなく通常とは異なる状態が見受けられたらそれがどういったものなのかをしっかり確認するようにしましょう。また、自分だけで判断せずに最終的には獣医に相談することをオススメします。

 

関連記事として、

猫にひっそり寄生するノミやダニの危険について

猫の便秘。病気の可能性も?7つの原因と5つの対策を知ろう!

猫の去勢や避妊はすべきなのか!?メリットとデメリットを知ろう!

猫の嘔吐は生理現象!しかしその嘔吐が病気のサインかも!

気になる猫の口臭!原因をしっかり特定し、対策をしよう!

猫の鼻水やくしゃみ。7つの原因を知り、予防しよう!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。