猫のストルバイト結石。症状や治療方法などの体験談をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫

猫を飼われている方にとっての最大の悩みは猫の病だと思います。

その中でも猫がとてもかかりやすい尿路結石、中でもストルバイト結石にという結石症はどんな猫でもかかる可能性があります。よってとても注意が必要です。

今回はストルバイト結石症について、過去にうちの猫がかかってしまったときのことを思い出しながらまとめていきたいと思います。。ストルバイト結石と診断され、心配されている方の助けになればと思います。

1.ストルバイト結石とは

猫

ストルバイト結石は膀胱炎などを起こしている時に発症しやすいと言われています。

猫は水分補給を頻繁に行わなくても生活ができる動物です。一見非常に楽な動物だなと思われるのですが、尿が非常に濃くなるため腎臓や膀胱に負担がかかりやすい動物なのです。

よってちょっとした細菌が膀胱に入り膀胱炎などを発症する可能性が非常に高い動物なのです。

ストルバイトは尿酸値が正常な時よりもアルカリに傾き、マグネシウム、アンモニア、リン酸などが結石化してしまうできます。結晶の状態の場合もあります。

2.ストルバイト結石が疑われる猫の行動とは

猫

ストルバイト結石に限らないですが、様々な結石がある中でそれらを発症した猫はそれを示す行動をします。人間の結石の痛みとは違うかもしれませんが、猫も自ら身体の不調を感じ、行動を示します。

・排尿時にうめき声をあげる

・排尿時に尻尾が痙攣する

・排尿時間(トイレで構えている時間)が長い

・陰部を舐める

・血尿が出る

・おしっこの中にキラキラ光る不純物が混ざっている

・トイレ以外でおしっこをしてしまう

こういった行動が見られた時は、尿路結石、ストルバイト結石を引き起こしている可能性があります。

猫は尿が1日でも出ないと腎臓や膀胱に負担がかかり、最悪死に至る場合もあります。是非いつもとトイレの様子が違ったり、上記のような行動を示す場合にはご自身で判断なさらずに獣医師に相談するようにしてください。

3.ストルバイト結石の治療方法とは

猫

ストルバイト結石にかかってしまった時の治療方法としては以下のようなものがあります。

3−1.膀胱洗浄

ストルバイト結石が疑われる時は必ず病院に連れていくようにしてあげてください。現状貯まっている尿を出してあげないといけないので、獣医師の処置が必要になります。

レントゲンを取り膀胱の状態次第ですが、結晶でびっしり詰まってしまっていたり状態がひどいと陰部がカテーテルを入れて膀胱を直接洗浄してあげる方法があります。

3−2.食事療法

ストルバイト結石を直接治す方法は現状はないと言われています。治すには地道な食事療法しかありません。上記のように一度膀胱洗浄をし、一度綺麗になったとしても必ず食事療法を行う必要があります。

基本的にはストルバイト結石療法用のケア食品が様々なメーカーから発売されています。一応獣医師の判断の元購入しないといけないのですが、ネット販売で普通に購入することができます。様々な味もあるので、1種類購入してどうしても食べない場合は他のメーカーのを購入するのも良いと思います。

療法食でストルバイト結石がなくなったとしても、その後はストルバイト予防食品に変えてあげ続ける必要があります。

一度ストルバイト結石にかかってしまった猫は、その後以前と同じ生活をしていると再発する可能性が非常に高いと言われています。よって予防食を与え続ける必要があります。

予防食についても様々なメーカーから発売されているため、好みの味を見つけてあげてください。

3−3.尿道を広げる手術

ストルバイト結石は尿道の細いオス猫が発症しやすい病です。

オスの尿道は体質差もありますが、非常に細くなっており結石になっていない結晶などでも詰まってしまう可能性あります。

一度、発症した後しっかりとストルバイトケア食品を与え水分を取らせているのに再発するといった場合は、尿道の先端を切り太い部分から排尿できるようにする手術をする必要があります。

4.実際にストルバイト結石にかかったネコについて

猫

私が飼っているネコ(元オス・2歳の時)が実際にストルバイト結石になってしまった時のお話をしたいと思います。

もし、今飼われているネコがストルバイト結石になってしまい不安に思われている方は私の経験を元に今後どのように行動すべきかを考えていただければと思います。

4−1.トイレでの様子がおかしい

うちの猫の様子がおかしいというのに気付いたのが「トイレでの行動」でした。

これまでトイレの掃除をする際、ちゃんと排泄をしているかの確認(1日1回程度)しておりましたが、2頭飼いなのでどちらのネコがしているのかわかりませんでした。

最初におかしいのに気付いたのは、トイレでうめき声のようなものをあげ、しっぽを痙攣させながらトイレで踏ん張っている姿を見た時でした。その時、トイレの掃除をまだしておらず、便が出ていないのか尿が出ていないのかの判定が出来ませんでした。

また、その後は何度もトイレに行くようになり、排泄が出来ないということを伝えるかのようにうめき声をあげるようになりました。

その他の行動は、肛門付近をしきりに舐め気にしていました。

当時、ネコが尿路結石にかかりやすいということは知らず、便秘だろうと思い込み色々ネットで調べたりしてたのですが、便より尿が詰まると危険だということを心配になり翌日朝一で病院に行きました。

4−2.病院での診断でストルバイト結石だと判明

行きつけの病院で先生にトイレでの行動や肛門を気にする仕草を相談しました。お腹の状態を確認してもらうと便はたまっておらず尿が卵サイズ程度貯まっているということを言われました。卵サイズであれば尿がでる状態になっているということで、陰部を刺激してみたのですが尿が中々出ませんでした。

そこで結石なのではないかということでどうにか刺激をして尿を排泄し、尿検査をしたところストルバイト結石であることが判明いたしました。

一旦膀胱炎からストルバイト結石になっている可能性もあるので、膀胱の細菌の増殖を防ぐ注射(2週間程度効果があるもの)をしてもらいひとまず様子を見ることになりました。

4−3.一向に自力でおしっこできる気配がない

病院で一度おしっこをだしてもらい注射もしてもらったので少し安心して家で様子を見ようと思っていましたが、家に帰ってきても頻繁にトイレに行きうめき声をあげておりました。

膀胱炎、結石による痛みがあるから仕方がないのかなと思って見守っていましたが、1日以上おしっこが出る雰囲気がなかったので心配になり救急病院に連れて行きました。

4−4.救急病院にて入院

家で一緒にいても心配で心配でしょうがないため、大きい病院で様々な検査をしてもらうことを決意して連れて行きました。

連れて行った段階ではそこまで尿がたまりきっていなかったため、少し時間を置いてまずは自力排尿ができるかの確認をしてもらうことにしました。また、レントゲンで膀胱の様子を確認してもらいその後の対応方法を検討していくことになりました。

よって1日入院して様々な処置を施していくことになりました。

4−5.自力排尿出来ず、膀胱洗浄

入院して数時間後ある程度おしっこが貯まったので尿を出させようとしても自力では出せないという連絡を受けました。また、膀胱はレントゲン結果からストルバイト結晶がドーム状にびっしり詰まっているという状態であることがわかりました。

よって、尿道からカテーテルを通し、膀胱洗浄をすることになりました。

1度膀胱洗浄をしておけば、一旦は膀胱が綺麗になり自力排尿ができるようになるであろうということを聞いて対応していただくことにしました。

4−6.退院、その後の一週間について

退院する前に現場のおしっこの溜まっている量を獣医師に確認していただき、家に連れて帰りました。どの程度でおしっこが出る可能性があるのかを知っておくことで、家で中々排尿する姿が見られず心配になると思ったからです。

家に一日ぶりに帰宅したら、おしっこが貯まりきっている状態ではないはずなのですが、すぐにトイレに向かいました。そこでうめき声はあげず、無事に自力排尿している姿を確認することが出来ました。

とりあえず自力排尿できることに一旦安堵しましたが、数日間はしきりに肛門周辺を気にしたり入院の疲れからぐったりしていることが多かったです。よってすぐに再発するのではないか心配しながら様子を診ていました。

しかし、一番最初の病院で購入したストルバイト結石の療法食を与えるのと、薬を与えることで1週間再発するはありませんでした。

4−7.その後の1年間について

家に帰ってきてから一週間程度は飼い主として非常に心配な気持ちで見守っていました。

最初の病院でしてもらった注射の効く期間も終わりが近づいていましたので、いつものかかりつけの病院で尿の検査をしていただきました。

概ね尿の検査は正常値に戻っており、今後は療法食ではなく予防食に変えることになりました。

ひとまずは安心してその後予防食をあげながら過ごさせていました。

しかし、数か月後から予防食をあまり食べなくなってしまいました。最初に数種類のストルバイト予防食のサンプルを病院で頂き、与えてみて実際に食べるものを購入するという流れを取りました。ただ、やはり元々食べていたカリカリと大分味が違うのか途中からほとんど食べなくなってしまいました。

また、もう1匹兄弟を飼っておりそちらは変わらず同じカリカリを食べていますので、食事においてストレスが溜まっていたのかもしれません。そこから少しずつストルバイト予防食ではなく通常の餌をあげるようになってしまいました。

4−8.ついに再発

通常の餌を再び与え始めてから半年(初めて発症からぴったり1年後)、今年はかからないでね!って話しかけていた2日後に再発いたしました。症状が前回とまるっきり同じ。。。トイレで踏ん張りながらうめき声をあげているところを目にして、またか。。と涙しました。

昨年は初めてのことだったので、救急病院で1日入院させましたがやはりかなり費用がかかりました。(10万円以上)しかし、今回は年末でもやっている救急病院ではなく、通常の病院に連れていき診断してもらいました。(3,4回の通院で2万円もかからなかったと思います)

そこで再度尿道からカテーテルを通し、尿を排泄してもらい検査をしたところ1年前と同様ストルバイト結石と診断されました。ただしレントゲンをとって見たところ結石は存在せず、それほど結晶も溜まっている風には見受けられませんでした。うちの猫は尿道の先っぽが普通の猫に比べてもかなり細いため、少しでも結晶などができてしまうと尿が詰まってしまう可能性があるとのことでした。

膀胱洗浄をしてもらい、自ら排泄ができることを確認して家で様子をみることになりました。毎日の尿排泄を確認して、1週間に1回尿検査をしてもらいました。3回目の通院でとりあえず問題ないと判断していただき、予防食ととにかく水分を摂らせる工夫をするようにと伝えられ通院が終了しました。

5.最後に

今回は、猫がかかるストルバイト結石症について症状や実際にかかった体験談などをまとめてきました。

実際に愛猫がストルバイト結石症にかかってしまいお悩みの方がこちらの記事を読んでることが多いと思います。一度ストルバイト結石症にかかると今後その病とずっと付き合っていく必要があります。ストルバイトケア食品の購入費用もそれなりにかかりますし、日々の排泄状況の確認なども必須となります。

大変なことも多いですが、トイレで苦しんでいる愛猫の姿を見るのは非常に辛いですよね。是非愛猫のために再発防止に取り組んであげてください。

 

関連記事として、

猫の尿路結石とは。猫は1日でもおしっこをしないと危険!?

猫の便秘。病気の可能性も?7つの原因と5つの対策を知ろう!

猫のウンチに血が!?猫が血便した時の注意点とは?

こちらの記事も併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。