猫の嘔吐は生理現象!しかしその嘔吐が病気のサインかも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫

猫をお飼いになられている方の中で、猫の嘔吐に悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。特に初めて飼われた方は嘔吐する姿などを見て辛そうだし、とても心配になりますよね。

猫は人間とは異なりよく嘔吐する動物です。よってあまり心配する必要はありません。

しかし、嘔吐の仕方やタイミング、また嘔吐物などによって病気などで緊急を要する可能性もあります。猫がよく吐く生き物だからといって安堵せずに、その時々の状態をしっかり確認し、愛猫の体調管理をしていきましょう。

1.猫はなぜよく吐くのか?

冒頭に猫はよく吐く動物であるという説明をいたしました。ある種生理現象の1つだと言って良いでしょう。

ではなぜ猫は嘔吐するのでしょうか。

1−1.毛玉を吐く

猫が自分の体をペロペロと舐めている姿を見かけると思います。その行為は「毛づくろい」です。自分の舌で毛を舐めることで綺麗にしようとしているのです。しかし猫は毛が抜けやすいので毛づくろいと同時に多くの毛を飲み込んでしまいます。普段は便として排泄されるのですが、換毛期(毛が生え変わる季節)は大量の毛を飲み込んでしまい吐き出すことで外に出します。毛を吐かないとむしろ危険です。溜めすぎると「毛球症」という病気になる可能性があります。胃などの消化器官で毛が張り付いてしまい詰まってしまう可能性があるのです。よって毛玉を吐くことは良いことなのです。

また、猫は猫草といわれる草を食べて胃に刺激を与えて毛玉を吐き出すこともあります。よって吐いたものに草などが混ざっていることもあります。

1−1−1.嘔吐物

・毛玉や草などが混ざったもの

1−1−2.対策

・毛玉を吐くことは良いことなので特に対策はなし

1−2.ただの吐き戻し

猫は食べ物をほぼ噛まずに丸のみするような形で飲み込みます。よってたくさんの量を食べたり、すごい勢いで食べた時など一度吐き出してしまう可能性があるのです。
人間は必ず歯で食べ物を砕いてから飲み込みますが、なぜ猫は丸のみしてしまうのでしょうか。

それは猫は「嘔吐反射」が弱いからです。嘔吐反射とは、人間だと大きい食べ物などを飲み込もうとしたり、指を喉に突っ込んだ時に「おえっ」となる現象です。猫はこの反射が弱いため、噛まずに一気に飲むことができてしまうのです。よってたくさんの量を食べたり、すごい勢いで食べた後に吐き戻しをしてしまうことがあるのです。

1−2−1.嘔吐物

・直前に食べたもの

1−2−2.対策

・一度に大量の餌を与えるのをやめ、少ない量を何回かに分けてあげてみる。
・大きいキャットフードは細かくしてから与えてみる。

1−3.空腹時に吐きやすい

猫は空腹時に胃液や胆汁を吐きやすいと言われています。長時間食事をしていなかったりした時に「白い液や黄色い液」を吐いた時は空腹であるというサインの可能性が高いです。しかし、あまりにもこう言った液を吐く時は何かの病気が潜んでいる可能性もあります。

1−3−1.嘔吐物

・白い液体(胃液)
・黄色い液体(胆汁)

1−3−2.対策

・餌を与える時間を見直す。

1−4.キャットフードによる影響

キャットフードは様々な添加物や素材から作られています。それらが身体に合わないと吐き出ししまう時があります。また、ドライフードなどにおいて大きさや形状などから喉に詰まってしまい吐いてしまうことがあります。猫によってはドライフードをたくさん食べて猫草代わりのようにしている子もいるそうです。よって無理やり食べている場合もありえます。

1−4−1.嘔吐物

・直前に食べたキャットフードなど

1−4−2.対策

・添加物や香料などが極力少ない天然素材でできたものを与えてみる。
・これまで食べて吐かなかったキャットフードに戻してみる。

2.猫の嘔吐において危険なサインは?

これまで猫がよく嘔吐する原因について説明してきました。いまあげてきたものはいわゆる「生理現象」の1つだという認識で良いと思います。吐いた後も割とスッキリした、またケロっとした顔をしている場合が多いと思います。

しかし、以下の嘔吐パターンは病気や異物を飲み込んでしまっているサインの可能性もあります。

2−1.嘔吐物に血液や寄生虫などが含まれている

嘔吐物に血液が混ざっている場合は、消化器官に炎症を起こしていたり病がある可能性があります。血は時間が経ち酸素に触れると酸化するので黒ずんでしまい気づかない場合があります。まずは血がついていないか、また血が固まったような感じのものでないか確認をしましょう。
また、寄生虫にも種類がありますが白っぽい細いソーメンのような虫などがでてくることも有ります。これは回虫症にかかっている可能性があります。
両方とも病院に行き診察してもらったほうが良いでしょう。

2−2.吐こうとするが吐けない状態

猫は吐く姿を見たことがいらっしゃる方は、猫が吐こうとする動きや特殊な音がでることをご存知だと思います。「ケコッケコッ、ケコッ」と少し苦しそうな音が聞こえたりします。
そのように吐こうとする態勢に入り吐こうとしているのに、吐けない、またよだれが止まらないといった状態の時は何か異物を飲み込んでしまっている可能性があります。異物は胃の中にあればまだ取り除くことができるが、腸まで到達していると簡単には取り出せず手術をしないといけない可能性があります。早期発見が一大事を防ぐことになります。

2−3.何度も繰り返して吐いてしまう

上記にも記載しましたが、生理現象としての嘔吐の場合、吐いた後は割とスッキリとした顔をしていることが多いです。しかし、1度吐いた後も苦しそうにしておりその後何度も吐いてしまっていると消化器官系の病気や毒性のあるものを口にしてしまったりウイルス性の病の可能性があります。

2−4.嘔吐物から便のニオイがする

嘔吐物から便のニオイがする場合は「腸閉塞」をおこしている可能性があります。排便をすることが出来ず上から出てきてしまっている状態の可能性があり非常に危険なサインです。入院、手術の可能性があるので早期に病院に連れて行きましょう。

2−5.嘔吐もするが他にも様々な体調不良を訴えている

嘔吐以外にも食欲低下、下痢、痙攣、発熱などの体調不良を同時に引き起こしている時は重大な病気を秘めている可能性があります。嘔吐だけでなくその他の症状もしっかり確認し、病院に連れて行きましょう。

3.最後に

猫は基本的に生理現象として嘔吐し、生活していることがお分かりいただけたかと思います。しかし、その嘔吐が何か重大な病気や症状のサインとなっている可能性があります。猫が嘔吐している姿を見るのはとても苦しいし、嘔吐物の確認をするのは大変ですが、愛猫の健康のためにも冷静な判断を心がけるようにしましょう。特に普段と少し雰囲気が違ったり、異変が見られる場合は病院に駆け込みましょう。早期発見が愛猫を救います。

また、複数の猫を飼われている方は特に注意をしましょう。どの猫が嘔吐したかや下痢をしているかなど判別がつかないことが多いです。1匹1匹注意深く観察し、異変がある猫は検査をするようにしましょう。

猫の嘔吐は基本的に心配しなくて良いことが多いですが、このような知識をもっておくことで健康管理の一貫となります。広い観点から見れるように心がけ、猫の健康を守っていきましょう!

 

関連記事として

気になる猫の口臭!原因をしっかり特定し、対策をしよう!

猫の去勢や避妊はすべきなのか!?メリットとデメリットを知ろう!

猫にひっそり寄生するノミやダニの危険について

猫の便秘。病気の可能性も?7つの原因と5つの対策を知ろう!

猫の鼻水やくしゃみ。7つの原因を知り、予防しよう!

猫の目やには病気のサイン?色や量など様々な特徴から判断しよう!

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。