犬の食糞の5つの原因。愛犬の食糞を確認次第すぐ対処しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イヌ

愛犬が自分のうんちや散歩中に他の犬がしたうんちを食べてしまう「食糞」にお悩みの方が多いです。

食糞した後の犬にチューされたりすると飼い主も辛いですし、食糞の姿を見るのは非常に辛いですよね。

今回は犬の食糞についてまとめてみました。食糞はしつけや対策方法をあやまると癖になってしまう可能性もあります。是非、当記事を役立ててください。

1.食糞は異常な行動なのか

人間は自分、他人関わらずウンチを食べることはありません。では、犬にとってその行動は危険な行動なのでしょうか。

犬は本能的な行動して食糞をしてしまう可能性があると言われています。糞によって外的から巣の位置を知らせないようにするためや清潔にするために食糞を行うと言われています。また、こういった行動を子犬が真似をするようになったりします。

こういった本能的な行動があることから、ある種自然な行動であると言っても過言ではありません。

しかし散歩中、道に落ちてる糞や寄生虫などに犯されている糞などを食べてしまうのは危険な行動といえるでしょう。また、野生として暮らしている訳ではないため基本的に食糞行動は不要と考えます。

2.幼少期は問題ないが、成犬の食糞は異常な可能性もある

基本的に食糞は犬にとって本能的な行動として起こるものとお伝えしました。また好奇心旺盛な幼少期の行動としての食糞などは正常な動きとして認識をしていただいて結構です。

子犬の食糞行動は大人になるにつれ、減っていくと言われています。

よって、成犬となり子育て中で子犬が近くにいる訳でもないのに食糞行動を起こしてしまうのは異常な行動な可能性があります。

3.正常でない食糞行動を起こす原因とは

では、正常でない食糞行動を起こす原因とはどういったものが考えられるのでしょうか。

本能的行動で起こす食糞もあることから、原因を特定し改善するのは非常に困難ですが可愛い愛犬のためにも改善してあげましょう。

3−1.餌の量が少ない

人間はどんなに空腹が耐えられなくてもウンチを食べることをありませんが、犬はそういった行動をする可能性があります。これも元々自然の中で生きてきた時から残る本能的な行動の一種かもしれません。

個体差もあるため、1日どの程度の餌をあげるべきなのかというのは中々難しいですよね。是非獣医師に食糞行動と一緒に相談してみるのも良いと思います。

むやみやたらに増やしすぎると今度は肥満の原因にもなりかねません。

3−2.消化不良

消化不良から糞に餌をニオイなどが残っていて、餌と思い食べてしまう可能性があると言われています。犬の嗅覚はとても鋭いため人間が嗅いだとしてもわからないニオイも感じ取ってしまう可能性があります。腸が短い子犬の時などは特に未消化のまま糞になることが多いそうです。

また、感染症や寄生虫などによって胃腸の調子が悪く正常な便ができてい無い可能性もあります。そういった場合は下痢を伴ったり、その他の症状を示すこともあります。このような場合は、病院に連れて行き原因を特定し治療する必要があります。

3−3.しつけのミス

食糞行動をする犬に対して謝ったしつけ方法を行うと、そのストレスからさらに行動が増してしまったりすると言われています。

本能的な行動して食糞をしてしまっている可能性もあるため、原因を特定し自然とやめるようしつける必要があります。むやみに大声で叱ったり、叩いたりするのはやめましょう。逆にその行動が「遊んでくれてる!」と勘違いし癖になってしまったり、「ウンチしたこと怒られた。。。涙」と勘違いし、ウンチを隠そうとするために食糞してしまう可能性があります。

叱るのではなく、食糞に対する正確な対策を施してあげましょう。

3−4.主従関係の乱れ

飼い主は犬にとってのボスです。基本的に群れを組んで生活をする犬は主従関係を大切にします。よって飼い主はしっかりと愛犬のご主人様になる必要があります。

しかし、愛犬に中々かまってあげたり散歩に連れて行けない状況が続くと、ご主人様に対して気を引こうと食糞をすることがあると言われています。

散歩は犬のストレス発散に非常に有効な手段であります。是非合間の時間を見つけて愛犬のために散歩してあげてください。

3−5.遊び道具としてのウンチ

犬が家で1匹で遊んでいる時、遊ぶおもちゃなどが無いと暇になってしまいます。

猫は1匹で家に残しても基本的に寝る動物ですので問題ありませんが、犬は違います。

そういった時に自分がしたウンチなどで遊んでみたり、食べてみたりとしてしまう可能性があります。

家を空けている時間が長い方はしっかり家のなかでも遊べる環境を整えてあげてください。

4.犬の食糞に対する対処法とは

飼い主が愛する愛犬の食糞行動をみた時ショックですし、その口でチューして来たりされると辛いですよね。また、寄生虫の含む糞を食べたりすると体調不良の原因にもなりかねません。

よって幼少期のころから食糞行動について対処してあげるべきです。以下のようなものが効果的と言われています。

4−1.糞を食べたくない味にする

糞自体を食べたくなるようなニオイ、味にしてしまえば犬はそれを食べようとはしません。

日々あげる餌に「パイナップル、パパイア、キウイ、ヨーグルト」などを混ぜることにより、糞のニオイや味が変わり食べなくなると言われています。しかし、この対策は犬が餌を食べなくなってしまう可能性もあります。それぞれにあった食材を試すのが良いでしょう。

また、糞のニオイや味を変えるスプレーなどが市販されています。糞に苦味などが出たりし食べなくなるのがその効果です。タバスコ、唐辛子、コショウなどをかけるパワー技もあるそうです。

4−2.食糞防止サプリメント

食糞に悩まれている方は非常に多く、現在食糞防止サプリメントが多く市販されています。

このサプリメントの原理は「糞を食べたくなくなる味、ニオイにする」と同様です。サプリメントを餌に混ぜて食べさせてあげることでその効果が得られます。

4−3.糞をすぐに片付ける

犬が糞をしたら興味を示す前に片付けてしまえば、食糞をすることはありません。しかし、これは必ず糞をしているところを確認できる状況でないと難しい対策です。

まずはトイレに対するしつけをしっかり行うことが有用です。ウンチに興味を示す前に、他の行動が正しいことであることを教えてあげましょう。

5.最後に

今回は犬の食糞についてまとめてみました。

基本的に食糞は本能的な行動の一種ですのでやってしまうのはしょうがないことです。

しかし、飼い犬として生活していく上で必要な行動ではありません。その行動を示したら、とにかく怒らないようにしてください。

上記のような対策を施しても中々上手くいかないこともありますが、そんな対策をしていたら自然と食糞しなくなったというケースも多くあります。

何らかの病気からきている可能性もあるので、ご自身で全てを判断なさらずに獣医師に相談することも忘れないでください。是非、長い目でしっかり対策を施し愛犬との楽しいペットライフをお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。