犬の目やには要チェック!目やにからわかる犬の体調について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イヌ

朝起きた時に出ていることがある「目やに」。人間は普通に生活をしていても目やには自然と出るものです。

しかし、風邪を引いていたり目に炎症が出る時などは特に目やにがでますよね。

これは犬も同様です。普段から出る目やには気にしなくても良いですが、何らかの病気や炎症から目やにが増える可能性があります。

今回は犬の目やにについてまとめてみました。是非、愛犬の体調管理に役立ててください。

1.目やにの色からわかる原因について

イヌ

目やには様々な原因からでることがわかります。

基本的には、目のゴミや新陳代謝により排出された老廃物が目やにとなります。よって目やにが出ることは正常なことだと言えます。

しかし、色やその他の症状から病気の初期症状であると判断できる場合があります。まずは目やにの色から正常な目やに、危険な目やにの判断をしましょう。

1−1.黒色、白色、灰色で乾燥している

これは基本的に正常な新陳代謝から発生した老廃物などの可能性が高いです。こうした目やには寝起きに出ることが多く、基本的に目のフチで乾燥していることが多いです。

目の色がいつも通りで、かつ涙で目が溢れそうな状態でなければ問題ないと思っていただいて結構です。

1−2.緑色、黄色でしっとりしている

緑色や黄色の菌やウイルスによって膿んでいる状態の目やにな可能性が高いです。こういった目やにが出る場合は、目の炎症やその他の病気の可能性もあります。すぐに病院で診断を受けることをオススメいたします。

このような目やにが出る原因としては以下のようなものがあります。

・角膜炎

・結膜炎

・ドライアイ

・チェリーアイ

・眼瞼内反症

・寄生虫感染

・白内障

・緑内障

などがあげられます。

こういった目の病気の場合は、目になんらかの症状がでていたり、しきりに目を気にしていることがほとんどです。目の周りに関する異変が発生した場合は、早急に病院に連れていってあげてください。

また、ウイルス性疾患や内臓疾患から目やにが多く発生することもあります。そういった場合は、発熱や下痢などの体調不良を示すことがほとんどです。目やにがたくさん出てぐったりしているなどの状態だと、何かしらの病気の初期症状として目やにがでている可能性もあります。

早期の発見、治療が一番です。異変を感じたらじっくり観察し、その状態をすぐに獣医師に伝えて適切な治療をしてもらいましょう。

2.犬の目やにの取り方について

犬

正常な目やにと異常な目やにの判断について説明いたしました。異常な目やにについては病院に行くことをオススメいたしますが、正常な目やになのにその都度病院に連れて行くのは犬のストレスにもなります。

目やにが出た場合の取り方について説明いたします。目やにを放置したことによって、そこから菌が入り結膜炎などの炎症を起こす可能性があります。適切な処置をしてあげてください。

2−1.用意するもの

・ガーゼやコットン

・清潔なぬるま湯(40度弱)

ティッシュで拭くと、ティッシュの繊維がちぎれて目に残ってしまう可能性があります。それが原因で目に悪影響を与えてしまう可能性もありますので、ガーゼやコットンにしましょう。

ぬるま湯でガーゼやコットンを濡らしておきましょう。

また、ホウ酸水なども非常に有効だと言われています。

2−2.目やにをふやかす

まずは目やにを濡れたコットンなどでふやかしてあげましょう。乾燥している目やにをむりやり取ろうとすると犬は嫌がりますし、傷などの原因にもなります。

2−3.優しくふき取る

ふやけたことが確認できたら、濡れたガーゼやコットンでサッと拭き取ってあげましょう。嫌がる仕草や痛がる仕草を見せたら、ふやかしが足りません。柔らかくなるまで少しずつ濡らしてあげましょう。

3.目やにを防ぐためにできる対策とは

イヌ

日々の新陳代謝による目やには、出ることのほうが正常なので防ぐ必要ありません。これは、目やにが出たタイミングで取るようにしてあげましょう。正常な目やにであっても蓄積されて目のフチに溜まっていくと、そこからゴミや細菌が付着し、そのまま炎症を起こしてしまう可能性があります。

また、目の病気にかかる原因としては、以下のようなものがあげられます。

・犬同士のじゃれあいなどから目を傷つけてしまう

・シャンプーの洗い流しが足りない

・まつげが目にあたる

散歩中などの犬のじゃれあいなどから目が傷つき炎症につながることもありますし、目にシャンプーが入ってしまいそのまま洗い流せずといったパターンもあります。

こうした可能性がある場合は、犬用の目薬でケアをするのも1つの対策方法だと思います。様々な用途合わせた目薬が市販されていますので是非チェックしてみてください。

とにかく目の周りは清潔に保ち、異変が起きたらすぐに対処するという意識を持つことが一番の対策だと思います。

4.最後に

犬

犬の目やにについてまとめてきました。

まずは愛犬の目やにの色やその他の症状から正常の目やになのか、また何か異常を起こしているのかを確認しましょう。目やにが出た場合はしっかりふき取り、目の周りを清潔するよう心がけてください。

様々な体調不良の初期症状として目やにがでることは十分に考えられます。最初は正常な目やにだと判断されたとしても、その後の容態などによっては異常が発生していることも考えられます。

愛犬の体調管理をできるのは、飼い主の方だけです。たかが目やに、されど目やにです。細かいところではありますが、しっかり確認するようにしましょう。

 

関連記事として、

犬が嘔吐した時の注意点。様々な観点から犬の体調を判断しよう!

併せてこちらもごらんください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。