愛犬のいびきがひどい!原因、対策、危険ないびきとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イヌ

愛犬がいびきをかいて寝ている姿を見て可愛いなと思う瞬間があります。

しかし、人間でも同様ですが「いびき」は何らかの病気の初期症状として出ている可能性もあります。よってたかがいびきと言って侮ってはいけません。

今回は犬のいびきについてまとめてみました。いびきの仕方や期間などから正常ないびきと危険ないびきを判断し、おかしいと思うことがあれば必ず獣医師に相談するようにしましょう。

1.犬のいびきのメカリズムについて

犬

犬も人間と同様にいびきを普通にかく動物です。

いびきは呼吸をする時、吸った空気が肺に向かう途中の道が狭くなったり塞がってしまうことがあります。そこを空気が通る際に発生する粘膜の振動音がいびきとして聞こえます。

いびきをかくということは、空気が通りにくい状態にがなっていることになります。これは人間でも同様ですが、酸素不足にやすく身体が休まりにくくなったりします。極力でないようにしてあげたほうが良いでしょう。

2.犬のいびきの原因と対策とは

イヌ

犬のいびきの原因は以下のようなものが考えられます。原因によっては、治療などが必要な場合もあります。いびきをしている姿をしっかり観察するようにしましょう。

2−1.短頭種

イヌ

短頭種は、鼻の長さが短い犬のことをさします。ほとんどの犬は鼻が潰れていて鼻の穴が小さく、口呼吸をすることが多くいびきに繋がると言われています。

以下のような犬が短頭種です。

・フレンチブルドッグ

・ボストンテリア

・パグ

・ブルドッグ

・ベキニーズ

・ボクサー

・チン など

もともとの体質からいびきをかきやすい犬種なのであまり気にする必要がないパターンが多いです。

しかし、いびきの音がどんどん大きくなっていったり呼吸が苦しそうな仕草を見せたりするようになったら軟口蓋(人間でいうとこのノドチンコ)が伸びて気管に詰まってしまう「軟口蓋過長症」の可能性があります。

あまりに伸びすぎてしまい、呼吸するのが大変な状況になってしまうと軟口蓋を切る必要がある可能性があります。

短頭犬種に特に多い症状ですので、いびきが出始めたら最初とどのように変化していったかを抑えておきましょう。

2−2.肥満

イヌ

人間も太っている方の方がいびきがでやすいと言われていますが、犬も同様です。

首元の脂肪が多くなることにより、気道が狭くなり空気が通りにくくなります。そうなることでいびきがでてしまいます。

症状がひどい場合は、「気管虚脱」といい気管が潰れてしまい空気が通らず呼吸がしづらい状態になってしまう可能性もあります。そうなるとチアノーゼ(唇が紫色になる)を起こしたり、よだれが止まらなくなったりします。

肥満は他にも様々な障害を生む可能性があります。犬はもらった分だけのエサを食べますし、飼い主の方がセーブしてあげないとぶくぶく太っていきます。肥満を防ぐために食事管理をしていきましょう。また、現在愛犬が肥満になってしまっているなら、徹底してダイエットをするようにしましょう。

2−3.寝る姿勢

イヌ

たまに愛犬がすごい格好で寝ている時がありますよね。その格好が気道を狭めてしまうようなものであると、いびきを飼いてしまう可能性があります。

飼い主が見て息苦しくなるような格好であれば、態勢を変えてみてあげてください。自然といびきをかかなくなることも多いです。

2−4.鼻炎

イヌ

犬はアレルギーや風邪などから鼻炎を起こすことがあります。くしゃみや鼻水を垂らしたり、またひどくなると蓄膿症などといった病気になる時もあります。

鼻炎を起こしている時は、鼻に異物があったり気道が狭くなりやすくなります。するといびきをかきます。

人間も風邪などを引いている時、鼻水が止まらなくなったりしますがそういった時は寝ている時にいびきをかきやすいですよね。

鼻炎からくるいびきは症状が治れば同時にいびきも減っていくとおもいます。

2−5.腫瘍や重大な病な可能性もある

犬

鼻腔や喉に腫瘍があり、その初期症状としていびきが発生する場合があります。

若い犬についてはあまり考えなくても良いかもしれませんが、年齢やその他の症状を見つつ判断をする必要があります。年老いてから急にいびきが出るようになったなどといった場合は注意深く観察するようにしてください。

また、犬に多い病気の1つに「心臓肥大」というものがあります。

これは、塩分や脂肪の多い食事などをし続け心臓に負担をかけ続けることによって発症すると言われています。心臓が肥大することでその他の器官を圧迫し、呼吸困難になったりします。

この病気になった時は、いびきと同時に咳が出ます。そのような症状がひどい場合は、病院で診断をうける必要があります。高齢犬のほうがリスクはありますが、先天性の心臓病を抱えている可能性もあるため注意が必要です。

3.注意をしないといけないいびきとは

犬

様々な原因からいびきが起こることがあり、中には対策を講じることでおさまるいびきもあることがお分かりいただけたかと思います。

しかし、以下のような症状が出た場合は注意が必要な可能性があります。

・いびきの音がとても大きい(初期に比べて大きくなってくる)

・いびき中に一瞬が呼吸が止まり、苦しそうにしたりする

・呼吸が苦しそう

・これまでいびきをかかなかったのに、いきなりかくようになった

・いびき以外に体調不良の症状がある(食欲不振、咳、鼻水、くしゃみなど

特に高齢犬になると様々な病気のリスクが増えてきます。

ただし、若い犬でも安心はしないでください。いびきだけでなく様々な観点から原因を特定し、対策をしてあげてください。

4.最後に

イヌ

ここまで犬のいびきについてまとめてきました。

様々な原因が有りますが、寝ている態勢、犬種の特性、肥満によるものが多いと感じます。いびきがで始めたといったから慌てるのではなく、まずは落ち着いて症状を確認しましょう。

症状がひどい場合やどうしても心配な場合は、いびきをかいている姿を動画におさめ、獣医師に相談するようにしましょう。症状についても的確伝えられるようにメモなどをしておくことをオススメいたします。

時と場合によっては恐いいびき。いびきをかくのには何らかの原因があるので愛犬の健康のためにも飼い主が注意するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。