犬が嘔吐した時の注意点。様々な観点から犬の体調を判断しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イヌ

飼い主が愛犬の吐く姿を初めて見た時、とてもびっくりしますよね。吐く姿はとても辛そうですし、何か病気かの病気かと心配になります。

嘔吐した時は嘔吐物やタイミング、またその前後の体調などをしっかり観察するようにしましょう。病院に連れていく時などにその状況を適切に説明する必要があります。

今回は犬の嘔吐についてまとめていきます。是非、愛犬の体調管理に役立ててください。

1.吐き出しと嘔吐について

犬

犬が食べ物などを吐いた場合は、それが「吐き出し」によるものなのか、また「嘔吐」によるものなのかを判断する必要があります。

1−1.吐き出し

吐き出しとは食べ物が胃に達して消化される前に戻してしまうことを言います。お腹が空いていてガツガツと勢いよく食べたり、よく噛まずに食べた場合に未消化の食べ物を吐き出したりします。

吐き出しの特徴としては、前に力強く吐き出します。そして吐いた物が未消化であるため、それを再度食べようとすることもあります。

このようなケースはあまり心配する必要はありません。吐いた後も少し落ち着いた後にまた元気にエサをたべ始めることが多いです。

しかし、食道や喉のトラブルが発生している可能性があります。何度も同様の吐き出しが発生する場合は注意しましょう。

1−2.嘔吐

嘔吐とは、胃や腸まで食べ物が達し消化をしようとしたが何らかの原因で戻してしまうことを言います。また、食べ物だけではなく、胃液や胆液などを吐いてしまうこともあります。

特徴としては、吐き出しとは異なり犬は下を向いて消化されたものを吐きます。また嘔吐物を再度食べるようなことはありません。

これは様々なケースの時に発生します。

・空腹状態が続いている時

・ストレス

・乗り物酔い

・異物を飲み込んでしまった

・ドッグフードが合わない

・ウイルス性の腸炎や胃炎

・感染症

・寄生虫

・ブロート(胃の拡張やねじれの発生)

・腸閉塞

・癌などの重大疾病

何らかの病気や疾患にかかっている場合は、嘔吐以外にも様々な症状が出る可能性があります。嘔吐だけではなく他の症状にも注意してみるようにしましょう。

2.犬が吐いた時の注意点とは

イヌ

犬が吐いた時に注意して観察をすべきポイントについて紹介します。

2−1.吐く回数

吐き出しにしても嘔吐にしても何度も同様の行為を繰り返してしまうのは危険な可能性があります。吐いた後に元気な姿を見せることもあるのですが、その後また吐いたり、ぐったりしてしまうこともあります。

1回吐いた時点で、落ち着いてその一回目の判断をしその後の経過を見守りましょう。

2−2.吐いた物の色や含まれている物

吐いた物の色や嘔吐物に含まれている物をしっかり確認しましょう。少し気持ち悪いですが、注意深く確認する必要があります。

・白色(泡っぽい)や黄色

空腹などから来る嘔吐で、胃液や胆汁を吐いてしまった場合

・赤色

血が混ざっている可能性がある。胃酸などから食道が荒れている可能性や胃潰瘍や胃のトラブルの可能性あり

・赤褐色(黒っぽい)

血が酸化して黒っぽくなっている可能性がある。非常に危険な可能性があるのですぐに病院にて診断が必要

・ウンチのような臭いがする

腸閉塞などを起こしている可能性がある。すぐに病院にて治療が必要

 

赤系の色が混ざっている時は非常に危険な可能性が高いです。注意深く確認しましょう。

また、おもちゃの破片やゴムなどの異物が出てきた場合は、一旦異物を吐き出しているので一旦落ち着く可能性があります。しかし、まだ異物が残っていたり異物が腸まで達してしまうと簡単には取り除けなくなります。異物を取り込ませるような状況は作らないよう心がけましょう。

2−3.嘔吐以外の他の症状

嘔吐した際に一番気をつけないといけないのは、その他にも症状がないかという点です。いつもと様子が異なる時はしっかりその時の症状を確認しましょう。

・発熱がある

・ぐったりしている

・腹痛

・下痢

・痙攣

こういった症状を伴う場合は、何らかの病の初期症状として嘔吐している可能性があります。これに加えて何度も嘔吐してしまったりする場合は危険な可能性が高いです。すぐに病院に連れていくようにしましょう。

3.最後に

犬

犬の嘔吐の原因や注意ポイントなどについてまとめてきました。

嘔吐した場合の治療としては「絶飲食」が有効とされています。しかし、吐き出しではなく嘔吐の場合は何らかのトラブルに見舞われている可能性もあるので、極力病院に連れていき獣医師の指示に従うことをオススメいたします。

ただし、人間と異なり犬はよく吐く動物です。基本的には吐き出しのような症状が多いと思われます。心配しすぎもストレスになりますので、上記にあげたポイントに注意して様々な観点から観察することを心がけましょう。

 

関連記事として、

犬の去勢において知るべき「必要性・メリット・デメリット」とは?

犬の避妊における、メリット・デメリットまた避妊手術とは?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。