適切な「分煙」を心掛けてタバコによるトラブルを解消させていこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タバコ

タバコと言えば「煙」を連想される方が多いかと思います。

近年ではそのタバコの煙によるトラブルが後を絶えません。

喫煙者の方はあまり意識されないのかもしれませんが、非喫煙者の方にとっては大きな問題となっていることもあります。

禁煙が強く謳われるようになった今だからこそ、喫煙者の方と非喫煙者の方との双方にとって快適な生活環境を作り上げていく努力をしていかなければなりません。

今回はタバコで考えなければならない「分煙」について考えてみましょう。

喫煙者の方はもちろんのこと、非喫煙者の方もぜひ参考にしてみてください。

1.なぜ喫煙者はタバコを吸いたいのか

タバコ

まず、タバコを吸われる方はなぜタバコを吸うのでしょうか。

人それぞれに喫煙のきっかけはあります。

私の場合はまさに「仕事の合間の一服」が目的で喫煙を始めました。

デスクワークをする中で、一度離籍して落ち着かせる時間を作りたかったからです。

もちろん、気持ちを落ち着かせる方法は他にもたくさんありますが、喫煙中の知人との会話など有効的に時間を活用できているという実感はあります。

それらの経験から、喫煙者がタバコを吸う主な理由は以下のことなのではないでしょうか。

1-1.気分転換

タバコに含まれる「ニコチン」には、気持ちを落ち着かせる効果もあるようです。

焦り、ストレス、緊張といった状態を緩和することができるようです。

中にはタバコを吸うことで集中力を高めることが出来る方もいるようです。

場合によっては、質の高い行動を促すためのアイテムとなってくれているのかもしれません。

1-2.コミュニケーションツール

喫煙者同士のコミュニケーションも活発になると考えられます。

私の場合は喫煙所だからこそ聞ける話を聞いたり、仕事以外の話が盛り上がる場面も多々あります。

飲み会の場などでも、喫煙をきっかけに会話が広がることもあります。

1-3.習慣

もう一つ考えられるのが、タバコを吸うことが生活の一部となっている可能性があります。

タバコには依存性があるとされており、普段からタバコを吸う機会が多いと気づかぬうちに喫煙が習慣づいていることがあります。

喫煙者にとっては、タバコを吸うことは当たり前の行為となっているのかもしれません。

2.なぜタバコは敬遠されるのか

タバコ

誰しもが喫煙をしているわけではありません。

むしろ、非喫煙者の割合のほうが多いと考えられます。

それらの方が喫煙に至らないのは、やはりタバコを吸うことのデメリットを認識しているからではないでしょうか。

たしかに、喫煙することが良いこととは言い切れません。

タバコが敬遠される理由としては主に以下のことが考えられます。

2-1.健康状態に与える悪影響

ニコチンやタール以外にも、タバコには有害とされる物質が多く含まれています。

確実に、非喫煙者に比べて喫煙者のほうが健康状態にトラブルを抱えてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

また、タバコの先端から出る「副流煙(ふくりゅうえん)」を非喫煙者が吸い込んでしまうことを「受動喫煙」と言います。

実は、受動喫煙のほうが喫煙されている方よりも有害な物質を体内に取り込んでしまっているとされており、周囲の方の健康状態も脅かしてしまっているのです。

非喫煙者の方にとっては、タバコを避けたくなる大きなりゆうになるのではないでしょうか。

2-2.煙たさ、ニオイ

タバコからは煙が出るため、煙たさやきついニオイがきになるものです。

有害物質を含む煙は、室内であれば壁の色が変色したり、衣類にニオイとして残ってしまうことがあります。

解消させるのにも一苦労となるため、やはりタバコの煙のニオイなどは気分の良いものではありません。

喫煙者の方はなかなか気づかないかもしれませんが、非喫煙者の方はタバコの煙を敏感に感じ取っているかもしれません。

2-3.環境汚染

タバコの有害物質は環境問題も繋がります。

煙はもちろんのこと、吸い殻などを放置してしまうと、それだけきれいな環境は失われていきます。

自然の多い環境に行くと空気がおいしく感じるのは、あながち勘違いではないのかもしれません。

2-4.火を取り扱うことの危険性

タバコは先端を燃やしているため、たとえ小さくても立派な火気です。

火の不始末が原因となる火事なども珍しくありません。

ライターなどの火を起こすものも身近なものとなっているため、小さいお子さんにとっては危険極まりありません。

3.喫煙者・非喫煙者が上手に向き合うためには

タバコ

喫煙者・非喫煙者が共存する現代社会の中で、双方にとって過ごしやすい環境を作っていくためにはどうしたら良いのでしょうか。

私なりに考える双方の考え方・行動についてまとめてみます。

3-1.喫煙者

喫煙者の方が気をつける点について挙げていきます。

3-1-1.喫煙のデメリットも理解する

喫煙が必ずしも良いことだけではないということを理解しておくようにしましょう。

理解していても吸い続けてしまうのがタバコですが、自分にとっては喫煙が重要であると思っていても、デメリットがあることを把握しておくことで、喫煙に対する考え方も変わってくるかもしれません。

いつか禁煙に挑戦しようとしたときのきっかけにもなり得るでしょう。

3-1-2.分煙をしっかりと守る

近年では喫煙所、禁煙所などによる「分煙」が多くの場所で行われています。

喫煙者、非喫煙者の双方がともに過ごしやすい環境を整えるための取り組みかと思います。

ルールとして定められたこの取り組みをまずはしっかりと守ることが大切です。

喫煙所以外の場所でタバコを吸っていると、非喫煙者の方は不快に感じてしまうこともあるかもしれません。

3-1-3.無煙タバコを吸う

今は煙が出ないタバコもいくつかあります。

体や環境への害が少ない造りとなっているものもあるため、タバコと同じ感覚を保ちながら喫煙の気分を味わうこともできるかと思います。

周りを見ても、無煙タバコに挑戦している方が多く見受けられるので、取り掛かりやすい取り組みの一つかもしれません。

3-1-4.非喫煙者への配慮を忘れない

タバコの煙を嫌がる方が多いことは理解しているかと思います。

そういった方々への配慮は忘れないようにしましょう。

みんながそうしているから自分も気にすることはない、といった考え方はやめましょう。

一人一人が意識することから始まります。

3-2.非喫煙者

非喫煙者の方が気をつける点について挙げていきます。

3-2-1.喫煙所に対する理解

喫煙者が気兼ねなく喫煙できるスペースとして喫煙所を設けている場所も多く見受けられるようになってきました。

ただし、喫煙者の肩身が狭くなってきていることは確かです。

タバコが吸えるスペースを設けることに対する理解は必要かと思います。

3-2-2.タバコとは無縁の生活をする

やはりタバコが気になってしまうと普段の生活の充実にも繋がりません。

タバコが苦手という方は、タバコとは無縁の生活が送れるよう努力をしましょう。

喫煙所に近づかないようにしたり、喫煙者との適切な距離感を保つなどし、タバコのことを極力考えなくていいようにするといいかもしれません。

3-2-3.不適切な喫煙者には注意する

中にはルールを守らずに喫煙している方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は遠慮なく注意してあげてください。

喫煙者の秩序を守ってあげることも重要な取り組みです。

「誰かがやってくれる」ではなく「自分から率先して行う」ことを心掛けてみましょう。

4.最後に

今回はタバコの分煙について考えてみました。

タバコは今後の社会においてもあり続ける存在だと思うので、タバコを吸う人も吸わない人もタバコについてはしっかりと理解を深めておく必要があると思います。

双方の理解が深まることで、過ごしやすい環境が少しづつ出来上がっていくのではないでしょうか。

分煙という新しいルールを正当化させていけるように頑張りましょう。

 

関連記事として、

タバコの「副流煙」は危険?周囲の人に悪影響を及ぼす可能性も!

タバコ初心者の方は必見!タバコに依存しないためのポイントとは?

タバコに含まれる「タール」とはいったい?癌のリスクを高めるって本当?

タバコに含まれる「ニコチン」とはどのような成分なのか?健康状態への影響は?

こちらも併せてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。