顔がテカってお悩みの方へ!テカリの原因と対処方法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
burnout-384086_1280

汗もかいていないのに顔がテカってしまうことはありませんか?

ベタベタと脂っぽくなり、不快感を覚えることもあるかと思います。

人目につきやすい箇所でもあるため、普段の生活に支障をきたしてしまう可能性がある問題と言えるでしょう。

顔がテカってしまうことでお悩みの方は、テカリの原因を知り、適切な対処をするようにしましょう。

今回は顔がテカってしまう原因と対処方法についてまとめていきます。

1.顔がテカってしまう原因

赤ちゃん

顔がテカってしまう主な原因は皮膚から分泌される「脂」であるとされています。

俗にいう「皮脂」は、肌を乾燥から守ってくれる役割をはたしてくれます。

乾燥から守るための適量の皮脂が肌には必要であると言えるでしょう。

しかし、場合によっては皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあります。

必要以上に分泌された脂は肌の表面でテカテカと光ったように滞ってしまい、結果として「テカった」状態となってしまうのです。

この状態を「脂性肌」と言います。

ストレス・加齢・遺伝などの影響が脂性肌を生み出す原因であると考えられています。

2.脂性肌と乾燥肌

乾燥肌

過剰に皮脂が分泌されることで脂性肌となってしまいますが、実は「乾燥肌」とも大きな関わりがあるとされています。

乾燥から肌を守る皮脂が多いのに乾燥肌?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もともとは肌が乾燥してしまっていたことに問題があるのです。

肌が乾燥すると、皮膚の水分量が低下します。

不足した水分を補おうと働き、皮脂が大量に分泌されることになります。

「乾燥肌でも脂性肌でもある」状態になっていると言えるのです。

顔の表面はテカった状態に見えても、内部では乾燥を引き起こしている可能性があるということを認識しておくことが、テカリ改善の取り組みへの大きな一歩となるでしょう。

3.顔がテカりやすい方の特徴

eye-117043_1280

顔がテカりやすい方に多く見受けられる特徴です。

自身の様子と見比べてみてください。

3-1.たくさん汗をかく

中には汗をかきやすい体質の方もいらっしゃるかと思います。

特に、顔は汗をかきやすい部位です。

運動したときや緊張したときなど、あらゆる場面で顔から汗が出てきます。

汗には体温を調整する役割があり、体温が上昇しているときはより多くの汗が分泌されます。

汗は水分や塩分で構成されているため、汗をたくさんかくとそれだけ皮膚の状態が不安定となってしまいます。

水分と皮脂のバランスが適切に保たれていないと、テカった状態になりやすくなると言えます。

3-2.過度に洗顔する

顔の汚れを洗い流すために洗顔は誰もが行う行為です。

特に女性はメイクをするので、洗顔は抜け目なく行うかと思います。

洗顔することで余分な皮脂を取り除くことができますが、洗顔しすぎてしまうと必要以上に皮脂が奪われてしまうことがあります。

乾燥の原因となったり、皮脂量のバランスが崩れることによる脂性肌に繋がったりしてしまいます。

3-3.脂質の多い食事を好む

体内の脂は普段の食事からも摂取されていきます。

脂質が多い食材を好んで食していると、それだけ体内に脂が蓄積されていくことになります。

体質そのものにも影響することがあり、皮脂が分泌されやすくもなっていきます。

3-4.ストレスを抱えやすい

ストレスにはアドレナリンを過剰に分泌させ、体内の活性酸素の増加を促す作用があります。

活性酸素は皮脂を分泌させやすいため、皮膚の表面が脂っぽくなってしまうとされています。

仕事やプライベートなど、様々な場面でストレスは感じてしまうものですが、上手にコントロールできないと、肌の調子にも影響を及ぼしてしまうかもしれません。

4.テカリを抑える方法

洗顔

ここでは顔のテカりを抑えるための方法について挙げていきます。

4-1.十分に保湿する

まずは肌が乾燥しないように保湿を心掛けましょう。

肌が乾燥してしまうと、乾燥から守ろうとする作用で皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

保湿クリームや化粧水をうまく活用してみてください。

乾燥しやすい季節や、運動して汗をかいた後など、こまめにケアするようにしてみましょう。

4-2.余分な皮脂をふき取る

皮脂が余分に分泌されていると感じたら、こまめに拭き取るようにしましょう。

その際は強く擦りすぎてしまうと肌に悪影響を与えてしまう可能性があるので注意してください。

洗顔も大切ですが、上記で挙げてきたように洗顔のし過ぎは逆効果となってしまうことがあります。

外出先などでは、脂とりシートや洗顔シートなどを使用するといいでしょう。

4-3.質の高い睡眠を心掛ける

睡眠の質が悪いと、皮脂の分泌量が増加してしまうことがあるので注意してください。

寝不足が続いたり、短い睡眠時間となってしまうと肌には悪影響になります。

規則的な睡眠を心掛け、良好な肌状態を作り上げましょう。

4-4.脂質を抑えた食事

脂質の多い食材ばかりを食べていると皮脂が分泌されやすい体質になってしまいます。

バランスよく栄養を摂取できるような食生活を心掛けましょう。

体質の改善は継続的に取り組むことが大切です。

まったく脂質を摂らないというわけではなく、あくまでバランスを大切にして持続できるようにしてください。

5.肌にとって適度な皮脂は必要

肌

ここまで過剰な皮脂の分泌はテカリの原因になると挙げてきましたが、皮脂には本来以下のような役割があるとされています。

 ・保湿効果
 ・外傷からの保護
 ・強い肌状態の生成

肌は適度な皮脂が保たれることによって、トラブルとなり得るあらゆる事象から守られているのです。

たしかに、顔がテカってしまっていたりすると気になってしまうものですが、気にしすぎるあまり過剰に皮脂を取り除いてしまうと、肌にとっては逆効果となってしまうかもしれないことを認識しておきましょう。

自身の肌状態を把握し、適切な皮脂量を保てるように心掛けてみてください。

6.まとめ

顔がテカってしまう大きな原因は肌が乾燥してしまうことにあります。

まずは肌が乾燥していないかのチェックをしっかりと行うようにしましょう。

テカっていると感じた場合は、皮脂を取りすぎてしまわないように注意してください。

こまめに肌のケアをし、適切な皮脂量が保てると、自然と顔がテカってしまう状態を改善していけるかと思います。

食事面など、体質づくりを日々心掛けることで、健康的な生活が送れるのではないでしょうか。

 

関連記事として、

おならの悩みを解決しよう!においが臭くなったり回数が多くなってしまう原因とは?

適切な「分煙」を心掛けてタバコによるトラブルを解消させていこう!

犬が嘔吐した時の注意点。様々な観点から犬の体調を判断しよう!

簡単にできる水ダイエット!成功に導く6つのこととは?

こちらも併せてご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。